MENU

南充浩 オフィシャルブログ

6月16日、夏のセール始まる

2011年6月17日 売り場探訪 0

 昨日の6月16日から、一部で夏のセールが始まった。
関西の昨日の最高気温は22度。関東の今日の予想最高気温は21度、どちらも四月ごろの気温で「夏」というには程遠い。本格的な「夏」が来る前に夏物セールが始まるのだから、消費者としてはうれしい限りだ。
気候で言えば、昨年よりも今年の5月・6月は平均気温が低い。

今回のセールで話題となったのは、ルミネだが、
ルミネは各テナントが3グループに別れてセールがスタートする。
先行組は6月16日から、その次は6月24日から、
最後は7月1日からとなる。
そうは言っても7割くらいのブランドが昨日からセールをスタートさせている。

ちなみにビームスも各店舗で、昨日から店内一部セールを開始している。
セールになった商品はだいたい店内の3割~4割程度を占めるという目測である。
値下げ幅はそれほど大きくなく、メンズのシャツ類で5500円~、となっており
だいたい30%オフ程度だろうと計算される。

CA3G0118

さて、今回の夏セールだが、
「震災の影響もあり異例の早さで、来年以降常態化するものではない」とルミネは発表しているが
果たしてそうだろうか?
個人的には「来年以降も常態化するのではないか」と考えている。
ルミネやビームスが「来年以降も常態化したい」と思っているわけではないことは重々承知の上だ。

牛丼の価格が一度下がると、なかなか値上げしにくいのと同じで、
一度、セールを早期に開催してしまうと、なかなか7月スタートには戻しにくい。
今回は「震災の影響」もあって16日スタートだったが、昨年も6月25日スタートというショッピングセンターやブランドも数多くあった。
それ以前でいえば、8月にセールだったのが、7月末になり、それが7月中旬になり、7月1日スタートへと20年かけてジワジワと早まってきた。
正確ではないかもしれないが、3年ほど前から、ついに6月25日ごろにスタートするようになった。

売上がおもわしくない時、もっとも手っ取り早い打開策の一つにセールがある。
洋服の消費がおもわしくない現状では、早い時期にセールをすることでなんとか在庫を消化せざるを得ないブランドがほとんどである。

来年以降も6月半ばスタートが固定するかどうかは不透明だが、まちがいなく6月25日スタートは常態化するだろう。
夏と冬にセールをするという業界の商習慣はそろそろ意味をなさなくなってきており、
GAPやポイント、ユニクロのように「入荷後一定期間を過ぎた商品は一律に値下げしていく」という販売方法の方が、現在の消費動向に即したものではないだろうか。

Message

南充浩 オフィシャルブログ

南充浩 オフィシャルブログ