南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

しまむら

ブランド頼みの小規模専門店は確実に消える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ブランド頼みの小規模専門店は確実に消える
 その昔、といっても10年ぐらい前までは「このブランドを並べていたら確実に売れる」という鉄板ブランドがあった。今もいくつかはそういうブランドは残っているが、かなり少なくなった。
多くの小売店はそういうブランドに今も頼ろうとしている。
たしかに衣料品不振だし、トレンドはあまり変わらないから売る側として何かに縋りたくなる気持ちもわかる。

しかし、そういう「鉄板ブランド」は今後ますます減るだろう。
とくに小規模な小売店はそういうブランド頼みの姿勢では市場から完全に淘汰されてしまうのではないか。

先日、心斎橋筋商店街をブラっとしているときに、ふと「スピンズ」の店の前を通った。
スピンズはヤング向けの低価格カジュアルSPAで、全国に20店舗強を展開している。
テイストとターゲット、中心価格帯はウィゴーと近い。
一説にはウィゴーと激しい競争を繰り広げているといわれているが、企業規模でいえばウィゴーの方がはるかに大きい。ウィゴーは売上高200億円を突破している。

それはさておき。

これまでスピンズの店頭で「有名ブランド」を押していることはあまりなかったが、今春はこれまでと異なる打ち出しに着手したようだ。
店頭で「ナイキ」「ニューバランス」「ラルフローレン」などを大々的に打ち出していたのである。

FullSizeRender



これには驚いた。
なぜなら、昨年くらいから「しまむらでラルフローレンのリュックが販売されている」と話題になったからだ。

出会えたら超ラッキー!?しまむらの一部店舗でラルフローレンの商品を販売中
http://spotlight-media.jp/article/142264526251662714



人気ブランド「ラルフローレン」のアイテムはこれまで、並行輸入もある程度厳しく取り締まられ、百貨店や専門店以外の低価格店で見ることはあまりなかった。
90年代後半まではけっこう某ジーンズチェーン店で3900円で売られていたりしたが、コピー商品だったことが露見したりして、その当時は大きな話題となった。
某報道特集番組でも取り上げられたほどである。

それ以降は低価格店での扱いはあまり見かけなかったが、それが変わりつつあるということだろうか。

しかし、低価格店でも「ラルフローレン」を扱い始めたということは、大規模な直営店やオンリーショップはまだしも、小規模な専門店では売れにくくなるということである。

「ラルフローレン」に限らず、ブランド頼みの小規模専門店はますます苦戦することになるだろう。

かつて一世を風靡した「エヴィスジーンズ」も昨年夏からライトオンでの取り扱いを始めている。
価格は12000~13000円くらいなので本体よりも少し割安感がある。
オランダのブランド「Gスター」だって今ではライトオンで販売されている。

小規模な専門店が「うちはGスター扱ってるんですよ」なんて自慢気に口にしたところで、同じ物はライトオンでだって買えてしまうのである。

そういえば、素材ブランド「ハリスツイード」だってしまむらで買えてしまう。
しまむらが「ハリスツイード」と正式契約したため、あのラベルの付いた商品がしまむらにも並んでいる。

【2015年も】しまむら×ハリス・ツイードがコラボで話題沸騰継続中ッ!
http://matome.naver.jp/odai/2141483259539713401



もちろん、素材感とかデザインとか細かい点は異なるが、一般消費者からすると同じ「ハリスツイード」の商品である。
現に「しまむらなら2000円で買えるのにお宅の仕入れているハリスツイードはなぜこんなに高いの?」と言われた雑貨関係者もいる。

これからは「ハリスツイードです」というだけでは高値で売れなくなるということである。
なぜなら、しまむらでも売っているから。

これを指して「ブランド側が堕落した」とは思わない。
ブランド側もビジネスを展開しており、とくに欧米ブランドは利潤追求と拡大再生産に貪欲だ。
日本ブランドの方がそのあたりはお人よしではないかと思う。

今まで通りのルートで販売し続けても売上高の伸びは知れている。
もう十分に知名度のあるブランドならなおさら伸びしろは少ない。
もう知れ渡った結果が今の売上高なのだから、欲しい人はすでに買っているし、今買っていない人はそのブランドを欲しいと思っていない人である。

じゃあ売上高を拡大するためにはどうすれば良いか。
手っ取り早いのは、これまで販売していなかったルートで販売することである。
それは低価格ゾーンである。
低価格ゾーンには大資本の大手チェーンが多い。大手チェーンだから1社と取り組むだけで莫大な店舗数で展開することが可能になる。

ちまちました5店舗や7店舗の専門店とはわけが違う。
一気に何十店・何百店での展開が可能だ。
その分売上高は増えやすい。

ブランド側がそう考えるのは至極当然だろう。
とくに海外ブランドがそう考えたとしても何の不思議もない。

逆に低価格ゾーンの大手チェーン店からすると、自店のステイタス性を上げるためにも有名ブランドとの取り組みは大歓迎である。
かくして両者の利害は一致する。

今後もこういうコラボ、取り組みはますます増えるだろう。

今、ブランド頼みの小規模専門店はますます追い詰められる。
「うちは〇〇ブランドがあるんですよ」なんていうのがセールストークでもなんでもなくなるのはそう遠いことではあるまい。

その自慢の〇〇ブランドが低価格チェーン店とコラボしたり、低価格チェーン店での取り扱いを早晩開始するだろうからだ。

じゃあどうするのか。
小規模専門店は何を消費者に提供するのか。
もうその答えを見つけて実践しておられる小規模専門店もあるが、展示会などで様子を見ているとそういう先はまだまだ少数派だ。

ブランド頼みの小規模専門店の方が多数派だと感じる。
その多数派は5年後、10年後には存続できていないだろう。

小規模専門店にとってもブランド頼みの手法から脱却する最後のチャンスではないかと思う。













新鮮で割安感のある商品は売れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 新鮮で割安感のある商品は売れる
 衣類が売れにくいといわれているが、目新しくて値ごろ感のある商品はやはり売れる。
ただ、筆者も含めた多くの人は「テイスト」だとか「風合い」だとかの目新しさについては理解がしづらい。

「このテイストは斬新」なんて雑誌やテレビで言われたところで、それに大枚をはたいて買わねばならない価値を見出しにくい。
「テイスト」やら「トレンド」しか目新しい物を提供できないから衣類、とくにファッション衣料は売れにくいのではないかと思う。そういう「テイスト」やら「トレンド」やらの目新しさこそがファッション衣料の価値だから、仕方がないことなのではあるが。

目新しさでわかりやすいのが「機能性」だと思う。

ユニクロがかつてヒートテックで大ヒットを飛ばしたのは「機能性」と「価格の割安感」だった。

肌着メーカーを取材していると、一昨年の秋冬くらいから、この保温肌着類の売れ行きが目に見えて鈍ってきたという。2015年の秋冬は暖冬傾向も相まってさらに保温肌着類は苦戦した。

メディアが「苦戦」なんて報じるとまるで一枚も売れていないかのように感じてしまうことがあるが、そんなことはない。実際に保温肌着は一定の枚数は売れる。ただし前年を大幅に越えるような状況ではないということである。
例えば、ユニクロの店頭で見ていても秋冬になると必ず毎日何枚かはヒートテックが売れる。
もうたくさん持っているだろうと思うのに、一人で複数枚を買う人もいる。

保温肌着の売上高が伸びなかった代わりに好調だったと言われるのが、保温ズボンであろう。
ユニクロの防風ジーンズやエドウインの保温ジーンズの類である。

先日、カイタックファミリーの展示会にお邪魔した際にも、量販店向けのレディース保温ジーンズ類が好調で、2016秋冬向けも多数のオーダーが入っているそうだ。

東洋経済オンラインに

しまむら、V字回復の理由は「値上げ」にあった
http://toyokeizai.net/articles/-/112480


という記事が掲載されているが、この「値上げ商品」とは3900円の裏地付の保温ズボンだと報じられている。
先日のカイタックファミリーの量販店向け商材もちょうど同じ価格帯である。

一方、エドウインで尋ねてみると、7900~9000円くらいの専門店向け保温ジーンズは好調だったが、一部チェーン店向けに企画製造している4900円商品は不調だったという。

IMG_1037

(エドウインの専門店向け保温ジーンズ)

4900円商品が不調だった理由はおそらく、その下をくぐる3900円、2900円ラインの他社製品が充実したためではないかと考えられる。

ジーンズ、カジュアルパンツという商品群で見ると、6900円以上が専門店向け商品とされ、それ以下は量販店向け商品とされている。
量販店には1900円、2900円、3900円、4900円、5900円の価格帯があるが、メインとなるのは1900~3900円で、よほどの「何か」がないと4900円、5900円はあまり量は売れない。
なぜならこのくらいの価格帯になるとSPAブランドや一部専門店でも販売されており、そちらの方がブランドステイタスが高いからだ。

今までエドウインの4900円保温ズボンは、「機能性」という「何か」があったわけが、他社からほぼ同じような機能性のある2900円、3900円商品が登場すると、人は同じような物なら安い方で買うから、そちらに流れたと考えられる。

東洋経済の記事は、しまむらの回復を値上げにあると指摘しているわけだが、それは半分正しく、もう半分は保温ズボンという新ヒット商品を見つけたからではないかと思う。
しまむらほどの規模になると販売数量が劇的に伸びることはよほどの事件がない限りはありえない。数量が変わらない状況で売上高を伸ばそうと考えるなら価格を上げるしかない。
3900円に上げたことが正解だったのではなく、「3900円で保温ズボンという新ヒットアイテムを販売した」ことが正解だったといえる。

ユニクロは今春から再び値下げ傾向になっているが、昨年12月・今年1月の苦戦?(他のアパレルに比べると苦戦ではないと思うが)の原因が値上げだと考えられることから、価格政策を批判する記事が相次いだが、ユニクロがさらに売上高を伸ばそうと考えるなら値上げがもっとも正しい選択肢の一つであることは間違いがない。
それが消費者に受け入れられるかどうかが問題ではあるが、「値上げ=悪」ではない。

それはさておき。

ヒートテックをはじめ、各社の保温肌着を腐るほど持っている消費者は、今後、保温肌着をまとめ買いすることは考えられない。せいぜい2,3枚を毎シーズン買い替えるだけだろう。最早、現在の低価格保温肌着は買い替え需要しか存在しない。
今後、画期的な新機能やら新素材が出てくれば別だが、従来品のアップデート版では爆発的に売れることは考えられない。

そういう消費者がいまだに所有していなかったのが、保温ズボンであろう。
この商品は2016秋冬も売れるだろうし、2017秋冬も売れるのではないか。とくに量販店価格帯の商品は。
量販店価格なら3900円が主戦場となり、4900円で売るためにはあっと驚くような「何か」が必要となる。

しまむら、カイタックファミリーの商品が売れたのは、手持ちが少ない新鮮な商品だった上に、価格帯に割安感があったからだ。

しかも各社の保温ズボンの見た目は向上している。
通常のジーンズ、カジュアルパンツ類とほとんど見分けがつかない。
シルエットも通常のスキニーと変わらず細身を実現できている。

やはり、「新鮮で割安感のある商品」は売れるのである。
ただ、業界人の考える「新鮮さ」と一般消費者が求める「新鮮さ」が乖離しているのが、昨今の状況であり、これが衣料品不振の原因の一つではないかと思う。









しまむらの今後の方向性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - しまむらの今後の方向性は?
 しまむらの減益が濃厚となってきた。
もし減益になるとすると、2期連続の減益ということになるため、各紙で報道されている。

ちょうど、先日もそれらの報道についてどう考えるか?とフェイスブック友達がトピックスを挙げておられたばかりである。

外野から眺めていると、売上高5000億円強、減益とはいえ営業利益400億円強のしまむらは依然としてアパレル業界では超優良企業であるし、今後も優位性はそう簡単には揺らがないだろう。
しかし、停滞局面に突入したことも間違いないと見ている。

今回はそれを踏まえて、考えてみたい。

先ごろ東洋経済オンラインに掲載された分析が的確であると考えている。


ユニクロとしまむら、なぜ明暗が分かれたか

国内アパレルの「優等生」が陥った停滞局面
http://toyokeizai.net/articles/-/63229


まあ、タイトルからするとかなり暗めな印象を受けるが、メディア側はキャッチなタイトルを付けるのが通常である。たぶん、この記事の筆者が付けたものではないのだろうと想像している。

どうしても業界最大手ユニクロと比較されてしまう。
ちなみにユニクロが業界1位、しまむらが業界2位である。

個人的な話で恐縮だが、しまむらで物を買ったことがない。
実は店舗に行く頻度もかなり低い。
理由は簡単で、ロードサイドに路面店出店するしまむら、アベイルへ行くのは、ペーパードライバーである筆者には難行苦行なのである。
最近ではボツボツと都心店もでき始めているが、大阪に限って言えば、天王寺・難波・心斎橋・梅田のターミナルにはしまむらは影も形もない。
東京都内でもターミナルの駅周辺には出店していない。

反対にユニクロはロードサイド路面店もあるが、都心ターミナル店も多い。

立地だけで見ると、しまむらは都心ターミナル顧客をまったくと言って良いほど取り込めていない。
まあ、しまむら側からすると取り込む必要がないと考えているのかもしれないが。

またロードサイドでもイオンモールに代表される大型ショッピングセンターにユニクロは入店しているが、しまむらは入店していない。
そういう意味では地方ロードサイド顧客の取りこぼしも増えたのではないか。

大型ショッピングセンターの功罪について今回は論じる気がない。
すべての商材がそろうので大型ショッピングセンターを利用するという地方在住者は数多くいる。
ユニクロはその中にあって、ついで買いの対象となるが、しまむらはなりにくい。
ショッピングセンターへの行き道・帰り道にあれば別だが、それ以外なら「わざわざ」立ち寄らねばならない。
「わざわざ」立ち寄るというのは心理的ハードルがなかなかに高い。

これを利用して「わざわざ」立地に出店する個性派小規模店も多いが、しまむらはそういう個性派店舗ではない。
利便性の高い低価格衣料品の販売店である。

近年は「しまらー」を使ってファッション化を進めていたが、「わざわざ」立ち寄るほどの個性派店舗では到底ない。また、「しまらー」も数年くらい前からめっきり影を潜めている。

一方、ユニクロはなんやかんやと言われながらもファッション性を高めている。
相変わらずチラシのデザインだけはあか抜けないが、売れているならそれが正しいのである。
売れないデザインは何の意味もない。

店舗のディスプレイもユニクロはそれなりに洗練されてきているが、しまむらは依然として雑多なままである。
天神橋筋商店街の在庫投げ売り店と近い印象を受ける。

このあたりでブランドイメージの明暗が分かれているのではないか。


また商品面でいうと、同じ商品を大量生産するユニクロと、仕入れ品をメインに多品種少量を販売するしまむらでは、ファッション顧客の目線で見るとしまむらの方が使い勝手が良い。
何しろ「被る」ということがほとんどないからだ。
ちなみにしまむらも一部自主企画商品はある。実際にそれらを企画製造しているが、すべてではない。

一方のユニクロは同じ商品を大量生産しているため、被りまくりである。
毎年、冬になったら毎日どれほど多くのウルトラライトダウン着用者を見かけることか。
最早、色違いの国民服みたいになっている。

しかし、その多品種少量販売がしまむらの「商品の顔」を見えにくくしている側面があるのではないか。
ユニクロは即座に「顔」となる商品が思い浮かぶ。ウルトラライトダウンしかり、フリースしかり、ジーンズしかり、である。その顔は少々大きすぎるのではないかと思うほどだ。

しまむらは「顔」が希薄であるという印象を受ける。希薄なので「あれが欲しいからしまむらへ行こう」という動機になりにくいのではないか。

逆にH&MやZARAのようなトレンド対応形態になればそれが売りになるが、そこまでの洗練度がない。
そういう意味では立ち位置が中途半端だと感じる。


しまむらの土台はちょっとやそっとのことでは揺らがないだろうが、今後どうするのか興味は尽きない。
もっとも現状維持というのも立派な方策である。
このままのやり方を貫いて5000億円台を維持する、それ以上の成長は求めないというのも選択肢の一つである。

ただ、5000億円台からさらに上を目指すというのなら、今のままのやり方では難しいのではないか。

それは外野がとやかく言うことではなく、しまむらの経営陣が決めることである。

素材や縫製や製法だけでは売れない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 素材や縫製や製法だけでは売れない
 先日、こんなまとめブログがあって、興味深く読んだ。

どんな女の子も一瞬でダサくなる方法見つけたwwww
http://beelzeboulxxx.com/archives/23237433.html


もともとは、パロディや悪ふざけで作ったコラージュなのだろうが、意外にも「ブランド」というものの本質を突いてしまっている。
もとより、筆者はこの手の悪ふざけは大好きなので単純に面白おかしいのだが、どんなにカッコイイタレントのポートレイトでも特定のブランド名を入れるだけで、不思議と低価格品に見えてしまう。

もっとも例に出されているのが、しまむらで、あとユニクロ、PIKO、BADBOY、ライトオンなどと続いている。
ユニクロと比べて、幅広いファッションアイテムがそろうのがしまむらだ。
だからこんな服もしまむらには売っているのではないかと思わせてしまう説得力がある。

一例を挙げると、これが


e94672dc












こうなる。




7dd84930







いかにもそれっぽい。
しまむらのポスターにありそうだ。



デザイン物にユニクロのロゴを付けても合成感丸出しで違和感がある。もっとシンプルベーシックなテイストなら説得力が出るだろう。

反対に、そこらへんのオニイちゃんに「エルメス」や「バーバリー」のロゴを付けてもなかなか馴染まない。
写真をモノクロにするなどの工夫が必要なようである。


で、結局、「ブランド」というものは本来そういうものなのではないだろうか。
同じ材質・同じ縫製・同じデザインのTシャツだが、しまむらで売っているから1900円で、バーバリーだから5900円。買う側も「バーバリーだからそれくらいして当然」と受け取っている。
「バーバリーと同じ素材・同じ縫製・同じデザインだからうちも5900円で販売します」としまむらが主張してもなかなか消費者には受け入れてもらえない。


材質や縫製が直ちに店頭価格に反映されるなら、だれも「ルイ・ヴィトン」の塩化ビニールのバッグなど10万円も出して買わなくなる。



そこには、素材や縫製、製法を越えた「信頼感」がある。
それを作ることこそが、安易に使われ過ぎて手あかにまみれまくった言葉ではあるが「ブランディング」という作業だろう。


製造業社の多くはここが理解しづらい。

例えば、ラグジュアリーブランド「●●」の生地を製造している日本の企業があったとしよう。
で、この日本の企業はこれまでの下請け体質から脱却しようと、自社の生地を使って製品を作る。
その新製品の価格を決める際に、「●●ブランドは10万円で販売しているから、同じ生地を使って同じ製法で製造している当社の製品も同じ10万円にしよう」ということがよくある。

他の機械、金属、化学などの業界は分からないが、こと繊維業界に関していえば、こういう主張をする製造業社はけっこう多い。この15年間何社も見てきた。そしてそういう主張をしたブランドは消え去っている。

いくら、「●●」ブランドと同じ材質製法でも、無名の製造業社ブランドが消費者に同じ価値で受け入れられることはまずない。そうするためには何年間ものイメージ作り、販売活動、販促活動が必要となる。

もちろん、筆者個人は物作りをイイカゲンにして、「販促でチョチョっとタレント使ってPRしたら売れるんや」などとうそぶくブランドはまったく好きではない。そういうブランドは往々にして長続きしない。スタート当初は売れても安物のメッキは数年で剥げ落ちる。

しかし、いくら物作りが良くても、販促活動や販売活動、イメージ作りなしで高額品が売れるとも到底思えない。

なぜなら、消費者は材質や縫製や製法だけに高いお金を払うのではないからだ。

今回のこういう面白スレは製作者の意図しないところでブランドビジネスの本質を突いていたといえる。
下請けから脱却するために自社製品化を目指す製造業社にはぜひ、御一考いただきたい事例である。


生活必需品とファッション衣料の差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 生活必需品とファッション衣料の差
 先日、こんな記事を読んだ。

高所得者層ほどユニクロ好きが多い理由
http://president.jp/articles/-/8231


ユニクロの利用率は各層を問わず、他のファストファッションブランドに比べ、50%前後と圧倒的に利用率が高い。意外にも、1000万円以上の所得があるマル金男性層でもユニクロが利用度はダントツに高い。2010年には55%にも迫る勢いだ。マル金はユニクロが好きなのか。

との疑問から記事が始まる。

比較対象はしまむらとH&M。

記事中のグラフでは、1000万円以上の所得がある男性はしまむらの利用率は低調、H&Mの利用率は急上昇している。
しかし、ここは注意が必要である。
横軸が2006年~2012年までの年数の目盛、縦軸は各層の利用率の目盛である。
横軸は3ブランドとも共通なので流し見してもかまわない。
問題は縦軸である。
ユニクロは10%ごとの目盛であるのに対して、しまむらとH&Mは1%ごとの目盛である。
ユニクロの最大利用率の値は60%であるが、しまむらの最大利用率は8%、H&Mの最大利用率は6%である。
ケタが1ケタちがう。

H&Mのグラフが急上昇しているといっても、3%だったものが6%になったにすぎない。
成長率でいうなら倍増ということになるが、利用率6%ではほとんど利用されていないに等しい。

無題


(プレジデントオンラインで掲載されていた3ブランドの利用率グラフ)


ユニクロはすでに2006年に30数%の利用率があり、2010年には利用率60%に近づく。
2011年は40%に下がるが、2012年は少し増えて50%になっている。
そしてこれは何もお金持ちだけのことではない。全層に渡ってのユニクロの利用率はしまむらとH&Mよりも10倍大きいのである。

男性の利用率だけを見るならユニクロとしまむら、H&Mを比較すること自体がナンセンスだということになる。

それにしてもどうしてユニクロの男性利用率はこれほど高いのか。
その疑問に対して元メンズクラブ編集長の林信朗氏はこう答えておられる。

「要するに、ユニクロはファッションではないんですよ」

「ユニクロは基礎生活材なんです。つまり、ヒートテックやウルトラライトダウンのような防寒着であったり、下着であったりするわけです。特に高所得者層はそれらを人に見せたり自分で味わったりする『ファッション』とは捉えていないと思うんです」


とのことであり、生活必需品であるから男性の全層に渡って利用率が高いというわけである。
さすがは慧眼である。

ユニクロは現在でも生活必需品としての要素が色濃いブランドだと感じる。
ファッションを切り口としたブランドではない。と言い切ってしまおうか。

昨年のクリスマス前、午後2時から5時頃まで「あべのマーケットプレイス キューズモール」を一通り見て回った。
ここにはユニクロ以外にライトオン、グローバルワーク、チャオパニックティピー、ウィゴーなど低価格ブランドがそろっているので比較対象しやすくてよく利用する。

そのとき、ユニクロは何か安売りの目玉商品があったのか、平日午後だというのにレジにはずっと20人ほどの行列ができている。その行列を見ていると、明らかに年金受給者と見受けられるお年寄りがかなりの割合で含まれていた。

一方、ライトオン、グローバルワーク、チャオパニックティピー、ウィゴーを見ると、お年寄りはほとんど入店すらしていない。最年長者でも40代であろう。

ユニクロはお年寄りの支持率が他の低価格ブランドに比べて断トツに高いのではないかと感じる。
近隣のロードサイドのユニクロにも相当数お年寄りが来店している。
それだけ知名度が高いのだと思うが、他の要素としては、先ほど林氏が述べておられるように「生活必需品」としての性質が色濃いからだと思う。

今回、比較対象されたしまむらやH&Mは「安いファッション」と捉えられている。

「しまむらやH&Mは今瞬間的に流行のファッションを安く買う、という感覚ですよね。だからしまむらは特に低所得者層に受ける。彼らはしまむらをファッションとして捉えていると思います。でもH&Mはどうでしょう。高所得者層がそこへ行くのは娘や妻といった家族での買い物もかなり含まれているような気がしますね」

林氏は文中でこう述べられている。
そして、ライトオン、グローバルワーク、チャオパニックティピー、ウィゴーなども同様に「ファッション」として捉えられていると感じる。生活必需品と捉えている人はあまりいないだろう。

生活必需品とファッション衣料品ではおのずとその利用客数は異なる。
「寒くなったから保温肌着を買おう」「出張先で急に靴下が破れたので代わりを安く買おう」「突然雨が降り出したので安い傘を買おう」「夕方から突然冷え込んできたので、急きょニットや防寒アウターを買う」
などというのが生活必需品ブランドの利用法である。
そして、高所得者はまさにユニクロをそのように利用している人が多い。

今の衣料品業界の齟齬は、アパレル各社がユニクロを「ファッション」だと捉えていることも原因の一つではないのか。
だから百貨店向けアパレルが「ユニクロで売れたアレと同じ素材を売ってほしい」とか「ユニクロで売れたアレと同じデザインで売りたい」などという馬鹿な要望が出てくるのではないのか。

土台、百貨店向けアパレルとユニクロでは店頭価格も違うし、利用客数も利用客層も異なる。
そこに向けてユニクロと同じ商品を売ったところで、ユニクロと同じ枚数が売れるはずはない。

百貨店向けアパレルがユニクロと同じくらいの枚数を販売したければ、店頭価格を下げて「実用衣料品」の性質をもっと色濃く打ち出す必要があるが、はたしてそんな物を消費者が望んでいるか、と言われると極めて疑問である。

PR
PR

PR






記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード