繊維製品のリサイクルは経済的に見合わないためリサイクル率が低い

あわせて読みたい

1件の返信

  1. BOCONON より:

    「リサイクル」できるものとか「再生可能エネルギー」なんてものは実質ほとんどないも同然ですね。
    昔からあるものなら別です。古紙や鉄屑,あるいはホームレスが集めて来る空き缶や古雑誌…と云ったもの。当たり前の話で,それが金銭的に引き合う=儲かるようなものなら,改めて国などが奨励しなくても誰かが既にやっているに決まっていますからね。
    たとえば太陽光発電なんてのも本当は効率が悪すぎて使い物にならない(晴れた日の昼間しか発電出来ない上にごく一部しか電気に変換できない)。余剰電気買い取りも補助金もなくなった今になってあんなものを屋根の上や空き地で始めるような奴は大馬鹿野郎で,遠からず物笑いのタネになること必定であります。
    スーパーでポリ袋くれなくなったのも本屋がカバー紙をケチるようになったのと同断で,まことに迷惑な話だ。「地球温暖化なんてものが本当に問題だと思うならダラダラくだらないTV視てるんじゃない」「近所のコンビニ行くのにクルマかよ」でありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です