大型バッグの利便性の高さを再認識した話

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. とおりすがりのオッサン より:

    レジ袋ってポリエチレンで作るそうですが、石油を精製すると、使い道の多いポリエステルとかよりポリエチレンのほうが大量に作られちゃうそうで、レジ袋だけ使わないようにするとポリエチレンが余っちゃうとかいう話もあるそうっすね。あと、可燃ゴミの中にレジ袋がある方が燃焼剤になってよく燃えるそうで、最近は燃やす時に燃料足したりしてるという本末転倒なことも起きてるとか。真偽は不明ですけど。

    • BOCONON より:

      ゴミにペットボトルも少しは混じっていないと燃えにくくて焼却場が困るらしいですねえ(笑)。ガキっぽい事を敢えて言えばこの手の問題,本気で考えるなら例えばまず不要不急の場合はクルマ乗らないようにしなきゃ…といったようなもんで,結局はみんなおカネ/ショウバイの問題に過ぎないと僕は思ひます。

      で,大きいバッグですがそうさな,昨今電車の中でリュックサックやデイパック等が邪魔がられる傾向が顕著で,よく駅で「前に抱えろ」ってポスターを見かける。それゆえ南さんはどうだか知らないが,僕はよく電車に乗るので,あんまり流行りそうな感じはしませんね。
      僕としてはどっちかと言えばキャリーバッグが邪魔で仕方がないけど,持って歩いてる人は案外得意げであまり周囲に気を使っているようにも見えない有様だから,こっちの方が流行るかも知れない。試しに推してみては如何? 責任は持てませんが(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です