MENU

南充浩 オフィシャルブログ

肌着メーカー、アズのステテコドットコム

2010年11月18日 未分類 0

 先日の保温肌着の件で、ありがたいことに以下のようなコメントをいただいた。

  • アズのサーモアジャスト、サーモキッスも他社と同様で綿と変わらないのかなと思ってしまったのですが、リストには無いのでどうだったのかちょっと興味があります。
    時間軸としては発熱繊維自体は昔からあってスポーツショップ向きには一着5000円前後で商品化はされていましたが、アズがあのオレンジの繊維に安価に着色し量産することに成功して販売。
    その1年後にヒートテックが開発されたはずですけど、あまりアズの事は取り上げられないようです。

    http://www.ascorp.co.jp/recruit/hit/hit01.html

  • とのことである。
    あの号ではアズの製品は比較物に入っていなかったのと、自分にそれに対する知識がないので、なんとも言えないのだが、アクリル混紡であればある程度は同じ結果になったのではないかという私見を持っている。

    「繊維ニュース」在籍時代にジーンズ以外にも様々なジャンルを担当兼務していたのだが、スポーツアパレルとメンズ肌着メーカーだけは担当したことがない。
    グンゼを筆頭に、アングル、ロイネ、アズ、オグランなどというメーカーがあったが、レディース肌着部門のあるグンゼとアングル以外はあまり接点がなかった。このうち、アングルは倒産して御幸毛織に買われてアングルミユキとして復活した。

    コメント氏がおっしゃるようにこの保温肌着分野で、安価品の先鞭を付けたはずのアズはあまり採り上げられなかった。
    代わりにというのもおかしな話であるが、アズはステテコで昨年夏に大ブレイクを果たした。こちらはどちらかというと夏向けの涼感肌着類である。

    白いステテコは昭和のオッサンの代名詞といえる。素材には綿の強撚のクレープ織りが使われている。このステテコに派手でポップな色柄を施した商品を「ステテコドットコム」として販売を開始したのが、アズである。
    綿のクレープ素材は、滋賀県の高島産地が生産しているのだが、白いステテコの衰退とともに生産量は減少の一途をたどっている。
    今回、アズの発売した色柄ステテコを高島産地では「イロテコ」「ガラテコ」と呼んでいる。
    ちなみに、今年の春夏シーズンには、アーバンリサーチ心斎橋店でも大々的にステテコドットコムの商品が販売されていた。

    これから冷え込む季節には不似合いであるが、アズが大々的に注目されたアイテムということで、ステテコに脱線させていただいた。悪しからず。

    http://www.steteco.com/

    Message

    南充浩 オフィシャルブログ

    南充浩 オフィシャルブログ