中小ブランドは固定客獲得を目指そう

あわせて読みたい

1件の返信

  1. BOCONON より:

    僕は個人的には(「安い服を買うのはけしからん」とはちっとも思わないけど)ネクタイの最低価格は5,000円程度だろうと思っています。むろん高けりゃいいってもんでもなくて,ダンヒルなどは販売員も陰で「くそダンヒル」と罵っているくらいで,高い割に実につまらないネクタイばかりではある。言いたいのは2千円や3千円くらいでオシャレなネクタイ選ぼうと思うと選択肢が極端に限られてしまう,という事であります。
    まぁ2千円以下のネクタイを買うような人たちは(「服装がダサい」と言われれば多分腹は立つだろうけれど)あまり「お洒落」というほどの事をしたいとは思っていないのでしょう。でもそれなら3千円,4千円程度のネクタイを買う人も実際のところ2千円以下の人と大した違いがあるとは思えない。逆に,僕自身を含め百貨店で時々買い物するような層は「たまたま目について気に入った」と云った場合でもなければ,特に3千円やそこらのネクタイを探してまで買おうとはしないと思われる。

    以上の推測が正しいとしたら,南さんの仰言る「1,900円より高価なネクタイの “固定客” 」になってくれそうな人たちというのはどういう層を指しているのか正直僕には判然としない。さらに言うなら「差別化」というのも具体的にはどういう事を指しているのか,もあまりよく分からない。僕に思いつくのはせいぜい「セットアップスーツ用の合わせ易い無地のニットタイをどうぞ」とか「《鬼滅の刃》等アニメコラボ(痛)タイ」と云った程度であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です