インドで大規模なオーガニックコットンの不正認証が発覚

あわせて読みたい

1件の返信

  1. BOCONON より:

    最近炎上騒動を起こしたナイキとかパタゴニアとか,エコやリベラルを売り物にしている企業というのは陰で何をやっているやら知れたもんじゃありませんね。彼ら “良心的” な企業は得てして人種差別主義者だったりする。オーガニックなんてのも,発展途上国のひどい低賃金労働がなければ採算が取れるわけもない。10年ほど前南さん自身がここでお書きになった,無印良品のオーガニック偽装(と敢えて言いましょう)とかも。そもそもこのご時世(ごく一部の肌の弱い人等以外には)オーガニックである事なんて訴求力ゼロに近い。無印良品の服が質素に見えて変にひねったデザインだったりして迷走気味なのもこういう事と無関係ではない気がする。既製服なのに袖が本切羽で直しが非常に高くつくツイード風ジャケットとか,防寒衣料なのに丈を短くして「カッコ良く」したフリースジャケットとかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です