MENU

南充浩 オフィシャルブログ

ファッション専門学校

小規模ファッション専門学校の閉校が続くが、業界知識の伝達は必要不可欠だと考えているという話

2022年3月30日 ファッション専門学校 2

5年半くらいに渡って、専門学校の非常勤講師をさせてもらってきたが、その学校のファッション科が2023年3月末で終了する。 ヒューマンアカデミーというところだが、当方が通っている大阪校を含めて全校一斉に今いる在校生が卒業したらファッション科は終了というわけだ。 このブログを始めたころから、ファッション専門学校の危機というのは、しばしば報道されてきた。 理由は大

欧米の低価格品が日本では通用しづらいと感じる理由

2022年2月17日 ネット通販 1

少し前のことになるが、ウォルマートが西友の株式のほとんどを売却した。 楽天、KKR共同で西友買収 ウォルマート、実質日本撤退の背景と早くも焦点になる出口戦略 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】 (diamond-rm.net)       この記事はかなりまともに公平に論じられているように

ファッション専門学校に思うこと

2021年6月23日 ファッション専門学校 1

ファッション専門学校で授業をするようになってかれこれ、4年くらいになる。 その前にも大阪文化服装学院の夜間コースで1年半くらい講義をさせてもらったことがある。 科目はその時々によって異なるが、以前だと業界研究と計数管理を担当していて、今年は計数管理と素材解説を担当している。 10代後半から20代前半の若い人たち、それも業界に対する知識のない人たちを相手に講義

名選手必ずしも名監督ならず

2021年5月19日 ファッション専門学校 2

かねてより非常勤で講義に通っていた専門学校で今年から「素材」について講義をすることになった。 毎回、当方のトークとパソコンのワードで作ったレジメを配るのもあれなので、文化学園の「テキスタイルハンドブック」というのを教科書代わりに使用している。     生地名とその特徴が書かれてあって、あと、生地の切れ端が貼り付けてある。 実物の生地を見な

ファッションは細分化されたマニアックな世界だからマスにはわかりにくく親しみにくい

2021年2月24日 トレンド 3

現在、国内で老若男女問わずに共通で話題にすることができる衣料品ブランドは「ユニクロ」「ジーユー」「しまむら」「無印良品」くらいではないかと思う。 「ルイ・ヴィトン」などのラグジュアリーブランドも広くブランド名は知られているが、実際に商品を持っている人はそれほど多くない。さらにいえば、国内の正規売り場(直営路面店、百貨店インショップ合わせて)で買った人はさらに

ファッション雑誌の効能

2020年12月9日 ファッション専門学校 2

以前、何か月か前のこと。 深地雅也さんが「洋服の色合わせがわからないという今の若い人は多い」とツイートしていたと記憶している。で、その理由について「ファッション雑誌を読まなくなった部分も大きい」と答えていた。 その発端として、黒いダウンジャケットに合わせる色がわからないというトピックだったが、業界に長いこといる人や業界外でも常識的な人は、「え?黒ってほとんど

国内デザイナーズブランドの厳しい実情

2019年10月10日 デザイナー 0

東京コレクションに出展しているデザイナーズブランドのほとんどは満足な収入を得られていないというのが、昔から変わらない実情である。 デザイナーズブランドの多くは決算内容が非公開なのであまり正確な内情を知られることは少ない。また、メディアは忖度した報道を常としているし、デザイナー志望の学生を集めたいファッション専門学校も現状を正しく語ることは少ない。 &nbsp

ファッション専門学校でマーチャンダイザーを養成するのはほぼ不可能

2018年10月5日 ファッション専門学校 0

皆さんがご存知の通り、アパレル企業内に職種は何種類かある。 デザイナー、パタンナー、生産管理、営業、販売などなど。 営業と販売は物を売る仕事である。営業は対企業、販売は対消費者・一般客という感じで使い分けられている場合が多いと思う。 意外に、つぶしが効くのが生産管理である。 いわゆる生産の管理、日程の管理で、工場やOEM/ODM業者との折衝・管理、素材業者と

「作るだけ」ではデザイナーズブランドは運営できない

2018年1月26日 デザイナー 0

今日はちょっと風味を変えて。 現在、漫画を読む層は30代~50代くらいのオッサン(オバハン)世代だと言われていると、何かの統計にあった。 昔、漫画は子供や若者の物という印象が強かったが、その統計によると最近の若い人は漫画離れだと言われている。 たしかに専門学校の生徒と話すと、「漫画を読んだ」というよりは「アニメを見た」という声の方が多いような気がする。 自分

繊維・衣料品業界は製造加工工程の全自動化を進めるべき

2017年11月2日 ファッション専門学校 0

先日、某ファッション専門学校の関係者から、その学校の顧問みたいな御老人が「AIを使って販売員を再教育するシステムの構築」というプロジェクトを立ち上げるための企画書を書いていると聞いた。 いや、マジで意味わからん。(笑) 現在、衣料品の販売員は成り手が少なく、時給1,000円以上にしても集まらない状況にある。 その状況を解決するために、自動レジの導入やタッチパ

南充浩 オフィシャルブログ

南充浩 オフィシャルブログ