今後のシルバー向け市場を考えてみた

あわせて読みたい

1件の返信

  1. naka2shi より:

    父の場合には、ファッションと言うより、着るものと言った方が正しいです。
    ((笑)
    とりあえずみすぼらしく見えなければといったレベルで考えております。
    そんな父でも、法事とかでスーツを着るとパリッとするのが不思議です。
    これは上下の組み合わせが破たんしてないのが、大きな勝因かなと
    思っております。
    父だけではなく、私も服に関してはお手上げ状態です。
    当方は、45歳でコンピューター関係の仕事をしております。
    PCのスキルはある程度あるのですが、ファッションに関するスキルが
    全くありません。
    ファッションに関する、知識というかノウハウが
    徹底的に欠けているのでしょう。
    一般の服屋さんって、お客さんにファッションに関するセンスというか、
    ノウハウがあるのが前提になってるんですよね。
    ですので、ノウハウの無い人は全くのお手上げです。
    PCに詳しくない人が、パソコンのパーツショップに行って、
    マザーボード、CPU、メモリ等の組み合わせを選んで、PCを
    一から作るようなものです。
    そんな人が思いつくのが、
    服にICタグがついて、その上下の組み合わせはおかしいですとか、
    このシャツには、こちらのパンツをはいてくださいと、教えてくれる。
    店舗で上下セットで販売、
    AMAZONのリコメンドのように、この服を買った人は、こちらのパンツを
    買っていますとおすすめしてくれる。
    店舗に端末があって、今までの購買履歴から、このシャツは、以前に買った
    このパンツと組みわせるとよいですとおしえてくれる。
    このお店の服は、どれを買っても、組み合わせが上手にできます。等々
    何とかならないものでしょうか。。。。。
    大阪で私立の中高に通っておりました。
    私服での通学で、ファッションに興味ある友達は拘ってにお金をかけてま
    したが、割合でいうと1割程度。
    私たちの世代でも、結構な割合でファッションに関するノウハウに、欠けて
    いる人が居ると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です