地方・郊外の小型百貨店は公共施設との併設で存続可能なのでは?

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 細野 より:

    うちの近所には昔の百貨店の建物が駅前にあるのですが、駅前なのに普段から人通りが少なくて、廃墟みたいになってます。その建屋の上の方に市役所の出張所があるのですが、中は空きテナントだらけだし、下の方の階は丸ごと閉鎖されていたり、新しいお店が入ってもすぐ撤退してしまいます。江戸時代から昭和の中期までは大変な賑わいがあったらしいのですが、今は見る影もないです。うちの近所の元百貨店は市役所とセットになってもあまりうまくいってない例ですね。

    • BOCONON より:

      地方都市の市役所は昔のまちの中心部や駅の割合近くにあるもので,そういう場所は今はあまり買い物に行くような場所じゃなくなっていますからね。駅ビルならまだしも,ですが。うちの方でも駅ビルに繋がっている商業ビルに市役所の支所がある程度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です