激しさを増す大手資本低価格ブランドによる価格競争

あわせて読みたい

1件の返信

  1. BOCONON より:

    仰言る事に反対はしませんし,当たり前かも知れないが,アパレル業界人はたぶん次のトレンドを考えていると思いますね。
    古い話ですが,スーツで言えば一時期ほとんど三つボタンのスーツしか売っていない時期があった。それと並行して,どこへ行っても黒スーツだらけ,というのもあった。どちらもある年を境にほぼ完全に売り場から姿を消しました。
    最近はお若い人たちはほぼ細身短丈のスーツしか着ていないし,百貨店のおじさん向けブランドのスーツもズボンだけはけっこう細かったりする。しかしこれも最近 BEAMS 広報の中村氏などは『MEN’S CLUB』等でしきりに「細いパンツは流行遅れ」と強調している(実際に BEAMS で売っているものはそうでもないように見えるけど)。まあ当然の話で,おんなじようなスーツをそう何着も買う人がいるわけもない。
    同じ事で,カジュアルとて黒スキニーばかり何十本も買う唐変木がいる筈もないし,僕は来年あたりかなりの程度トレンドの流れ(というのも冗語ですが)が変わると見ています。

    ・・・と言っても僕自身は流行にはまるで関心がないからどういう方向へ行くかは分からないですが,たとえばベルボトムを男が穿きだすというのもあり得なくはない気がする。今のところはヘンテコに見えるけれど,かつて確か2度はやったこともあったし,黒のスキニーだって変と言えばものすごくヘンで,外国人がよく「日本の男はなぜオカマのような格好をしているのだ?」「なんで黒タイツのようなものを穿いているのだ?」というようなものですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です