個人的には大手ECサイトは使いにくいと感じる

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. とおりすがりのオッサン より:

    大体にして経営者って、自分の立場にモノゴトを置き換えて見ようとしないですよねぇ。Amazonとかは検索すると、スポンサーがお金払った商品が上の方に出て、それに引っかかる人もいるでしょうが、慣れてる人はウザいと思うだけでそんなの買わないんですけど、スポンサー多いんですよねぇ、ああウザいw

    うちの金属加工工場の二代目バカ社長は、自社Webサイトからの仕事の受注なんて全然発生していないのに、コンサル(私を訴えてる奴とは別w)に自社サイトとは別の集客用のサイトを500万も掛けて作らせちゃったりしてましたわ。もちろん、そんなサイトからは月に1、2件の問い合わせくらいしかなく、そもそも自社の仕事とちょっとズレたタイトルのサイトなので、9割方が仕事に結びつかないというアホさ加減です。しかも、アホ社長は「ホームページをスマホ対応させようか?」とか言ってきたり。「いやいや社長、仕事でインターネットを検索するのに普通スマホは使わんやろ。誰がスマホのちっこい画面で仕事の情報を検索するねん?w」とインチキ関西弁で突っ込みたくなります。なんで、日本の中小企業が今まで存続できてるのかホントに不思議w

    • 通りすがりのギャル より:

      よくコメントされている、この方ですが、なぜコンサルタントが一介の旋盤工を訴えているのかが知りたいです。

      • とおりすがりのオッサン より:

        おっ、よく旋盤工と覚えてますねw
        なんで訴えられたかっていうと、その小山昇って経営コンサルタントが大量に出してる書籍のAmazonのカスタマーレビューで、私が本の内容を酷評しまくったからですよ。他にもFacebookとかTwitterでも批判してましたが、Facebookとか本名なので、セミナー受講者名簿から所属会社を調べて批判やめろと脅してきたんです。それでも批判やめなかったから、訴えてきたという経緯。いわゆるスラップ訴訟じゃないんですかね。ちなみに小山の年収は1億円でセミナー等の売上は30~40億円のようですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です