YouTubeの収益化のリアルな話が紹介されていた

あわせて読みたい

1件の返信

  1. とおりすがりのオッサン より:

    10万人登録の56歳元公務員現ニート(司法書士試験合格)って物申す系YouTuberオジサンの動画ちょくちょくみてますが、そのオジサンだと年に300万円くらいな感じのようですよ。広告単価自体も月によって変わるそうで、年末とかは単価上がるようです。
    あとは、動画が最後の方まで見られているか最初だけで停止されているかとか、コメント数、高評価低評価の割合、とかなんかでもチャンネルの評価が変わって広告単価に影響あるっぽいです。
    なので、単純に登録者数と再生回数だけで収益が比例するわけでもないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です