南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

イオンモール

1年遅れの粗悪品が売れるはずがない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 1年遅れの粗悪品が売れるはずがない
 GMS、大型総合スーパーの品ぞろえとして衣料品が必要なのかな?と疑問を感じる。

ここでいう衣料品というのは主にスーパー各社の自主企画商品(プライベートブランド)である。

例えばイオンの業績が急落しているが、その原因の一つには衣料品の販売低迷がある。

http://biz-journal.jp/2015/01/post_8708.html
既存店売り上げが前期比2.4%減と不振。特に衣料品が4.1%減と大きく落ち込んだほか、食品も2.3%減と苦戦した。


とある。

ここで業界関係者もよく混同してしまうのだが、イオンモールの専門店街の売上高はここには含まれてはいない。
ユニクロ、ライトオン、ハニーズ、グローバルワーク、チャオパニックティピー、コーエンなどの名だたる低価格SPAブランドが入店しているがあれらはテナントであり、そこの売上高はイオン本体の衣料品売上高には含まれていない。
だからいくらイオンモールが繁盛して各テナントの衣料品の売上高が増えようと、イオンの衣料品売上高は伸びない。

この基本を押さえておかないと、イオンの衣料品売上高を論じるときに意味不明の議論となってしまう。

いくらイオンモールが繁盛しようと、イオン本体の衣料品売り場は苦戦しているということである。
イオンに限らず量販店、スーパーの衣料品売り場には、他社仕入れ品とプライベートブランドの両方が並んでいる。
他社仕入れ品は、いわゆる量販店メーカーと呼ばれる各社から仕入れた商品であり、他のスーパーにも同じ物が並んでいる。
例えばイトーヨーカドーにもイズミヤにも平和堂にも同じ物が並ぶ。

岐阜はアパレル企業の本社が多い土地である。
その昔は縫製工場もずいぶんあったと聞く。
岐阜に本社を構えるアパレルのほとんどは量販店向けメーカーである。
業界では岐阜といえば量販店向けメーカーの集積地をイメージする。

最大手は美濃屋だろう。
コンバースやエアウォークなどのトレーナー、Tシャツ類を企画製造して量販店各社に卸している。
岐阜武、水甚なんていうメーカーもあり、メンズカジュアルアイテムを得意としている。
レディースだとサンラリーグループだろうか。

最近は卸先も少し変化しているが、筆者以上の年代(現在44歳)だと岐阜アパレルというのは量販店向けというイメージが強く残っている。

こういう仕入れ商品はまだしも、筆者は個人的には量販店のプライベート衣料品に需要があるのかどうか疑問を感じているわけである。


例えばイオンなら「トップバリュ」というプライベートブランドがある。
トップバリュのカジュアル衣料品が欲しいと感じている消費者なんてどれほど存在するのだろうか?
美濃屋が企画製造するコンバースのTシャツが欲しいという消費者ならまだそれなりに存在するだろう。
岐阜武や水甚の企画製造したアイテムが良いと感じている人もいるだろう。
現に筆者はジーンズメイトで格安に値下げされて投げ売りされていた商品を買ったら、岐阜武の商品だったことがある。

決して「岐阜武」の商品が欲しかったわけではないが、値段と商品のデザインを鑑みて買う価値があると判断した商品が岐阜武製だったということになる。

だから、ブランド価値はあまりないが、商品の出来栄えは悪くない商品も増えてきているから、量販店向けブランドもなかなか侮りがたい。

しかし、量販店プライベートブランドはそこまでの出来栄えだろうか。
しかもブランド価値は量販店アパレル商品よりも低い。
「トップバリュの服で我慢できる人は数多くいるが、トップバリュの服を積極的に欲しい人はいない」と言われる所以である。

そしてプライベートブランドの企画はユニクロや量販店アパレルのヒット商品の後追いに終始している。
軽量ダウン、発熱インナーの例を採ってみてもそれは明らかである。
工賃はそれらよりも低く抑えられていると話す関係者もいる。

もし仮にこの関係者の証言が事実だったとしたら、後追い企画の商品を本家よりも低い工賃で製造していることになり、それでは単なる粗悪品ということになる。しかもそれは本家よりも1年遅れで投入される。
本家商品と比べても見劣りするのは当然である。原価率そのものが低いのだから。
1年遅れの粗悪品なんて普通に考えても売れないのは明白だと思うが、GMS幹部にどうしてそれがわからないのか不思議でならない。

筆者がまだプライベートブランドでもそれなりに売れる可能性があると思っているのは肌着、靴下、パジャマ類である。
あと格安メンズスーツなんかはユニフォーム・作業着代わりにスーツを着用するサラリーマンには重宝されるだろう。

バブル崩壊後から働き始めた筆者には、なぜGMS幹部がここまで衣料品に執着するのか理解ができない。
少なくともファッション要素が少しでもある衣料品は、低価格SPA、ツープライススーツショップで十分まかなえるからである。そして商品企画の精度とブランド価値は量販店プライベートブランドよりも高い。

長らく付き合いのある量販店メーカーの元部長によると、
その昔、量販店は衣料品で多額の利益を稼いでいたという。当時の利益の稼ぎ頭は量販店だったそうだ。
これはおそらくバブル前からバブル絶頂期にかけてのことだと考えられる。

その元部長によると、かつての好況が忘れられないのではないかという。

家電量販店の隆盛に圧されて、量販店の多くから家電売り場がなくなっている、あるいは大幅に縮小されている。
衣料品も家電製品のようにあきらめた方が効率的ではないだろうか。量販店メーカーの商品はまだしも、ファッション要素を含んだプライベートブランドは。

低価格SPAと量販店メーカーの企画の後追いという現在の姿勢のままでは量販店の衣料品がかつてのように復活することは到底ありえないと思うのだが。

GMSは食品と日用消耗品に特化した方が良いのではないか。


結論ありき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 結論ありき?
 インターネット上でこんな記事を見つけた。

女子大生の「聖地」はイオン、「イオン女子」はファッションリーダー 日経の報道に「バカにしてるのか?」「女子大生を見たことない」と反発の声
http://www.j-cast.com/2014/06/04206738.html

「日経MJ」の2014年6月2日付けの記事によれば女子大生の居場所が変わっていて、人気のファッションビル渋谷109やラフォーレ原宿ではなく、都内近郊では埼玉県越谷市のイオンモール「レイクタウン」や「イオンモール北戸田」、和歌山市では「イオンモール和歌山」、山形県では「イオンモール天童」などで買い物をするようになった。東北の女子大生は仙台駅前の「パルコ」へ通う回数が減ったのだそうだ。「イオンモール和歌山」は14年3月にオープンし、一か月の来店者は10~20代が30代を上回ったという。

どうして女子大生の「聖地」になったのかといえば、イオンモールはテナント数が多く、都心のファッションビルに入店している人気ショップも入っている。


とのことだが、これに対して

こうした記事に対しネットでは反発が起こっている。イオンモールには行くけれども女子大生らしい客は見たことがないし、どちらかというと「マイルドヤンキー」層がほとんど、というものや、

「この記事ってイオンのステマなんじゃないのか?」
「しかしイオン女子って…プラズマでも放出しそうだな」
「買い物をした女子大生の写真が新聞に載ったけど、イオン女子と呼ばれてかわいそう」

などといった意見が出ている。


という。

これはちょっと日経MJ側が乱暴なまとめ方をしたと感じる。

たしかに大都市の都心にあるパルコも109も全盛期と比べると苦戦が続いている。
関西でいうならOPAだって苦戦気味だと耳にしている。

で、ここで例示されているのがイオンモールはいずれも最近新設されたところばかりである。
とくに和歌山と天童は今年3月にオープンしたばかりだ。

商業施設が新規オープンすると通常、多数の来場者がある。
現在不振店と言われている商業施設だってオープン当時は入場制限が出るほど来場者が訪れた。
その中に女子大生が一定数含まれていても当然である。

山形県の天童は訪れたことがないのでわからないが、和歌山は今までそれほど有力な商業施設や路面店が存在しなかった地域である。
和歌山の人は南海電車かJRで大阪に出ることが多かった。
トレンドファッションはこれまで大阪都心で購入していたと見るべきである。

金太郎飴よろしく、判で押したようなラインナップをそろえるイオンモールだが、廉価版トレンドファッションがそろっているのは事実である。

そういう施設ができたのなら、女子大生ならずとも当然一度は訪れてみるだろう。
それを今後も女子大生が愛用し続けるかどうかは別問題である。

イオンモールやイオンという企業への好き嫌いは置いておいて、通常、日用品を購入する場所として利用する人は多い女子大生だって日用品は何度か購入するだろう。
またそこに入店しているユニクロやハニーズなんかで1000円に値下がりしたカットソーを購入したことがある女子大生もそれなりに存在するだろう。

しかし、その女子大生がトレンドをイオンモールに求めているかというとそれは違うのではないだろうか。
筆者の住居の近隣にあるイオンモールの来場者を眺めていると20代後半から40代前半の子供連れ夫婦が圧倒的に多いと感じる。

低価格でそれなりのトレンドに即したブランドが多いから、子育て世代の夫婦にはちょうど良い。
その夫婦にしたってイオンモールに「トレンド最先端」を求めているかというとそんなことはないだろうと思う。

やはり、そういうものは東京都心や大阪、神戸、京都、名古屋、博多などの大都市都心の商業施設なり路面店で買いたいと考えているのではないか。

だからこの記事がいうところの、「109やパルコの売上高が低下している」ということと、「今春オープンしたばかりのイオンモール天童やイオンモール和歌山に女子大生も多数来場していた」ということと、「イオンモールにそれなりにトレンドっぽいブランドが多数入店していると」いうことは、それぞれ3つとも事実である。
でも、その3つの事実が「イオンモールが女子大生のトレンドをけん引している」という結論には至らない。

ちなみに、イオンモールに入店しているブランドがそれなりにトレンド対応しているのであって、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の衣料品がトレンド層に支持されているということではない。念のため。

それから、これはFB友達に教えていただいたのだが、イオンモール和歌山と和歌山大学は非常に近い距離に位置するという。それなら、和歌山大学に在籍する女子大生が日用品・食品を購入するためにイオンモール和歌山に来店することは多いだろうと推測される。他のイオンモールに比べて女子大生の来店比率が高くても不思議ではないし、イオンモール和歌山でアルバイトをする和歌山大学在籍の女子学生もそれなりの人数が存在するのではないか。

もろもろの事象を勘案すると、この記事は結論ありきで先走った感がある。





記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード