無印良品の衣料品の苦戦は「男女兼用服」の強化が理由ではないか?

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. BOCONON より:

    「なんでどこもセットアップなんてヘンなものを売りたがるのだろう? スーツなら分かるけど、カジュアルで」と思っていたら、今度は男女兼用の服ですか・・・
    無印良品に続いてユニクロまで男女兼用服を売り出すとはオドロキだ。以前紹介したように無印良品のそれも既に物笑いのたねになっているというのに。「パジャマにはいいけどなw」なんてね。ユニクロがそれならたぶん GU でも近々打ち出すに違いありますまい。

    どうも業界全体が何を考えているのか不分明になってきたな。 画像のようなおばはんのデブ隠し見た様な、誰が着ても同じような見た目になってしまうような服が流行るとは到底思えないし,もしはやったとしたらもうファッションもへったくれもないですな。

    僕はアースカラーが好きでカーキ色や茶色(と言っても黄色っぽい茶は肌が汚く見えるので赤系の茶)の服をよく着る。だから無印良品が茶系の服を打ち出すのは歓迎のようなものですが・・・ここのシャツは異様に細身だったり短丈だったり、最近は逆にオーバーサイズ気味な感じもしたり,でどうもサイズに信用がおけない。茶系の商品を多くしたのも「たぶんユニクロと違いを出したいのだろうけれど,印象としては相変わらずデザインが迷走気味って感じしかしないな」で買う気はおきませんね。

  2. とおりすがり より:

    ユニクロのユニセックスは「メンズで作ったけどレディースとしても大丈夫だな」というような後付けのものだと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です