南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

グローバルワーク

グローバルワークに播州織シャツが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - グローバルワークに播州織シャツが
 先日、グローバルワークに立ち寄ったら「播州織」と書かれた大型のPOPがあって驚いた。
念のために付け加えると、「播州織」と書かれただけでなく、一応、播州織とは何ぞやという説明も書かれてあったから本格的だ。

今秋のメンズカジュアルシャツに播州織を使用したグループがある。

播州織とは兵庫県西脇市辺りで織られる先染め織物を指し、ここは先染めの綿薄地織物の一大産地である。
メンズのシャツ用生地として利用されることが多いが、近年はさまざまな工夫を凝らした結果、シャツ地以外の用途にも用いられる案件も出てきた。

ちなみにグローバルワークの播州織シャツの価格は4700~5700円である。

しかし、グローバルワークという低価格ファミリーカジュアルブランドは日本製素材をアピールするようなブランドだっただろうか?
なぜ、いきなり「播州織」を使用し始めたのだろうか?
かなり唐突な印象を受ける。
今まで日本製素材なんかこれっぽっちも興味が無かったブランドである。

しかも今期のイメージキャラクターにはタレントの山口智充氏を起用している。
正直あまり、日本製素材の播州織にマッチしているキャラクターとは思えない。


けれども西脇産地にとっては、またとないアピールのチャンスである。
たしかにグローバルワークというブランドは、低価格ファミリー向けSPAカジュアルであるからそれほどブランドステイタスは高くない。
高くはないが規模は大きい。また、大衆向けブランドであるからこそ、広く大衆に「播州織」を知ってもらう機会にもなる。

ただ、日々交流している西脇産地の人々からはあまり反応がない。
このためグローバルワークを運営するポイントが勝手に「播州織」を販促の目玉にしたと推測される。

でもこの機会に乗らないのはもったいないと思う。
タダ乗りすれば良いのである。
VIVA!乗り逃げv( ̄∇ ̄)v

西脇産地の組合あたりが、積極的にグローバルワークで使用されていることを大々的に触れまわれば良い。

おそらく、PRの上手い産地組合や産地企業なら便乗しまくるはずである。
そういう良い意味での「悪乗り」がない。

一部の産地企業を除いて、西脇産地に限らずどこの産地もこの手のアピールが上手くない。

せっかく、グローバルワークが毎日店頭で無料(産地のみなさんが大好きな無料)で「播州織」をPRしてくれているのである。
播州織の産地自身がこれを利用しない手はない。

福袋が強かったライトオンとグローバルワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 福袋が強かったライトオンとグローバルワーク
 1月2日に趣味の買い物を兼ねて、セールを覗いた。
覗いたのは天王寺のHOOPと、あべのキューズモール。
なに分偏った覗き方なので、全体の商況を反映していない部分もある。
あくまでも印象論ということで。(笑)


この日、関西は早朝まで雨が断続的に降っていた。
完全に雨がやんだのは、午前9時頃ではないだろうか。(もちろん地域によって誤差あり)

午前10時5分に天王寺着。
ここから、いつもお買いものをするおなじみのお店を廻ったのだが、
まずはHOOP内のGAPから。

午前10時5分の天王寺は意外に人が少ない。
朝方まで降り続いた雨の影響もあるかと思う。
HOOPの3階にあるGAPはまったく混雑しておらず、「おいおい、初日がこんなんで大丈夫かいな?」と思った。
商品をあれこれ見ると、値段は年末に見た時とそう変わらない。
あまりお買い得感がないので、何も買わずに撤退。

つづいて徒歩2分の位置にあるキューズモールへ。
キューズモールではユニクロ、ライトオン、グローバルワーク、チャオパニックティピーを覗いたのだが、平日とは異なったお客の動きが見られておもしろかった。

おそらく時刻は午前10時半頃。
雨がやんだのを確認してから動き出した消費者が到着し始めたのか店内はそこそこ混雑している。

ユニクロの込み具合はそうでもない。
今回の期間限定セールで欲しい物が無いので、チラっと覗いただけで撤退。

結果からいうと、ライトオンとグローバルワークはレジでの支払いが1時間待ちになるくらいに激込みであった。
その理由は福袋目当てのお客である。

平日のキューズモールでは3階のライトオンは。お客がいない日が多い。
それがこの混雑ぶりである。グローバルワークも平日はそれほどお客は多くはない。

この2店舗の福袋に共通する点は「子供服版」があるということではないだろうか。
子供服の福袋を買うついでに、メンズかレディースの福袋を買うというお客が多かったように感じる。
午前11時でグローバルワークの福袋は完売。ライトオンもほぼ完売に近い状態だった。


子供服パワー恐るべしである。

誤解のないように言うと、子供服業界は不調である。
客単価はドンドン低下している。
毎年買い替えが必要な子供服に高い金は払えないという消費者は年々増えている。
だからこそ、3000円とか5000円で複数枚の商品が詰まっている福袋が重宝されるのだろう。
とくに「庶民の街」である天王寺は、そう考える消費者が多い。

また個人的にはメンズ、レディースのライトオンの福袋の中身の充実ぶりも気になった。
メンズで言うと、10500円で防寒アウター、ニット、シャツ、長袖Tシャツ、パーカなどトップス衣類が6点とマフラーやキャップなどの雑貨が1点とバッグが1点入っている。
筆者は買わないけれど、かなりのお買い得である。

2900円に値下がりしたアーガイル柄のセーターを1枚だけ買おうと思ったのだが、支払いに1時間以上待たなければならなかったのでこの時点では断念した。
(ちなみに1時間後ぐらいに戻ってきて、同じものを購入したが、それでもレジは20分待ちだった)

よほど在庫が余っていたのか、製造業者に無理をさせたのか、はたまた自社が利益を削ったのかそれは分からない。

グローバルワークの隣にあるチャオパニックティピーは、店内はそこそこ混雑していたが、福袋はそうでもなく、こちらは単品のアイテムを買う人が多かったように見えた。


休日祝日のたびにセールを行うユニクロは「平日買う店」、ライトオンとグローバルワークは「子供用福袋を買うお店」、チャオパニックティピーは「セール時に欲しかった単品を買う店」という風に使い分けている消費者が多いのではないかと感じた。

さて、三連休が終わり、関西は「えべっさん」で明日まで盛り上がるが、消費者のセール熱はこれで終了である。
当然、まだまだ在庫を抱えているブランドは多く、2月末まで投げ売りに次ぐ投げ売りでどれだけ捌けるかである。

ポイントの基幹ブランドは「グローバルワーク」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ポイントの基幹ブランドは「グローバルワーク」に
 先日、ポイントの2011年2月期決算が発表された。

http://www.point.co.jp/ir/library/tanshin/pdf/201102tanshin.pdf

連結決算は
売上高1058億9300万円(前期比8・4%増)
営業利益153億2900万円(同9・3%減)
経常利益155億400万円(9・1%減)
当期利益84億円(同11・7%減)


と増収減益だった。
ポイントは初めて売上高1000億円を越えた。

ちなみに単体決算は
売上高1032億3400万円(前期比7・9%増)
営業利益145億8600万円(同11・4%減)
経常利益148億7200万円(同11・1%減)
当期利益80億3600万円(同13・4%減)


とこちらも増収減益で、単体でも初めて売上高1000億円を越えた。


で、今回何を採り上げたいかというと、
無知を晒すようでお恥ずかしいが、複数のブランドを所有するポイントの中で最も売上高の大きいブランドが「グローバルワーク」だと初めて知った。
これまで、ポイントの基幹ブランドは「ローリーズファーム」だと認識しており、同じ認識の業界紙記者も多数いるのではないかと思う。
「ローリーズファーム」が前期比6・0%減、「グローバルワーク」が前期比4・8%増となって、売上高が逆転したというわけだ。

それにしても「グローバルワーク」は162店舗もあり、いつの間にかそんなに店数を出していたのかと驚いてしまった。反対にアダルト向けブランドとしてスタートした「アンダーカレント」はついに店舗がなくなってしまっており、ブランドが終わってしまった。


メンズ、レディース、キッズをそろえたファミリーブランド「グローバルワーク」はその多くが郊外型の大型ショッピングセンターに入店しており、都心ファッションビルへの入店は少ない。自分はあまり郊外型ショッピングセンターに行かないので「グローバルワーク」を目にする機会が少ないことから、ブランド規模を過小評価していたのだろう。

ポイントの上位4ブランドは以下の通りになっている。

国内のブランド別売上高は、「グローバルワーク」が246億92百万円(前連結会計年度比4.8%増)、「ローリーズファーム」が235億97百万円(前連結会計年度比6.0%減)、「ジーナシス」が119億31百万円(前連結会計年度比6.8%増)、「レプシィムローリーズファーム」が111億83百万円(前連結会計年度比23.2%増)と、4つのブランドが100億円を超える売上となりました。

とのことである。



今後、ポイントの課題を挙げるとするなら、
各ブランドが少しずつテイストは異なるものの、いわゆる「デイリーカジュアル」ゾーンに集中している。例えば「エレガンス系」や「トラッド系」など異なるテイストのゾーンへの進出が求められるのではないかと思う。過去何度か異なるゾーンへ進出した形跡はあるが、いずれも成功していない。今回の「アンダーカレント」、少し前の「トランスコンチネンツ」といずれもブランドが消滅している。

ダウンジャケットは年明けさらに値崩れを起こす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ダウンジャケットは年明けさらに値崩れを起こす
 12月は今のところ暖冬傾向でどうやら冬物があまり動いていない気配を感じる。そのためか、すでにセールが始まっている。

中でも最も値崩れが激しいのが、ダウンジャケット類だ。
おそらく、過去数年の12月で、今年はもっともダウンジャケットが安いと思われる。はっきり言ってユニクロを下回るダウンが山ほどある。

例えば、ライトオンの洗えるダウン「Xウォッシュ」だが、すでに一部の品番は定価より3割引きとなっており、先週は5日間限定で、そこからさらに「レジにて20%オフ」だったのでダウンベストが5000円弱、ダウンジャケットが7000円台にまで値下がりしていた。

またジーンズメイトでは、7900円のダウンジャケットを発売しているが、発売当初から先行予約価格4900円としていたが、現在はさらに1000円安い3900円となっている。

メソッドも美濃屋製造の「コンバース」のダウンジャケット5700円を仕入れているが、これを「レジにて2割引き」としているので、実質4500円くらいである。

ユニクロのウルトラライトダウンが5990円、プレミアムダウンが9990~14900円であるから、ユニクロの割高感は歴然としている。
ユニクロの売り場を見ていて、とくに心斎橋店は、ダウンベストこそ完売した物の、まだまだウルトラライトダウンが山積みされており、消化しきれない可能性がある。


今回のダウン値崩れには、いろいろな要素があると思うが、
1つには過去数年に渡るダウンブームで、ほとんどの消費者がすでに2枚くらい所有していることが考えられる。黒、紺、グレー、ベージュなどのベーシックカラーはすでに持っており、赤、ブルー、ピンク、パープルなどのアクセントカラーも持っている。さらに買わせようと思うなら、よほど変わった色柄か、変わったデザイン、変わった機能が必要となるが、そんなものはそう簡単に思いつかない。値段を下げるのが一番手っ取り早い販促方法である。
ライトオンのヨドバシカメラ梅田店を定期的に観測しているのだが、今年1月末以降にダウンジャケットが2900~3900円で最終処分されていた。同店だけで比べるとここまで値下がりしたのは、今年1月が初めてである。ダウン値崩れの兆候はすでにあったと見るべきだろう。

もう1つの理由は、11月以降の暖冬傾向とニットブームが挙げられる。
ニット類が流行している上に気温が高いので、ニットの上からダウンジャケットを着ると暑い。ニットを着るならアウターはダウンではなく、もう少し薄手の綿コート類が必要となる。
ダウンを着る場合、その下はニットよりも保温力の低いカットソー類になる。ところがニットがトレンドであるため、ニット着用が優先され、ダウンが後回しになっていると思われる。

皮肉なことに、アウトドアテイストのローゲージニットベストは、現在ダウンジャケットより高値で販売されている。
ライトオンでは7900円以上、ポイントの「グローバルワーク」でも同じくらいの価格であり値崩れを起こしていない。

先日、ヤマトインターナショナルのファミリーセールに伺ったが、南米からインポートしたローゲージニットベストが多数あった。店頭価格は15000~18000円。それをファミリーセールで半額で販売していた。
おばさん、おじさんは「エーグル」のダウンジャケット半額セールに群がっていたが、大学生と思しき男性グループはニットベストに集まっていたのが印象的だった。


ダウンジャケットは年明けにまだまだ値崩れすると予想している。

PR
PR






記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード