繊維・衣料品業界の初歩的な常識を消費者はほとんど知らない

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. とおりすがりの元・服売り より:

    自分は男ですが、たまに使います。
    ヘアワックス使っていて、プルオーバーのものを試着する時ですね。
    ヘアワックスは目立つ汚れにはならないでしょうが、それでも汚れになることには代わりありませんからね。
     
    振り返ってみて、フェイスカバーの存在を知ったのは、アパレル業界で働き始めたときだったようには感じます。
    過去、自分が働いてた店はすべて男女どっちも扱うお店だったので、すべての試着室に置いてありました。
    おそらく、自分がそういう環境にいたので知っているだけで、洋服屋で働いてなかったら知らなかったかもですね。
     
    でも、薄っすらとですがどこかのお店で「フェイスカバーを使ってご試着ください」と言われたこともあるような。
    まぁでもレアケースなのでしょう。

  2. 通りすがり より:

    梳毛のウールセーターも毛玉はできます。梳毛だからピリングしない、はないですね。
    ウール原毛の質と、加工の有無(スケールを取るか?固めるか?)で変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です