2020年秋冬はウールのセーターと防寒アウターの展開が激減する?

あわせて読みたい

1件の返信

  1. ☆☆☆ より:

    同じような文言は当社の取引先担当者からも聞いています。ニットや厚手のジャケットが店頭から在庫から消えていくと、品・客単価の低下から、来期の秋冬物のさらなる売上低迷が容易に想像できる…。次秋冬の展示会の出店アイテム数も相当減少するようだ。それより心配なのは、担当者から聞くところによると、次秋冬展への発注自体見合わせているセレクトの取引先が多数出て来ているとの事。この冬で急きょ閉店を決めたから夏物はキャンセルしたいとか、この夏で廃業をするからとか。メーカーにしてみれば弱り目に祟り目だが、アパレルにしろ、小売りにしろ今は相当大変な局面を迎えているのはないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です