オゾックとアクアガールの廃止で一時代の終焉を感じた話

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ハマオ より:

    オゾックはやっと終了になったかというのが感想ですね
    2000年代前半にはもう存在価値がなくなっていましたね
    ただ経営的に聖域になっていただけですね
    ハッシュやサンカンシオンは時代的にその市場がなくなりましたね
    コムサイズムが駄目になったように

  2. gonwookim より:

    以前WSPの方々と仕事をしたことがあります
    いずれも方も クレバーでスマート
    とても仕事がやりやすかったです
    また 人柄も地に足ついた印象でした
    アパレルに多い イケイケ感は皆無でした
    ただ 思ったのは この人達はアパレルでなくても
    何でも売れるだろうな 
    とってもいいんだけど ちょっと違うかな…
    でした 失礼ながら
    今回のブランドの整理は当然の結果だと思います
    若い女性みてたら 金曜日はおしゃれして
    今夜は合コンですよ なんて人も見かけませんからね
    ダボダボのパンツでOKですよ 今や
    ワールドの醸し出す世界は最早 不要でございます
    ワールドエレガンス ワールド
    細川俊之です 遠くなりにけり ですね…
    ♪ラララ ワールド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です