MENU

南充浩 オフィシャルブログ

ウルトラライトダウンはインナーとして着てみては?

2010年11月9日 未分類 0

 昨日、ツイッターでユニクロのウルトラライトダウンジャケットの話題が出たのだが、もともとウルトラライトダウンというのは、インナー用に開発されたダウンジャケットである。
本格的な冬山登山の場合、軽量薄手ダウンを着こんだ上から厚手のダウンジャケットを羽織る。
ユニクロの専売特許でも何でもなく、モンベル、パタゴニアなど主要アウトドアブランドから軒並みリリースされている。

しかし、ユニクロのウルトラライトダウンは安価に抑える目的から、縫製工程での省略が多く、スペックが低いため冬山登山には利用できない。完全なタウンユースアイテムである。

個人的には、原材料コストを削減するために内蔵する羽毛量を減らしただけの商品を「ウルトラライトダウン」というネーミングでごまかしているのではないかとも勘ぐっている。
タウンユースに限定するといっても、真冬にバイクや自転車に乗ると、ウルトラライトダウンでは保温できないと推測される。

現在、ユニクロの店頭のマネキンは、セーターやフリースの上から、このウルトラライトダウンを羽織ったコーディネイトで陳列されている。コーディネイトで言えば定番中の定番で、何の新鮮味もない。
もっと気温が下がれば、おそらく寒々しい印象を与える。

ツイッター上では、ウルトラライトダウンを本来の用途であるインナーとしてコーディネイトしてみてはどうか?という意見が出た。なかなか斬新なアイデアだと思う。
ウルトラライトダウンジャケットの上から店頭のマネキンにフリースやニットアウターを羽織らせてみてはどうだろうか?

もしくはウルトラライトダウンベストの上からジャケット類を羽織らせてみる。現在、「LEON」や「SAFARI」などのオッサン向けファッション雑誌では、テイラードジャケットの上からダウンベストを羽織るというコーディネイトが提案されている。
ジャケットの上に羽織るダウンジャケットは厚手の方がバランスが良く、ボリュームのないウルトラライトダウンジャケットには不向きだと思う。いっそのことウルトラライトダウンベストをテイラードジャケットの下に着るというコーディネイトを店頭で提案してみたら面白い。

ユニクロ広報の青野さん、一度本社に提案してみてくださーい。(^^

Message

南充浩 オフィシャルブログ

南充浩 オフィシャルブログ