物を売るには「営業担当者」と「見せ方」が重要

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. とおりすがりのオッサン より:

    アパレルとは無関係ですが、うちの金属加工工場でもエセコンサルタント(私を名誉毀損で訴えてきて220万払えと言ってるクズ)に「自社製品作らにゃダメだよチミ~」とそそのかされて、販路も何も無いのに自社製品開発(企業向けBtoB商品)して大失敗してますわ~w
    うちのバカ社長には「工具売ってる大手通販サイトとかに出すとかしたらどうっすか?」と提案しても「金が掛かるからダメだ」とニベもなく却下されましたが、聞いたこともない会社が作ったウン万円~100万超えの製品なんて、自社サイトで宣伝して営業マン一人が売り込んだって、買う会社はほとんど無くて、第三段で出したものは一個も売れてませんw
    ホント、中小企業の経営者はアホばっかっすw

  2. 釣りファンです。ダイワは10年前くらいにブランドを刷新して、佐藤可士和にプロデュースさせたり。 するとこれまでの釣り服にありがちなやぼったさが抜けて垢抜けて。機能性も高いので釣りをはじめたてのビギナー、若い人が好むデザインになったようです。
    ダイワはまさに釣り業界のアパレル会社?みたいなものだと思ってましたが、頷ける記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です