南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

ブルーウェイ

ブルーウェイブランドが今秋から正式に復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ブルーウェイブランドが今秋から正式に復活
 昨年6月に倒産したブルーワークスカンパニーが展開していた国産ジーンズブランド「ブルーウェイ」と国産スラックスブランド「コントライバンス」の復活が正式に決定した。

昨年倒産したブルーウェイのブランドが復活
https://www.wwdjapan.com/fashion/2016/08/16/00021246.html


といっても、ブルーワークスカンパニーという会社が復活するわけではない。
元ブルーワークスカンパニーの社員が商標権を取得して、今後は企画製造・販売を行うということである。

元ブルーワークスカンパニーの中田直樹氏が、かつての得意先からブランド消滅を惜しむ声を受けて、新会社はね(東京)を設立し社長に就任。今年6月から「コントライバンス」のテスト販売を開始していた。今後は同ブランドの企画・製造、および「ブルーウェイ」の関東地区での卸売りを営業代行として行う。また、元同社の営業部長であり、両ブランドの商標を所有する山本聖人氏は、新会社じんくら(広島)を立ち上げ、西日本で卸売りを担当する。

という経緯だ。

実は今年の6月くらいから「ブルーウェイ」の新商品が出回っているという情報を耳にしていた。
正式に復活したという報せは受け取っていなかったので、おかしいな?と思いながら、もうすぐ正式にブランドが復活するのではないかと推測していた。

もともと昨年6月に倒産したブルーワークスカンパニーだが、その後、同業の何社かが商標獲得に手を挙げたという噂を耳にしていた。
その中の三備地区の某量販店向けカジュアルパンツメーカーがもっとも商標取得に熱心だとも聞いていた。

まったくの第三者的立場から見ると、その某社は旧ブルーウェイの本社とも近隣にある上に、主力商材は1900~4900円の量販店向けの低価格カジュアルパンツであることから、7900円以上の高価格帯のブルーウェイの商品を扱うには打ってつけだった。
自社の主力商品とまったく被らないから住み分けしやすく、新販路獲得もしやすい。
部外者としてはその某社で決まりだろうと勝手に思い込んでいたが、元社員が商標を獲得するというのは予想外だった。

しかし、心情的に考えれば、商標に愛着を持っていた元従業員が獲得するほうがしっくりとくる。

今後の商況がどうなるかはわからないが、ブランドにとっては一番良い結果だったのではないかと思う。

ただ、正式に復活したといっても、商品の供給過多な状況下において、売れ行きが易々と伸びる可能性は低い。
コツコツと小さい売上高を積み重ねるという売り方になると見たほうが良いだろう。

今回、復活発表に先立って、株式会社はねの中田社長から「コントライバンス」のトラウザーをサンプルでいただいた。
濃紺ストレッチデニム素材とカラーストレッチピケ素材があったのだが、ストレッチデニム素材を送っていただいた。

サイズはL(32インチ)を選んで正解だった。
ストレッチ素材ということもあって、ウエストはおそらくM(30インチ)でも合ったのではないかと思う。
なぜなら少し伸びるからだ。

FullSizeRender




しかし、筆者の太ももとふくらはぎは太い。
Lでも意外にピタっとするが、Mならレオタード状態になってしまっただろう。

太短い脚のおっさんがシルエットを露わにするのは、他人が見て気持ちの良いものではないだろう。
筆者自身もわざわざそんなものを他人に露出したいとは思わない。

デニム素材だが、表面はフラットで変な凹凸感はない。
中田社長に聞くと「通常のデニム生地なので洗濯を繰り返すうちに色落ちする」そうだが、わざわざ説明せねば、洋服に詳しい人以外はこれがデニム生地だとはわからないだろう。
それほどにフラットな表面感である。

組成は綿98%・ポリウレタン2%だが、表示から予想するよりもストレッチ性は高いように感じる。

丈は8分丈で今風である。

デニム生地特有のズッシリ感もなく、むしろ、合繊が含まれているかと思うくらいに軽さがある。

いわゆるオフィスカジュアルにも着用が可能だ。

今後、色落ちするとどういう見え方になるのか穿き込んで実験してみたいと思う。

ウェブサイトでも通販が開始されているので気になる人はこちらを見てもらいたい。

http://contrivance.jp


さて、ブルーウェイの歴史について検索してみたがウェブ上では出てこない。
そこで昭和63年発行の古い業界誌を引っ張り出してみると、創業は昭和24年とあるから、1949年になる。

ここからは推測だが、この時期に日本では国産ジーンズは誕生していない。
日本で国産ジーンズが作られるようになったのは1960年代以降である。
それに際して、作業服メーカーや学生服メーカーがジーンズメーカーに転身している。
ブルーウェイも創業当時はそういう被服を扱っていたのだろう。

その後、93年にインポートブランドを扱う関連会社としてブルーワークスカンパニーが設立される。
ジーンズチェーン店が相次いで倒産するなどして、ブルーウェイの業績が年々低下し、2012年にブルーワークスカンパニーがブルーウェイを吸収する形で事業を継続した。
しかし、その後も業績の悪化は止まらず2015年6月にブルーワークスカンパニーも倒産した。


それにしても昔はもっとたくさんのジーンズメーカーがあった。
ちょっとページを繰ってみると、フジタツ、ドット、大石貿易、日本ハーフ、サンダイヤアパレル、帝人ワオなどの社名が並んでいる。

各社の年商を見ると最低でも10億円を越えている。
ジーンズをやっていれば儲かった時代だったというわけだ。

作りさえすれば売れていたのが70年代と80年代だった。
一転したのが90年代後半からで、現在の状況に至る。

仮に75年に創業したメーカーがあったとして、不況が押し寄せたのは97年ごろだから、優に22年間の猶予があったといえる。
前半の15年はイケイケドンドンだったとして、残り7年間で社内体制を一新することはできなかったのだろうかと部外者としては疑問に感じる。

しかし、筆者がもし75年当時の社員だったとして、97年に不況が押し寄せても「変わらなければ生き残れない」などとは考えられなかっただろう。
当然経営者も同じだっただろう。

その結果、2000年に入る前に多くのジーンズメーカーが淘汰され、2000年代になってもまだ淘汰が進んだ。

先ごろ、WWDで恒例のジーンズ特集号が発売されたが、ナショナルブランドのジーンズメーカーとして掲載されているのはエドウインとリーバイ・ストラウス・ジャパンだけである。
あとは年配の人なら耳にしたことがないようなインポートブランドやSPAブランドばかりである。

筆者が業界紙でジーンズ関係を担当したのが98年だから、たった18年でガラっと様変わりしたということになる。

ブルーウェイブランドの復活とともに改めて「昭和は遠くになりにけり」だと感じた。







「ブルーウェイ」ブランドの破産で従来型の「ジーンズ業界」は完全に消滅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 「ブルーウェイ」ブランドの破産で従来型の「ジーンズ業界」は完全に消滅
 国産の老舗ジーンズブランド「ブルーウェイ」を企画製造販売していたブルーワークスカンパニーが自己破産を申請した。
負債総額は9億4800万円。

筆者が見た97年から現在までのブルーウェイというジーンズメーカーの推移をまとめてみたい。


もともとはブルーウェイというメーカーがあり、その関連企業でインポートを担当する会社としてブルーワークスカンパニーは設立された。

帝国データバンクによるとブルーワークスカンパニーの設立は93年である。
筆者が業界紙に入社した97年にはすでにブルーワークスカンパニーは存在していた。

そしてブルーウェイは当時、ナショナルブランドに次ぐ規模の準ナショナルブランドというのがジーンズ業界での位置づけだった。

東京商工リサーチによると、そのブルーウェイはピーク時の平成6年(1994年)2月期には売上高が81億9657万円もあったという。約82億円である。
筆者が入社した97年当時はピークよりは売上高が減少していたものの、70億円台だったと記憶している。
筆者は2003年まで定期的にブルーウェイを取材しており、その間の売上高は50億円~60億円台を推移していた。
ピーク時よりも減少していたとはいえ、それほど悪い数字ではない。


しかし、そのあたりから売上高が急速に減少することになる。
原因の一つには全国展開していた大手ジーンズ専門店が何社も倒産したことである。
三信衣料、フロムUSA、ロードランナーなどである。
また地域チェーン店のアイビー商事も倒産したし、アメリカ村の老舗店舗「サンビレッジ」も閉店してしまった。

倒産はしていないが、かつて一世を風靡したジョイントも規模を大幅に縮小したし、レオはマックハウスに吸収されてしまった。

またライトオンとの取引も中止した。
これには、商品買い取りを巡る双方の思惑が異なったためだと当時のブルーウェイ側から聞いている。

さらにいえば、仕入れ型ジーンズチェーン店だったポイントはSPAチェーン店へと業態転換している。
三信グループのジグ三信は、セレクトショップ「アーバンリサーチ」へと業態転換し、今ではSPAも展開する複合企業へと成長している。

こう列挙してみるとジーンズ専門店はまさに死屍累々で、ポイントのSPAへの完全転換と、アーバンリサーチのセレクトショップ化は見事なものだったといえる。

そういう業界情勢の中で、ブルーウェイは売上高を低下させており、筆者の目には縮小均衡を狙っていたように見えた。

しかし、それもどうやら思惑通りには行かなかったようで、平成24年(2012年)9月にブルーウェイの国産ジーンズ企画製造販売業務をブルーワークスカンパニーが吸収し、ブルーウェイという企業は2014年5月にジェイ・プランニングに商号変更し、今年解散している。

ブルーウェイブランドを引き継ぎ、インポート事業と二本立てになったブルーワークスカンパニーだが、


25年6月期は売上高約11億1800万円、26年6月期は売上高9億9898万円を計上したが収益は低調に推移していた。資金運営でも、事業とともにグループ会社から引き継いだ借入金が負担となっていたうえ、海外ブランド品の契約継続が困難となったことで先行きの見通しが立たなくなり、今回の措置となった。
とある。

国産ジーンズとインポートブランドの両方を合わせての売上高だから、その一方ずつがどれほどだったかは推して知るべしだろう。

ところで、帝国データバンク、東京商工リサーチともあげている「海外ブランド品との契約継続が困難になった」というのは「スコッチ&ソーダ」というブランドのことであろう。

ブルーワークスカンパニーの最晩年の主力ブランドは「スコッチ&ソーダ」だった。
売上高は大きくなかったがセレクトショップでは注目されていた。
しかし、その「スコッチ&ソーダ」は今秋冬から伊藤忠商事が独占輸入することになり、それをコロネットが販売することになってしまった。

http://www.fashionsnap.com/news/2015-02-10/scotch-soda-itochu/

今年2月の発表である。

当然、ブルーワークスカンパニーはどうなるのかという心配が沸き起こったが、昨年11月末以来、筆者とは没交渉になっていたため確認するすべもなかったが、結果だけを見ると代わりのブランドは見つけられなかったようである。


かつて、エドウイン(リー含む)、ラングラー、ボブソン、ビッグジョン、リーバイスという大手ナショナルブランドがあり、準ナショナルブランドとしてブルーウェイと「スウィートキャメル」のタカヤ商事があった。

大手ナショナルブランドはいずれもピーク時売上高は100億円を越えており、準大手も80億円~90億円という売上高があった。
そして、今回のブルーワークスカンパニーの破産によって、経営破綻していないのは、リーバイ・ストラウス・ジャパンとタカヤ商事だけになってしまった。

とはいっても、リーバイ・ストラウス・ジャパンもリストラに次ぐリストラを繰り返しているし、タカヤ商事も事業部の再編統合を繰り返しているから決して無傷ではないし、ともにピーク時に比べると大きく売上高を低下させている。

エドウインが伊藤忠商事の子会社化されたことは記憶に新しいが、ラングラージャパンはVFジャパンに名称変更後すぐさま解散している。ボブソンは一度完全に倒産してから親族が再起している。ビッグジョンも実質経営破綻し、現在は官民ファンドの管理下にある。

結局、97年当時にあったジーンズメーカーで現在まで無傷で残っているのは、大手ナショナルブランドや準大手よりもはるかに売り上げ規模が小さかったベティスミス、ジョンブル、ドミンゴくらいである。
いずれも売上高が20億~30億円内外を推移しており、50億円を越えたことはない。


このうち、ベティスミスは自社国内工場と中国工場を上手く併用し、SPAブランドから中価格帯のOEM生産を請け負ったり、自社デニムバッグの新幹線車内販売や、JR西日本とタイアップしたオーダージーンズ付のツアーなど個性的な取り組みで脚光を浴びている。

ジョンブルは、トータルブランド化と直営店化でそれなりの存在感を業界に示している。
ドミンゴも順風満帆ではないが、パンツ専門ブランドとしてはセレクトショップや専門店からはそれなりの評価を得ている。

そして、この3社の共通点は早い段階で大手ジーンズチェーン店との取引をやめており、セレクトショップや専門店との取引に移行していた点にある。
そのために大きく売上高を伸ばすことはなかったが、それなりの評価を業界内で得たといえる。
反対に大手や準大手は大手ジーンズチェーン店との取引が多かったため、その販路が衰退すると売上高を大きく減らすことになり、それが経営破綻の一因にもなっている。

いやはや、何が災いとなるかは本当にわからないものである。

これで完全に従来の「ジーンズ業界」という業界はなくなってしまったといえるだろう。
今も専業メーカーはあるが、いずれも小規模だし、大規模な売上高を目指すならSPA企業や大手セレクトショップとの結びつきが不可欠になってしまっている。
これまでのようにジーンズ専門店チェーンと百貨店・量販店の平場ジーンズ売り場だけを相手にしていられる状況ではない。


それにしてもブルーウェイとブルーワークスカンパニーは目の付け所が良い企業だった。

例えばGスターやストーンアイランドを最初に輸入し、独占販売していたのはブルーワークスカンパニーである。
また、ブルーウェイは他のジーンズ専業メーカーに先駆けてすでに90年代前半に自社直営のセレクトショップ「no seasons」を最大で全国で10店舗前後を展開していた。
取扱いブランドは「ブルーウェイ」に加えて、ブルーワークスカンパニーが当時輸入窓口を務めていたGスターやストーンアイランドである。

天王寺MIOにも店舗があった。
MIO店は長年見てきたが、店作りやディスプレイはそれほど悪くはなく、上手くまとめている印象があった。
ブルーウェイの直営店舗だと知らない人も多かった。
というか、当時の風潮として、卸先の大手チェーン店に気兼ねして大々的に公表しないというものもあった。

結局、どちらも今はないから、目の付け所と発想力は良かったが、運にも恵まれず育てるのが上手くなかったということになる。


おそらく、他のメディアでブルーウェイの変遷をまとめる記事はそうないだろうから、業界の参考のために、筆者が97年から見聞きしたことを断片的ではあるがまとめさせていただいた。

505 レギュラーフィットショーツ メンズRight-on,ライトオン,34505-0116,Levi's,リーバイス05P04Jul15
505 レギュラーフィットショーツ メンズRight-on,ライトオン,34505-0116,Levi's,リーバイス05P04Jul15

511コミューター メンズRight-on,ライトオン,19151-0017,Levi's,リーバイス05P04Jul15
511コミューター メンズRight-on,ライトオン,19151-0017,Levi's,リーバイス05P04Jul15

502レギュラーストレート メンズRight-on,ライトオン,00502-0430,Levi's,リーバイス05P04Jul15
502レギュラーストレート メンズRight-on,ライトオン,00502-0430,Levi's,リーバイス05P04Jul15

色あせても破れても着用できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 色あせても破れても着用できる
 先日、イタリアのジーンズカジュアルブランド「GAS」の来春夏展示会にお邪魔した。

そこでこんな記事にまとめさせていただいた。

http://a-mp.jp/article.php?id=1172

欧州ではブリーチジーンズとリペア加工ジーンズが最注目されているのだという。
シルエットは相変わらずスキニーとスリムテイパードで、こちらはここ数年変わらない。
シルエットが変わらないから色や加工での変化に注目が集まるのだろう。

IMG_2112

(ブリーチとリペア加工を施したGASのレディースジーンズ)


同じ時期に日本の老舗ジーンズ・カジュアルパンツブランド「ブルーウェイ」の今冬展示会にもお邪魔した。

トレンドのソースは全世界共通なのでこちらでもリペア加工風のものが提案されていた。
ブリーチについてはあまり注目していないようだが、かなり薄ブルーになるまで洗い加工を施したジーンズは提案されていた。


そこで印象的だったのが、ブルーウェイの担当者の言葉である。

「色落ちしても破れても着用できるというのはデニム生地アイテムだけです。他の生地やアイテムにない特殊性というのはその部分に尽きるような気がします」。

本来はジーンズというアイテムで考えたいところだが、デニム生地を使ったアイテム全般に敷衍してみるのが実情に即しているだろう。
デニムブルゾン、デニムシャツ、デニムワンピース、デニムスカートなども含める。

ワンウォッシュなりノンウォッシュなりの濃紺から使い込んで色が薄くなっていく。
変なシワができたりして、そのシワに沿って色が剥げ落ちていったりする。
それがデニムの味であり楽しさであるとされている。好き嫌いは別として。

で、いずれどこかの部分の生地が薄くなって破れる。

普通のアイテムならその時点で着用は無理である。
着用しても構わないが明らかに変だと周囲に思われる。


例えば、スーツ。
色あせたスーツ、ひざに穴が開いたスーツ、袖口が擦り切れたスーツ。
これは着用不能だろう。

スーツはフォーマルでありドレスであるからカジュアルアイテムで考えてみる。

例えばスエット。
色あせたくらいはOK。加工によっては細かく穴の開いた商品もある。
しかし、個人的にはそれはジーンズほど市民権を得ていないと感じる。

カジュアルなコート。
例えばメルトン素材のダッフルコートやPコート。

これだって色あせていたら変だし、穴が開いたら買い替えろということになるし、袖口が擦り切れていたらやっぱり見た目は良くない。


最近ではジーンズの考え方を取り入れて加工を施したTシャツやワークパンツも現れているが、発想の原点はデニム素材の経年変化からである。


さて、そういう意味では、欧州でブリーチ加工・リペア加工が最注目されているというのは、デニムという生地の特性に最注目した結果ではないかという気がする。
後付けだけど。


洗い加工を施されたジーンズに果たして目新しさがあるかというと疑問だ。
というのは、多くの消費者は2007年で終了した高額インポートジーンズブームの際に、いやというほど洗い加工の商品を見ているからだ。
あれから7年が経過している。
10代・20代の若者にとっての7年は長いが、オッサン世代にとっての7年なんてつい昨日のことのようなものである。
だから、加工への目新しさがマスで共有できるかという点においては疑問を感じてしまう。

デニム本来の特性を生かした打ち出しとしては洗い加工であるという分析・判断は適切なものだろう。
でも、かつての洗い加工への過度のこだわりが若者たちにとって「ジーンズはダサい」というイメージを抱かせた(トレンドがデニムボトムスからデニムトップスへ移行したことは承知しているが)ことも事実であると感じる。
やたらと「職人のこだわり」的な打ち出しが目立ち、「ジーンズは擦ってなんぼ」みたいな風潮が蔓延したことも、若者のジーンズ離れの一環であったのではないか。

これらは同じ要因の表と裏なので仕方がないとはいえ、物事のバランスを取ることはつくづく難しいと改めて感じさせられてしまう。



一点突破主義を評価したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 一点突破主義を評価したい
 好調なカラーパンツに絞って提案し、不振であるジーンズは開発研究を続けるものの、来春は新製品を投入しないというブルーウェイの姿勢はなかなか評価できるのではないかと感じる。

http://apparel-mag.com/abm/article/trend/496

「ブルーウェイ」ブランドといえば、80年代にはブルージーンズをモデルに穿かせたポスターがショップに貼られていたことを思い出す。
筆者が業界に入った97年以降は、ジーンズよりもカラーパンツ、合皮パンツなどが主力商品となった印象が強い。
当時は「ブルーウェイなのにブルージーンズがあまりないんじゃ(笑)」と営業部長がおっしゃっていたことをよく覚えている。


数年前からブルージーンズが不振であることはブルーウェイに限らず、ジーンズ専業アパレルに共通する悩みである。最大手のエドウインはそれでもある程度のブルージーンズを提案し続けねばならないが、ブランド規模が小さいブルーウェイは全方位型で提案を行う必要もない。
あえて、得意とするカラーパンツ一本に絞って提案するのは妙手だと思う。


新商品なんて何が当たるかわからないから、あれもこれも提案したくなるのは人間の性である。
ブランド規模の大小に関係なく、出来うる限りニーズは捉えたいと思うのは当然だろう。
だからといって、ジーンズもチノパンもミリタリーパンツもカラーパンツも何でも用意しますよという姿勢では、ブランドとしてのスタンスもボヤけるし、何よりもそんな全方位型の提案なら、小規模ブランドを頼らずともエドウインというビッグブランドを頼れば済む話なのである。

あれもこれも提案したいという誘惑を断ち切って、一点突破を模索するのは悪くない選択だ。


何よりもランチェスターの法則にも則っている。
小規模戦力で勝つためには一点突破主義が最適であり、全方位型の戦略は大手のみが採りうる戦略である。

正直申し上げて、自社のブランド規模を考慮せずに全方位型戦略を採りたがるジーンズ専業アパレルが少なからずある。
一点ずつの商品はそれなりの完成度だが、ブランドとしてのスタンスはわかりにくいし、陳列しても見栄えがしない。


今回のような提案を数シーズン続けられれば、「ブルーウェイ」ブランドはピーク時とまでは行かなくてもある程度までの売上規模に回復できる可能性があるのではないだろうか。
このような提案が今回限りにならないことを願うのみである。





記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード