廃番セール品を買い戻したリーバイス

あわせて読みたい

1件の返信

  1. hidezumi より:

    こんにちは。一般コンシューマなのであまり参考にならないかもしれませんが。
    先日古着屋でジーンズを買いました。一応、ジーンズ屋で探したのですが、Right Onには、Made in Japan(でしたっけ?)、Levi’s, Edwinなどしかなく、Levi’sは501ばかりが並んでいます。(細かな違いはあるみたいですが)股上が浅い(いわゆるローライズ)で薄い色のジーンズを探していたのですが、お店の人にうまく話が通ませんでした。ということで「こんな感じ」と写真を持って行ったのですが、やはり話が通じませんでした。よく話を聞いてみると、ジーンズはEdwinとLevi’sしか知らず、Edwinと比べるとLevi’sの501は股上が浅いので、「Levisの501は股上が浅い」と思い込んでいるみたいでした。腰履きにするときには、落として履くのだそうです。(まあ、そういうやり方はありますわね)どうやらお店を離れて服を選ぶほど服好きということではなさそうでした。Levi’sには高級なイメージがあるそうです。
    一方、古着屋にゆくと501はあふれていて、いいかんじに使用感のあるものが売られていたりします。市場の流通在庫って実はセカンドハンドも含まれているということを考えると、整理って難しいですよね。自分で商品知識を仕入れてこうしたものから選ぶか、服好きの多いちょっと高級な古着屋の方が話が通じます。(多分、査定したりする関係でいろいろな情報に接するのだと思いますが)
    ぐだぐだと書きました。何がいいたいかというと、流通在庫を整理しただけではダメで、流通現場がお客さんを取り戻す努力をしたほうがいいんじゃないかなあと思います。結局嗜好品なので「好きな人」と情報交換したいと思ってしまうからです。
    結局、イタリア製のローライズを買いました。なんだか女性ものっぽい気がしますが、よく分かりません。かなり安かった(ユニクロのバーゲンよりも安い)ので、こういうのは流行じゃないのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です