「コロナ自粛解禁」「感謝祭」「+J投入」の3大要因が揃っても前年割れしたユニクロの11月度

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. ヒデ より:

    同感ですね。メンズの売り場で買いたいものはありません。GUもそうです。最近欲しいと思うのは、ワークマンのコーデュロイシェフパンツです。GUにも同じ名称の商品がありますが、ワークマンの方が素材感もデザインも数段上だと感じました。暖かくて履き心地も良いのです。値段もGUより数百円高いだけ。色のバリエーションがもっとあれば言うことなしですが、それでも気に入りました。ユニクロとGUのコラボ以外の商品は、やがてワークマンに食われるのではないかと思います。似たような商品なら、ワークマンの方が良くできているし、値段も安いものが見つかるからです。

  2. ハマオ より:

    自分がユニクロで購入するものを考えて見るとヒートテック ドライスポーツTシャツ
    UT ジョガーパンツ 3PセットのTシャツ
    ボクサーパンツ コラボ企画位ですね。
    この中で定価で買うものは3pセット位で
    後は全部値下げした時しか買わないですね
    GAP程ではないですがユニクロに定価で買うという気持ちにはなれないですね
    感謝祭もここ何年かは値引率が低く抑えられていますよね
    前はこの時に買うと凄くお得感がありましたが今は週末値下げと変わらないですね
    柳井さんは感謝祭の時に配るノベルティーが欠品する事にお客様の期待を裏切ると思っているみたいですがそこではないのではと思います
    そうしたところが微妙にお客様とズレて来てますね。
    自分はユニクロの最近の不振の原因はある女性役員が原因ではないかとみてますが

  3. 読者 より:

    たしかに今季の施策は?な感じ多かったかも。

    自分の住んでる地方では三年前だったかUのワイドチノが840円になってて(定価4300円)
    お得だと思って買ったらその後540円になりました。さらに2本追加で購入。
    地方都市でトレンドものを販売するのには限界があると思った。
    ワイドパンツなんて普通の人は穿かない。デブがさらに太るだけ。
    他方若者はKPOPの影響大で先日GUの店内でヘソ出しルックの子に遭遇。
    今の若い子は情報において都市と田舎の格差が少なく
    ファッション性高くても売れるのかも。
    ただこれは極端な例であって
    マス的にはユニクロUは南さんの指摘するように壁に当たっていると自分も思います。

    SOFH.やホワイトマウンテニアリングみたいに企画は良い感じなんだけど
    製品が質的にイマイチ感あるのをみると、コストがキツくなってるのも思うし
    現場の担当者があまり自由に仕事できなくなってるのかなとも思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です