MENU

南充浩 オフィシャルブログ

非リア充なので「ゴルフ人気」という報道に実感が伴わないという話

2022年4月18日 トレンド 0

昨年の6月に初めて「立ち上がれないかもしれない」くらいの腰痛になった。 軽度のぎっくり腰とのことで、2週間くらいすると日常生活を過ごせるくらいに回復したが、8月下旬にまた再発した。 これまで、腰が重いとか少し痛いというのはあったが、ここまでの重症は初めてだったので、肉体の老化を痛感した次第である。 51歳にもなると老化が甚だしい。ここから先は「努力して現状維

統計でゴルフ人口は減少し続けているのにゴルフブランドの売上高が伸びる謎

2022年4月15日 トレンド 4

世の中には様々な事象がある。 納得できる理由を思いつく事象も多いが、全くその理由を思いつかないのが「ゴルフブーム」である。 まず、自分が全くゴルフに興味がないということが最大の理由なのだが、自分の好き嫌いを除いたとしても、ゴルフを始めるというのは心理的ハードルが高いと感じる。   1、揃えるべき道具類が多すぎる、それに対してカネがかかりすぎる 2、

ネット通販も実店舗同様に好不調の格差が拡大

2022年4月14日 ネット通販 0

実店舗での洋服の売れ行きには格差があることは広く知られている。 アパレル不況と言われながらも好調なブランドもあれば、好調な店舗もある。日経平均株価が下がっても株価が上がる銘柄があるのと同じである。 2015年頃からのZOZOTOWNの急成長ぶりによって「ネット通販バラ色論」がメディア、業界内部、一部のポジショントーカーの中で蔓延していたが、2022年現在だと

地方小型百貨店の閉店が相次ぐのは極めて当然でこれからも続く

2022年4月13日 百貨店 1

つい先日、また地方の小型百貨店が閉店した。 「三春屋」惜しまれ閉店/八戸市中心街|経済・産業・雇用|青森ニュース|Web東奥 (toonippo.co.jp) 青森県八戸市十三日町の老舗百貨店「三春屋」が10日、営業を終え閉店した。1970年から百貨店として歩み始め、中心街の顔として市内外の人々に愛されてきたが、百貨店を巡る厳しい経営環境や新型コロナウイルス

「ネット通販はアパレルの成長販路」とは一概には言えなくなってきたという話

2022年4月12日 ネット通販 0

2020年春からコロナ禍が始まり、戦後史上初となる大規模かつ長期の実店舗営業休止が起きた。 実店舗の営業が休止するわけだから、日銭は稼げなくなる。EC(いわゆるネット通販)を展開していたブランドは何とか一部分だけでも穴埋めはできた。ECをやっていなかったブランド、ほとんどやっていなかったブランドは一部分の穴埋めさえできずに、実店舗休止による損失をまるまる被る

不良在庫処分にはネット通販が最も適しているのではないかという話

2022年4月11日 お買い得品 1

2022年も早くも4分の1が終わってしまった。 2021年の買い物履歴を振り返ると、ユニクロ、ジーユーでの買い物がほとんどで、無印良品が少し、ワークマンが1点か2点くらいで、それ以外のほとんどがアダストリアの商品だった。 自分の今の嗜好を顧みると、ユニクロとジーユーは飽きているからアダストリアでデザイン物(全て値下げ品)を買うという感じである。 それでもユニ

無印良品の「年商3兆円構想」の実現はかなり困難なのでは?

2022年4月8日 企業研究 3

2010年代半ばからときどき寄稿しており、2020年春からは定期的に寄稿させてもらっていたBLOGOSが3月末で更新を休止した。 当方の寄稿としては最後の記事で、3月30日に掲載された。 値上げのユニクロ、しまむらに対し価格据え置きの無印良品、ワークマン どちらの戦略が功を奏すか (1/2) (blogos.com)   今春からの値上げに関して、

学生服の納期遅れの原因はメーカー側の生産の乱れによるところが大きいという話

2022年4月7日 製造加工業 5

何度も書いているように当方は基本的にテレビ番組を見ていない。 20年間見続けているのは、日曜朝の仮面ライダーシリーズと戦隊シリーズだけである。あと、題材によって見たり見なかったりするのが、日曜夜の大河ドラマである。 それと1年前から、土曜朝のアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」を見ている。 それ以外はテレビ番組を見ない。つまんねークソみたいな番組が多いか

ユニクロの「在庫過少」「セールの売り込み不足」による苦戦は「プロパー消化率」を重視しすぎたからでは?

2022年4月6日 企業研究 0

今回はユニクロに話を絞ってみる。 ユニクロの既存店売れ行きが昨年8月から減少に転じている。2015年にも既存店売上高が減少した一時期はあったが、今回はその時とは違う雰囲気を感じる。 自分自身がユニクロ商品に飽きているからということもあるのだろうが、マス層がユニクロ商品に飽きており、以前のような熱い支持を感じない。おまけに前回も書いたように、ファーストリテイリ

国内ユニクロの不振は商品のネタ切れ&マンネリによるところも大きいのではないか

2022年4月5日 ユニクロ 2

2022年3月度の月次速報がある程度出そろった。 身の周りの体感的なことでいうと、3月中旬から下旬にかけてマンボウが解除された。この前後から如実に都心の人通りが増えたと感じている。 2月末の時点では梅田都心商業施設もガラガラだったが3月に入るとある程度の入店が回復している。 気温面では、関西では3月10日くらいからいきなり気温が上がり、中旬から下旬にかけては

南充浩 オフィシャルブログ

南充浩 オフィシャルブログ