最近「N+」の存在感が無くて存在すら忘れ去っていたという話

あわせて読みたい

1件の返信

  1. とおりすがりの元・服売り より:

    自分はニトリをどんな時に使うか?と思った時に思い返すと、100均ではギリギリ売ってなさそうなものを買ってることに気付きました。
    家にあるものだと、珪藻土バスマット、4段くらいのラック(シューズラックとして)、折りたたみ椅子(スツール)、枕でした。
    ミニマリストになるべく近づけたいので、家にある家具は机と椅子だけです。
    別にニトリでないと困るものではなくて、無印良品でも代用が効きそうです。

    N+の服をチラッと見てきましたが、デザインもとてもシンプルですし、N+である必要性?と感じました。
    少なくともニトリ店内に展開するような形じゃないと、シナジーが生まれないような気がするのですが、なぜN+だけで出店してるんでしょうね…?

    そいえば、これはMBさんが言ってましたが、「Instagramが定着して、写真映えという文化が生まれた。装飾がないと写真映えがしない。そのため、アパレルも小物が増え、デザインが入ったものが増えてきた」とのことです。
    無印良品やニトリでは飾りがなさすぎて支持されなくなってきたのかなぁ、となんとなく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です