南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

ブルーベルマーケット

定着期に移行したナチュラル系

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 定着期に移行したナチュラル系
 「雲ガール」という言葉を流行らせようとして、広告代理店だか仕掛け人だかがゴリ押ししている感じがするので非常に不快である。

「○○ガール」「○○女子」「○○男子」という用語を次々と生み出してはいるものの、大半は定着せずに消え去っている。最たる例は「弁当男子」「パパ男子」あたりだろう。

ファッションの世界で一番最初に注目されたのは「森ガール」だが、最近はこの用語もさっぱり聞かない。服装で見ても「森ガール」スタイルそのままの女性はあまり見かけない。そのテイストをどこかに採り入れたスタイル全般が「ナチュラル系」として集約されたように思える。

さて、その「ナチュラル系ファッション」なのだが、ジャンルのひとつとして定着した感じがあるが、ブームは過ぎ去ったのではないか。

なぜそのように考えるかというと、廉価版ブランドが続々と参入しているからである。
その代表例は「無印良品」だろう。
ユニクロよりもナチュラルテイストの強い無印良品は、ナチュラル系カジュアルの最廉価版だと捉えている。
カットソーで1900~2900円が主力となる。

また今春からジーンズメイトが新業態として開始したレディースショップ「ブルーベルマーケット」も規模は小さいが廉価版の一つに数えても良いだろう。
他社ブランドの仕入れ品もあるが、オリジナルのカットソー類は2900~3900円くらいである。


P4271226

(ドミンゴの「ブロカント」)




P9231627

(ジーンズメイトの新業態「ブルーベルマーケット」)





こういう廉価版が拡大するとそのブームは終焉を迎え、定着期に移行する。
稀に廉価版の登場でブームが終わり、そのまま消え去るファッションもあるが、ナチュラル系はこのまま定着すると見ている。


なぜなら、ナチュラル系は幅広い層の女性が着用できるからである。
10代後半~50代、60代の女性が着用が可能だ。
年配の女性が10代、20代と同じ服装をすると違和感を感じることが多い。
セクシー系や109系の服はその代表選手として挙げられるだろう。

セクシー系や109系ファッションに身を包んだ50歳前後の化け物みたいなオバチャンを天王寺界隈で目にすることがあるが、正直「オエっ」となる。

しかし、ナチュラル系は50代でも60代でも違和感がない。
むしろ、お洒落な年配の方という印象がある。



10年来の付き合いのあるデザイナーさんによると
ナチュラル系ファッション雑誌がここ数年で雨後のタケノコのように創刊され、一時期は大型書店でも「ナチュラル系コーナー」が作られていたが、昨年あたりからコーナーを目にしなくなったという。

ナチュリラ、リンネル、クウネルあたりまでは認識しているが、よくわからない類似雑誌もその後続々と創刊されており、そのどれもこれもが同じに見える。
雑誌名はちがうものの、表紙のデザインや誌面のレイアウトはどれもが似ている。
さらにナチュラル系ファッションが一般層に広がるに従って、広告出稿しているのは廉価版ブランドばかりになっている。

これらの影響で、雑誌販売部数にも陰りが出て、専用コーナーがなくなったのではないだろうか。

コーナーが無くなったということはブームとしてはピークアウトしたということになる。
これから年配層にさらに広がりを見せ、定着化するだろう。


しかし、ナチュラル系の服装をしたオバちゃんが増えるのことは歓迎したい。
何十年も勘違いしたままセクシー系やカワイイ系に身を包んだオバちゃん達の数が減るのだから。





残り時間が少なくなったジーンズメイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 残り時間が少なくなったジーンズメイト
 あまり報道されていないので、あらためて採り上げてみる。
9月9日にジーンズメイトの業績予想が修正された。はっきり言えば「下方修正」である。
これに伴って、2012年2月期決算も下方修正されている。

2012年2月期の当初予想は

売上高125億円
営業損失4億5000万円
経常損失4億4500万円
当期損失13億円


だった。

これを

売上高118億4000万円
営業損失2億2000万円
経常損失2億円
当期損失11億円


に修正した。
赤字幅はやや縮小されているが、逆に売上高は減っている。


ちなみにジーンズメイトのピーク時には300億円前後の売上高があったから、もはや半分以下に縮小している。

苦戦の最大の原因は基幹業態である「ジーンズメイト」店の不振である。
ジーンズメイト各店の店頭を見るに、旧来型ジーンズカジュアルショップの域を出ていない。
同じく全国チェーン店であるライトオンの店頭と見比べるとその差は歴然である。かと言ってライトオンの店頭が特別に上手い作りをしているわけではない。ただ、現在のトレンドの潮流の範疇内にそれなりに止まっているというレベルである。

ジーンズメイトの店内に潜り込んで一つ一つの商品を吟味して見比べてみると、意外に掘り出し物がある。
それが590円とか990円で投げ売られているのであるから、お買い得であり、ある意味「穴場」といえる。

しかし、内装も含めた店作りが現代にマッチしておらず、バブル期のジーンズ店からほとんど変わっていない。さらにジーンズメイトは自らの存在価値を「安売り」にしか求めていない。

今の消費者にとって「安い」ということは一つの目玉にはなるものの、「安物ブランド」全体が底上げされており、従来型の「ただ単に安い」というブランドでは太刀打ちできない。
金森努さんも原稿で述べられているが、一口に「安い」と言っても、ベーシックで高品質が欲しければユニクロに行く。
また、品質はさておき、トレンドアイテムが欲しければH&M、ZARA、フォーエバー21に行く。
さらにアメカジが欲しければGAPの安売りコーナーで十分であるし、タマヤとかハニーズとかポイントとかリオチェーン、ウィゴー、しまむらなど国内のトレンド型安売りブランドも掃いて捨てるほどある。


これらブランド群に対して、ジーンズメイトが「安さ」以外の要素で勝っている部分があるだろうか?
残念ながら今の時点では一つも見当たらない。

そんなジーンズメイトが重すぎる腰をやっとこさ上げて、今年からメンズのナチュラルトレンドショップ「PLAINN(プレイン)」と、レディースのナチュラルカジュアルショップ「ブルーベルマーケット」を立ち上げた。
実際に店頭を見たが、ジーンズメイトとはどちらもイメージを一新しており悪くない印象である。
しかし、出店速度が遅い。プレインが現在4店舗、ブルーベルマーケットが3店舗である。

画像 001

(プレインの店頭)

画像 067

(ブルーベルマーケットの店頭)







個人的にはこの2業態を育成することで、基幹業態「ジーンズメイト」がリニューアルされることに唯一の希望を見出している。

ただ、経営陣の施策を見ていると、まださらなる安売りに注力したいという意思を感じるのだがうがち過ぎか?

格安雑貨店「ハッピードア」と、在庫安売り店「ワケあり本舗」のこの2業態を強烈に推進したいという姿勢が見える。残念ながら格安雑貨ならすでに各社の100円均一店もあるし、300円均一店もある。今更この市場に進出するのは得策ではない。また在庫安売り店はあくまでもアウトレットであり、しかも店名自体がファッション店であることを否定している。


プレインとブルーベルマーケットを上手く育成できれば、と考えていたが、ジーンズメイトの持ち時間はどうやら残り少なくなってきたようだ。

ライトオンとジーンズメイトの6月売上速報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ライトオンとジーンズメイトの6月売上速報
 関西は6月20日の月曜日まで冷涼な気温が続いていたが、
翌日火曜日からいきなり夏日が始まり、ついに猛暑日に突入してしまった。
天気予報で見ると、東京は先週も涼しい日があったようだが、いよいよ最高気温30度越えが続くようになってきた。


ライトオンとジーンズメイトの6月売上速報が先日、発表された。
5月21日~6月20日までの1ヶ月間の商況であり、涼しい気温が続いたため、両社ともに厳しい数字となった。

ライトオンは
既存店売上高が前年比13・0%減
既存店客数が同16・8%減
既存店客単価が同4・6%増


ジーンズメイトは
既存店売上高が前年比19・4%減
既存店客数が同31・7%減
既存店客単価が同18・0%増


だった。

この期間は梅雨寒だけでなく、6月16日からのセール開始を待つための買い控えもあり、
プロパーで夏物が動きにくかったのは事実である。

しかし、ジーンズメイトの客数減少幅は酷過ぎる。
以前にも書いたように「客数」と示されているが、
これは「入店客数」ではなく「買い上げ客数」である。
買い上げ客数が3割以上も減っているということは、消費者の支持を失っていると見なさなくてはならない。
かなり厳しい状況だ。

ジーンズメイトは、新業態としてメンズの「PLAINN(プレイン)」とレディースの「ブルーベルマーケット」を開始している。「プレイン」が4店舗、「ブルーベルマーケット」が2店舗なので育成途中である。
両店ともにジーンズメイト本体とは一線を画したナチュラル系カジュアルを提案しているものの、店舗規模が小さいためにメーカーからの仕入れ品に頼らざるを得ない。
また、テイストが異なるにも関わらず価格はジーンズメイト並みに低く抑えられている。

ゆくゆくは、ジーンズメイト本体をメンズコーナーを「プレイン」に、レディースコーナーを「ブルーベルマーケット」に改装するのではないかと推測している。
ただ、大々的な改装まで、ジーンズメイトという事業が維持できるかどうかは、難しい局面に突入したのではないかと思う。
PR
PR

PR






記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード