MENU

南充浩 オフィシャルブログ

ネット通販

b8ta(ベータ)のポップアップ店を見学したがマスコミや識者の熱狂ぶりがよく理解できなかった話

2022年8月30日 ネット通販 1

業界メディアでこれまでさかんに報道されていたので、先日、阪急百貨店うめだ本店の9階催事広場で開催された「b8ta(ベータ)」の期間限定売り場を見学に出向いた。       なぜ、b8taでベータと読むのかはわからない。 これは業界メディアと百貨店が今注目している「売らない店」の一つである。 この分野には非常に疎いジジイだが、とり

デジタル化とかDXとかは「目的」ではなくて「手段」に過ぎないという話

2022年8月22日 ファッションテック 1

2020年のコロナ禍による実店舗の長期営業停止によって、強制的にではあるが一気に国内のネット通販が浸透した。 衣料品もネット通販比率が20%ほど高まったが、2022年現在ではそこから伸び悩みだいたい横ばいで推移する。 当方は、これが現時点での衣料品のネット通販需要の限界点ではないかと思っている。青天井に無制限にネット通販へ日本の消費者は転向するわけではない。

メタバースで洋服のネット通販が拡大するとは到底思えないという話

2022年8月10日 ファッションテック 1

基本的に「最新の〇〇」にはあまり飛びつかない。 情報としては知っておこうとは思うが自分の生活にそれを即座に取り入れたいとは思わない。なぜなら、今でも十分に便利な生活を送っているから未知の〇〇に飛びつく必要性を感じない。また、最新の技術というのは改善点も当然多いから、それならある程度普及して改善されてから取り入れた方が効率的だと思うからである。 アパレル業界は

「人工知能によるアパレル需要予測は不要」で「川下業者は製造の知識が無さ過ぎる」という話

2022年6月8日 ファッションテック 2

ひところ、盛んに「人工知能(Ai)による需要予測ガー」が盛んだった。 2019年ごろまでの話だ。2020年からコロナ禍が始まりこれまで通りの消費行動ではなくなったから、「Aiによる需要予測ガー」は全く聞こえてこなくなった。 新型コロナという感染症が落ち着いてきて、消費行動が復旧し始めているから「Aiによる需要予測ガー」も復活するのだろうか?(笑) 繊維・アパ

洋服月額レンタルサービスの利用率は2・5%しかないという話

2022年5月27日 ファッションテック 1

趣味と仕事を兼ねて、毎月平均で3枚くらいの服を買い続けている。 たまに要らなくなったり壊れた服は捨てている。どうせユニクロとジーユーの値下がり品だし、その値下がり品をメルカリに登録して出品して送付する手間がめんどくさい。だったら、毎月の不燃物ゴミ回収に出した方が手っ取り早い。今後もメルカリやヤフオクは永遠に利用しない。 さて、そういう不要な服を手元に貯めない

終わるべくして終わったZOZOSUIT

2022年5月25日 ファッションテック 0

ネット社会になって、ブームが短期間に拡散して短期間で終了してしまうことが増えた。 ノームコア論争もそうだし、ネット通販ブームもそうである。D2Cや売れない売らない店なんかも近々死語になってしまうと見ている。 そんな一つにこのZOZOSUITも挙げられる。 鳴り物入りで始まり論争を巻き起こしたZOZOSUITだったが、2020年にはすでに忘れ去られた存在となっ

メタバースでの買い物経験は3%しかいないというアンケート結果

2022年5月23日 ファッションテック 1

アパレル業界は元々、一過性のトレンドで成り立っているようなところが大いにあるから、熱しやすく冷めやすいし、まだ正体不明の新しい物に我先に飛びつく傾向がある。この新しい物好き体質はアパレルに限らず、メディアやIT界隈も同様である。 数年前、「哲学」論争にまで発展した「ノームコア」。今、誰か「ノームコアとは」とか必死でやっている人がいるのだろうか?アパレル業界の

日本ではメタバースはマスに広がらないのではないか

2022年3月16日 ファッションテック 0

自分は写真に映ることが嫌いである。 とはいえ、仕事柄顔写真が要ることもあるので我慢して撮影はしている。 理由は自分の顔立ちが理想とは程遠いからで、もし竹野内豊かディーンフジオカ並みのイケメンであったなら、もっと写真に映るのが楽しかったのではないかと思っている。 また体格についてももう少し華奢でありたかった。今の体格だと似合う服が限定されすぎてしまう。しかし、

ネット通販で「店舗在庫による店舗受け取り」を実装したワークマン、ユニクロ、ジーユー

2022年1月25日 ネット通販 2

前回のガンプラの話を引きずって申し訳ないが、1月22日に超人気機種のRG Hi-νガンダムをヨドバシカメラ梅田店の店頭で購入したが、ヨドバシカメラドットコムはその直後でも品切れのままだった。 ヨドバシカメラ梅田店への入荷数が10個程度なら、理解はできるが、レジカウンター内に山積みにされていた数量から推測すると軽く100以上はあっただろう。ヨドバシカメラの大型

工場を運営するためには売る能力が不可欠という話

2021年12月16日 ファッションテック 0

以前から業界メディアでは何度か取り上げられた山本晴邦さんの佐渡に糸から縫製までの一貫工場を作るというプロジェクトのクラウドファンディングが先日開始された。 応援の意味も込めてご紹介したいと思う。   佐渡ヶ島に綿花栽培から服までの農工商一気通貫の施設を作りたい!(山本 晴邦 2021/12/10 公開) – クラウドファンディング RE

南充浩 オフィシャルブログ

南充浩 オフィシャルブログ