MENU

南充浩 オフィシャルブログ

綿花相場の史上最高値更新

2010年10月28日 未分類 0

 先日、紡績部長から綿花の高騰ぶりを聞いたばかりだが、綿花の高値があっさりと更新された。繊維ニュースより引用させていただく。

 25日のニューヨーク(NY)綿花定期相場は、期近(12月)物が前日比で5セント高い124.71セント(1ポンド)をつけ、史上最高値を更新した。

とのことである。

紡績部長にお聞きした時点での価格が119セントであり、これが150年ぶりの高値だった。
部長によるとアメリカ南北戦争当時の相場価格が170セントを越えていたというから、追いつくにはまだまだ余裕がある。
しかし、150年前と現在では物価も貨幣価値も違っているので、単純比較はできないだろう。

残念ながらそのあたりの知識が欠けているために、ここで比較を提示できない。
ああ、無力感。

衣料品の製造コストは原料高も含めて上昇する一方である。
しかし、衣料品の店頭価格は下がるばかり。

縫製の現場では、現在、中国の縫製スペースが満杯である。
多くの中国工場が、10月現在に発注すると、納期が3月末~4月10日ごろになるという。
どうしても早く欲しい場合は、工賃を上乗せするとそのオーダーを優先してくれるそうだ。うわさが本当なら、縫製工賃の上昇は避けられないだろう。
かといって、単純にベトナムやカンボジア、バングラディシュあたりの工場に振り替えられるかというと、そうでもなく「現地調達の副資材(ボタン、ファスナー、リベットなど)の品質が中国製品よりも悪い」という。ちなみに中国製副資材も国内製副資材よりも品質が劣る。

製品の価格下落も、中国の縫製スペースも繊維・アパレル業界の安易な物作りの姿勢のツケである。
ある業界の大先輩は「クラッシュは終わった。これからは再生に向かおう」というが、まだまだクラッシュし足りないのではないだろうか。再生に向かうのは数年以上先になると感じている

Message

南充浩 オフィシャルブログ

南充浩 オフィシャルブログ