洗い加工場の豊和が新たに「自動シェービングマシン」を開発したので見学してきた話(ただし画像は無い)

あわせて読みたい

1件の返信

  1. とおりすがりのオッサン より:

    毎度、自分の業界の話ですが、「金属の切削加工なんて機械のボタン押せば簡単にできるんでしょ。プログラムだって今はCAD/CAMで自動で作れたりするんだし。」と自分が機械を動かす前には思ってましたが、実際にやるとなると、まず素材の固定方法、使用する刃物の種類、加工する順序、刃物の回転速度、移動速度等々、結構な領域が未だに職人の経験と勘と度胸wで成り立ってたりするんですよね。まぁ、その辺を標準化しようとしてる工場もありますが、中々難しかったりします。同じ工場でも職人によってコダワリがあったりして、新人もAさんに教わる時はAさん流、Bさんの時はBさん流、とかいう話もあったりしますw
    多分、服飾も相当ノウハウ多いんだと思いますが、弱小工場だと継承されずに散逸しちゃいそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です