MENU

南充浩 オフィシャルブログ

糸を雑貨店で販売してみては?

2012年8月29日 未分類 0

 最近、糸メーカーと知り合う機会が増えた。
彼らは生地メーカーに糸を販売することを主体としている。
生地メーカーはその糸で生地を製造し、アパレルや商社に販売する。

糸メーカーの方々に話を伺うと「我々は生地メーカーに販売することしかできない」という答えが返ってくる。
たしかにそれが一番王道だとは思うが、業績が伸び悩んでいるなら、まったく違う販路を開拓してみてはどうだろうか?

これまでからも手芸用品店などに販売されたことはあったかもしれないが、それをさらに一歩進めて雑貨店や100円ショップなどへの販売を模索してみてはどうか。

現在、無期限休業中の雑貨ショップ「タイガー」の内覧会にお邪魔したとき、けっこう広めのスペースで糸やリボンが売られているのを見た。
「タイガー」らしくカラーバリエーションが豊富で、ビビッドなカラーが多い。くすんだような色はあまりなかった。

IMG_0463

IMG_0477

(タイガーで販売されている糸)

日本の雑貨ショップでも糸をこのような形で販売することは可能なのではないかと思う。

生地に関しては「メイドインジャパンの物が欲しい」という手芸ファンが数多く存在する。
国内でもいまだに糸を製造しているメーカーがある。(原料の綿花などは輸入だが)
これを「メイドインジャパンの糸ですよ」とそういう消費者層に販売することは不可能だろうか。

先日の「タイガー」内覧会でそんなことをふと思った。

Message

南充浩 オフィシャルブログ

南充浩 オフィシャルブログ