老人向けビジネスにあまり可能性を感じない理由

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. BOCONON より:

    以前書いたかも知れませんが,たとえば4,50歳から上の男が穿いているジーンズというのはたいてい “洗い晒し” というのを通り越してぞうきんみたいになっていますね。「ああいうの,奥さんが何も言わないのかな」と思っていたけど,どうやら言っても聞かないらしい。かたくなに同じジーパン穿き続けてもう20年,なんて調子だそうで。
    その心情は僕には理解がたいけれど,たぶん世の中そういう男の方が多い気がする。僕なども「もうジジイだし,必要以上の服買っても嵩張るから邪魔なだけ(と言いつつ結構買う)」といった程度。
    それゆえシニア層取り込みなんてのも,良くてこんな「小さい百貨店ならではの苦肉の策」程度にしかならない気が僕はしています。
            ↓
    https://toyokeizai.net/articles/-/162412?page=2

  2. kimgonwo より:

    阿倍野に行って ユニクロであれこれ見ても
    「ただでも いらんわ!」とあげるとも言われていないのに悪態をつき
    ニコルを見ては 「こんなんホストやん!」とさらに悪態をつき
    スーツなんとかの スーツを手に取っても
    「こんな接着芯使ってるの すぐアカンようなるわ!」と悪態をつく
    フープに行って Tomorrow landやSHIPS に入れば
    「いいけど 高いねん!」と自分の薄給を棚に上げて悪態をつく
    ですので 60代のファッションがでれば
    「こんなジジイがきるようなん 誰が着るか!」
    と悪態をつくのは必至です

    • BOCONON より:

      新しく買うって事はあんまりしないのに,案外流行は意識してたりする…ジーサンズってそういうもんですよね。
      尻が隠れるくらいの長さの白のボタンダウンシャツ,つまり普通のワイシャツ丈のものを無理やり裾出してジーパンに合わせて着てたりしてねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です