試作反とサンプル縫製を省略することで「大量生産と在庫廃棄が回避できる」というロジックが意味不明

あわせて読みたい

1件の返信

  1. とおりすがりのオッサン より:

    コンバトラーVかっけ~!
    って、ホント、ものづくりの素人はCAD/CAM(コンピュータ支援設計/コンピュータ支援製造)とか使えば、ボタン一つでモノが出てくると本気で思ってるから怖いっす。
    CADなんてお絵かきするのを助けてくれるだけで(3DCADとかだと大分違うけどw)、CAD使ったからって出来上がるものには差が出るわけじゃないんですけどねぇ。潰れかけのうちの金属加工工場じゃ、作業員ごとに加工プログラムもバラバラで、確固に独自にやりやすいやり方で造ってるのに、現場を全然知らないアホな社長はそこを統一することもせず「CAD/CAMでプログラムを自動で作って効率化する!」なんて言いはじめて500万くらいのソフト買ってましたが、結局作業員は殆ど使わず宝の持ち腐れになりました。私は、最初から無理だから止めとけと言ってたんですが、経営者ってのは変なコンサルタントの話は鵜呑みにするのに、下っ端従業員の話は聞かないんですよねぇw
    ちょっと前には、自分の会社の存続が危ういのに「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の重要性が叫ばれている」なんて話を始めてて呆れました。いやいや、お前の会社が潰れそうじゃんかよ、とw
    世の中のダメ企業のシャッチョさんはどの業界も、なんで横文字とか流行りモノに弱いんでしょうねぇw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です