リサイクル素材の理想と現実

あわせて読みたい

1件の返信

  1. AA より:

    記事の内容はごもっともですが、だからこそGRSやRCSという認証制度が存在しています。
    ナイキやアディダス(存じないですがおそらくFRも)等の大手ブランドはリサイクルを謳う原料の調達に関してはこの認証を得ているサプライヤーに限定しています。
    欧州の認証ビジネスには辟易するばかりですが、こういう話を聞くとある程度の存在価値を認めざるを得ませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です