MENU

南充浩 オフィシャルブログ

福島の縫製工場の商品を引き取らない大手総合アパレル2社と有名百貨店

2011年4月5日 未分類 2

 以前、某有名セレクトショップが福島の縫製工場に依頼していたシャツの引き取りを拒否したことを書いた。
昨日、知り合いから、大手総合アパレル2社と東京本社の有名百貨店1社が福島の縫製工場の商品引き取りを拒否しているとの情報を聞いた。

大手総合アパレル2社と百貨店1社はホームページのトップで、被災者支援を打ち出しており被災地に物資や義援金を寄付している。申し訳ないがこの3社の姿勢は中途半端な偽善である。本来なら社名を書くところであるが、福島の縫製工場からの裏付けが取れていないので、今回は止めておく。

以前書いたことの繰り返しになってしまうが、
放射線を浴びた衣料品類は、よほどの量でなければ洗浄すれば大丈夫だと聞いている。
ならばこの3社は洗浄する努力をすべきだろう。被災者支援を打ち出すのであれば、福島県内にある縫製工場も被災者である。なぜ縫製工場の支援をしないのか。
縫製工場は被災していなくても、従業員は被災しているかもしれない。従業員は被災していなくても家族や親族は被災しているかもしれない。
もっとはっきり言えば、売り上げ不振で貯まった在庫商品を被災地の縫製工場に、どさくさ紛れで押し付けようとしているのではないかと疑ってさえいる。

ファッションだ、トレンドだ。人道支援だとカッコイイことばかり口にするが、この手のかっこ悪い話が山盛り存在するのがアパレル・ファッション業界の実態である。

もし、自分に聞き取り調査が来れば、4社まとめて社名を報告させていただく。

 comment
  • m_inosan より: 2011/04/18(月) 5:03 PM

    そんなアパレル会社や百貨店の名前は公表するべきです。
    裏が取れていなくても火のないところに煙は立たないと思います。

  • yuta2004 より: 2011/04/18(月) 5:16 PM

    社名を公表できないなら、投稿しないほうがいい!
    単なる噂話では、見た人が、いろいろな想像してしまうので‥。
    一種の風評被害である。

Message

南充浩 オフィシャルブログ

南充浩 オフィシャルブログ