MENU

南充浩 オフィシャルブログ

OEMを受注した方が売り上げが伸びるのでは?

2013年9月10日 未分類 0

 いわゆる製造業者の自己認識と、市場の認識が大きく食い違う場合が多々ある。
それはこのIT時代になってもあまり変わらない。

例えば、肌着分野で世間的に知名度が高いブランドや企業というと、ワコール、トリンプ、グンゼあたりだろうか。
アングルとかアズ、オグラン、BVDなんていうのそれなりに知名度が高い。
レディースだと肌着とファンデーションは本来は違うが、ここは便宜上まぜこぜで考える。
ブラジャーなんていうアイテムはファンデーションに分類されるので、ワコールやトリンプ、ルシアンなんかはファンデーション主体の会社・ブランドということができ、厳密に言うと「肌着」ではない。

まぜこぜに考えると、上記以外にもソックコウベとかピーチジョンとかチュチュアンナなどもある。

さて、こういうメジャー企業・メジャーブランド以外にも実は量販店などに「一応」オリジナル製品を供給する肌着製造業は世間に知られていないだけでけっこうある。

じゃあ、そういう「一応」オリジナル製品を供給している企業が売上高を拡大するためには、手っ取り早く2つの方法がある。

1、宣伝広告、プロモーション活動を活発にして知名度を飛躍的に高める
2、量販店や専門量販店などのプライベートブランドをOEM生産する

この2つである。

とくに即効性があるのは2番のOEM生産を受注することだろう。

先日、筆者の知人が「一応」オリジナル製品を作る肌着メーカーに2番を提案したという。
返答は間髪いれずに「NO!」だったという。

ここでは企業名は匿名にしているが、当然筆者はその企業名を知人から聞いている。
筆者自体の記憶でいうと、企業名は業界内で耳にしたことがあるが、オリジナル品にどんなブランド名を付けて販売しているのかまではしらない。当然、売り場でも見たことがない。
もしかしたらこれまで何度も売り場で目にしているのかも知れないがまったく記憶に残っていない。
そういう存在である。
当然、先ほど挙げた企業・ブランド群の知名度には足元にも及ばないことを付け加えておく。

提案を行った知人が言うには「当社はオリジナル製品を長い間展開してきているので、今更OEMなんてやれない」というような返事だったとのことだ。

しかし、申し訳ないが、業界内でもブランド名はあまり知られていないのが現状であり、そんな状態ならOEM生産を受注したところで、一般大衆からすれば何も変わらない。
「○○」というあまり知られていないブランドが、例えば「トップバリュ」に変わったところで消費者が受ける印象はほとんど同じだ。むしろ知名度の高い「トップバリュ」の方が売れ行きが伸びるかもしれない。

事業主が思っているほど知名度は高くない。

まあ、こういうことは生地製造産地でも良くある。
「ワシら○○産地はそれなりに業界では有名だから」「ワシらの産地の知名度を考えたら」
なんて発言をときどき耳にするが、残念ながらそこまで知名度は高くない。
もちろん、まったくの無名というわけではなくそれなりの知名度はあるが、産地内部の人たちが思っているほど有名ではないということである。

産地で一番有名なのはデニムだろう。
デニムの産地というと「岡山・広島」と多くの人から返ってくる。
一口に岡山・広島と言っても広いわけで、どこが「デニム生地」の産地かというと業界の人でも「児島」と答える人が多い。
残念ながら不正解である。

岡山県の児島にはデニム織布工場はない。
岡山県の井原市周辺と広島県の福山市周辺に多く集まっている。

デニムでさえこの程度の認知度であるわけだから、他の生地産地の知名度なんて推して知るべしだろう。

もちろん、自社や自産地に誇りと愛着を持つことは大事である。
それを否定する気はないし、大いに持てば良いと思う。
ただし、それと同時に自社や自産地の立ち位置を冷静に見る目も重要である。

先の肌着メーカーだが、新たな施策なく、現在の立ち位置のままで拡販を企てたところで、良くても現状維持が関の山だろう。良くても現状維持では、そう遠くない未来に縮小・消滅することは目に見えている。

Message

南充浩 オフィシャルブログ

南充浩 オフィシャルブログ