続・無印良品の衣料品が売れなくなった理由を考えてみた

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. BOCONON より:

    最近百貨店などではシャツを見ていると「どうぞ試着なさってみて下さい」と言われる事が多くなった。たぶん着てみないと分からないシャツが多くなったせいだと思う。分からないと言うのは4種類が混在していてどれか分からないということ。

    ・細身短丈で完全に裾を出して着る用
    ・それよりはいくらか緩め着丈長めで裾出しも裾入れもOKなもの
    ・昔通りの着丈長い裾入れて着るタイプ
    ・ビッグシルエットのもの

  2. BOCONON より:

    ユニクロやツープラだと「細身」「スリム」と表示があったりるのだが,
    それは例外だし,ユニクロでもビッグシルエットのものはたいてい表示がないか曖昧だ。成程これでは試着しないと選びようがない。
    無印良品について言えば,そんな表示は全くしていないし,試着をすすめられる事もない。それで僕は何度かMUJIのバンドカラーのシャツ買って,やっと「これはオレの着るようなものじゃないな…」と気づいたのだった。

    どうやら今の無印良品の営業方針は「飽くまでも誰が着ても似合う,エイジレスなフツーの服を揃えているように見せかけつつ実は若い人しか相手にない」といったものだ。「そんな事はない」と言っても実際南さんの仰言る通りなのだから仕方がない。
    こんな因循姑息なショウバイやってるようじゃ,そりゃ客も離れますわな。

    • とおりすがりのオッサン より:

      「飽くまでも誰が着ても似合う,エイジレスなフツーの服を揃えているように見せかけつつ実は若い人しか相手にない」

      ああ、コレは正解かも?w
      私も、値下がりした無印のコートを通販で買ったら、袖丈とかは合ってるけど、肩周りとか窮屈で微妙でした。そして、その後さらに値下がりしてて微妙でしたw

  3. 細野 より:

    ファッション門外漢の私からすると、無印の服はユニクロと違って、看板商品がよくわからなくて、なにを買うべきなのかが分かりづらいですね。オーガニックなんとかが売りなのかなというのは分かるのですが。品質が良いかと言われるとユニクロとそんなに変わらない気がするのに、値段が高い。ユニクロだとベーシックだけでなくて、ちょっと変わったデザインも少しあって、それをベーシックと合わせる楽しみがあるけど、無印はベーシックだけしかないから見ていてもあまり面白くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です