夏服の着用期間は半年強もありダントツに長いという話(自分基準)

あわせて読みたい

1件の返信

  1. ヒデ より:

    同感です。今年は、関西ほどではないにしろ、関東も残暑が長く、10月に入っても暑い日が続いていました。南さんがおっしゃる通り、自分も5月のゴールデンウィークくらいから10月7日くらいまで、Tシャツ生活でした。暑くて長袖など着る気にはならず、リサイクルショップや古着屋でも冬服は買う気になりませんでしたね。30年以上前、10代の頃は彼岸過ぎると涼しくなり、長袖を着る気になりましたが、今は夏が長く秋は短く、いきなり冬が来るという感じなので、昔みたいに10月に衣替ではなくなってます。そのせいか、箪笥の中の服が、夏服か冬服メインになっていて、中途半端な季節感の服がなくなっていますね。そして、昔はお盆過ぎくらいには今年の秋はどんな服を着ようかという楽しみがあり、買い物にワクワクしたものですが、今は買い物に行ってもどこも似たようなものしか置いてないので、生地感がしっかりしていて、デザインがオーセンティックで、縫製がまともで、値段がいちばん安いものを買えばいいと思います。衣料品に関して物凄くケチな自分としては、最安値で買いたいのでイキった頭の軽そうな若い店員のウザい接客にイライラさせられることのない、リサイクルショップや倉庫型の大型古着屋を梯子して、徹底的に価格調査してから納得のいくものを買います。😁 時間は多少かかりますが、自分なりに納得のいくものが見つかります。結果的に、国内デパートに並ぶブランドや国内セレクトショップの商品ではなく、ミリタリー放出品、海外のワークウェアブランドの古着、ユニクロやGUの在庫処分品などを選んでいて、笑っちゃいますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です