アパレルが「定番を長く売る」ことをメインにしても業績改善しない理由

あわせて読みたい

1件の返信

  1. お気楽ニャンコ より:

    確かにその通りだなぁと共感いたしました
    無印良品が私にとってまさにソレで…
    しかし愛用していたタオルなどをリピートしようと思って行ってみたら廃盤になって、代替え品がない場合
    そのまま、相当長い間行かなくなってしまうという感じです
    今年は南さんの影響(?)もあってか4年ぶりくらいにユニクロ、GU、ZARAを覗いてみましたが
    ユニクロは縫製は◯でも素材の質の低下を感じて、相対的には割高だなぁと感じてしまいました
    GUは更に安っぽい感じで、低価格ながら魅力を感じる商品がなく
    ZARAに至ってはタダでも欲しくないと思う商品が多数
    ワークマンには定期的に時々行きますが
    私はワークマン>ユニクロと感じました
    それでもユニクロでは
    肌側綿100%のヒートテック
    ヒートテックステテコ(メンズ)
    3枚ずつ購入しました
    来年買い足すかは『色』次第でしょうか
    ユニクロのフリースやボアの生地はとにかくガッカリで…公式通販で購入しなくて良かった…
    ユニクロに関して疑問なのは
    何故通販限定のサイズ(XS、3L)等、何故サンプルだけでも店舗に置かないのかが前から疑問です
    ここまで薄利多売になり、多くの人がそれでOKとなると、今後も厳しさは続きそうですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です