百貨店がイノベーターでなくなった理由の一つとは?

あわせて読みたい

1件の返信

  1. BOCONON より:

    僕思うに,百貨店には昔で言えばヴァンヂャケット,割と最近で言えばサントリーの洋酒等みたいな問題がある気がします。つまり「欧米にはこんなお洒落なものが(ブランドが)あるので紹介します。でも高価だから私たちがお安く提供しますよ」という商売のやり方が古くなってしまった,という・・・
    かつての高島屋のP.カルダンやサンヨーのバーバリーもそのたぐいで,しかし今は洋酒もバーバリーも本家本元が直接入ってくる時代ですからね。買える人がどれほどいるかはとも角。お酒も売れるのはビールより発泡酒だし。
    もっとも割合最近「お洒落な洋物紹介業」で成功したものもある。例のセレクトショップって業態。僕はイタものは好きじゃないですが,もしかしたら百貨店こそあれをやるべきだったのかも知れない。まあSSももう盛りを過ぎた感じですが。
    「よりラグジュアリーに特化せよ」というのはねえ・・・以前池袋西武の高級化指向について書きましたが,ラグジュアリー/ハイブランドなら銀座や丸の内の直営店に行けば済む話ですからね。「誰が池袋なんぞで…」という気がどうしてもしてしまいます。

      嫁さんになれよだなんて発泡酒飲みつつ言うなこの貧乏人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です