繊維業界紙の興亡

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 落ちぶれバイヤー より:

    97年は団塊ジュニアが27から22歳と可処分所得がもっとも高い時期でしたからね。まだeコマースも、ファッションビルも弱かったので、百貨店が婦人服2フロアから3フロアに広げ、月坪100万売ってました。赤文字系雑誌に掲載した商品は各百貨店取り合いでしたね。

  2. たまも より:

    「繊維ニュース」を十数年来購読しています。
    早い時点で苦しくなったと思いますが、産業資材・不織布・ユニフォームに強い媒体なので、ここに来ての落ち込みは小さいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です