ファッション業界の「美しい物語」にはご用心

あわせて読みたい

5件のフィードバック

  1. kimgonwo より:

    えっ!専門学校って
    >専門学校に来るような学生、SNSで有名になって何となく衣料品を始めてみたくなったインフルエンサーという名の素人が、勘違いしたままで衣料品ビジネスに手を染めるようになる。
    と思わせて入学してもらうんじゃないんですか
    南さんのいうように ファブリックや係数管理をしたくて専門学校に入る人いますかね。結婚も家の購入もそれが幸せの条件と思わせるのが仕事ですよ
    ましてうたかたの仕事ならなおさらですよ

  2. とおりすがりの元・服売り より:

    しっかり1から10まで読んだわけではありませんが、この記事内では「若者に刺さる理由」を書いてないと思うんですが、この手の記事は昔からこうだった…ということなのでしょうか?

    ブランドコンセプト、ブランドストーリーなどなどアパレル業界ではよく見かけます。
    でも自分は、実利的な内容(ターゲットは?具体的な製法・販路は?デザインモチーフは?)を、いかにセンスよくというか、見栄えのいいものに昇華するか?という結果なんだろうなと読んでしまいます。
    感動的なストーリーがあったほうがウケはいいと思うのですが、なんだか作り物のようにも感じてしまいます。

    なんだか、自分は疑いの目で見てしまうのがデフォになってるのを自覚させられるようで、複雑な気持ちにはなります。。。

  3. お気楽ニャンコ より:

    私も同じく考えさせられました…
    服飾専門学校時代の同級生が謎の(笑)新ブランドを立ち上げて送ってよこしたLOOKは…
    恐らくターゲットは20代〜30代前半だと思うのですが
    Tシャツ24000円………
    冷やかしに行く気すら失せます
    何にいくらの値段を付けようが自由です
    それを買う人も少数ながらいるでしょう
    ただ…富裕層は若い人はそう多くないでしょうから
    やはりラグジュアリーブランドが中心だと思うんです
    もしくは海外ブランドか…
    若くてお金が有り余っていて
    更に洋服にお金をかけるのは
    ごく僅か、ごく限られた職業の人だと思うのですが…
    未だに業界に居る人は色々な意味で
    夢見る夢子ちゃんが多いように感じます

  4. とおりすがりのオッサン より:

    10万円で靴買うなら、聞いたこと無いようなブランドより、チャーチとか三陽山長とか有名ブランドのを買うなぁ。って、チャーチは値上がりして12万円以上になっちゃった!><

  5. なたん より:

    WWDの記者って大卒でもないアレな人が多いから裏取りもせず盛りに盛った記事を書くから話半分に読んだ方が良い。そもそもこのブランドだって月商1000もないでしょ。ジョンロブ、パラブーツ、サンダース等のフランス、イギリス靴の円パクリでそれならジョンロブ買った方が良いしそれこそサンダース買った方が良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です