先日、ポイントの2011年2月期決算が発表された。

http://www.point.co.jp/ir/library/tanshin/pdf/201102tanshin.pdf

連結決算は
売上高1058億9300万円(前期比8・4%増)
営業利益153億2900万円(同9・3%減)
経常利益155億400万円(9・1%減)
当期利益84億円(同11・7%減)

と増収減益だった。
ポイントは初めて売上高1000億円を越えた。

ちなみに単体決算は
売上高1032億3400万円(前期比7・9%増)
営業利益145億8600万円(同11・4%減)
経常利益148億7200万円(同11・1%減)
当期利益80億3600万円(同13・4%減)

とこちらも増収減益で、単体でも初めて売上高1000億円を越えた。

で、今回何を採り上げたいかというと、
無知を晒すようでお恥ずかしいが、複数のブランドを所有するポイントの中で最も売上高の大きいブランドが「グローバルワーク」だと初めて知った。
これまで、ポイントの基幹ブランドは「ローリーズファーム」だと認識しており、同じ認識の業界紙記者も多数いるのではないかと思う。
「ローリーズファーム」が前期比6・0%減、「グローバルワーク」が前期比4・8%増となって、売上高が逆転したというわけだ。

それにしても「グローバルワーク」は162店舗もあり、いつの間にかそんなに店数を出していたのかと驚いてしまった。反対にアダルト向けブランドとしてスタートした「アンダーカレント」はついに店舗がなくなってしまっており、ブランドが終わってしまった。

メンズ、レディース、キッズをそろえたファミリーブランド「グローバルワーク」はその多くが郊外型の大型ショッピングセンターに入店しており、都心ファッションビルへの入店は少ない。自分はあまり郊外型ショッピングセンターに行かないので「グローバルワーク」を目にする機会が少ないことから、ブランド規模を過小評価していたのだろう。

ポイントの上位4ブランドは以下の通りになっている。

国内のブランド別売上高は、「グローバルワーク」が246億92百万円(前連結会計年度比4.8%増)、「ローリーズファーム」が235億97百万円(前連結会計年度比6.0%減)、「ジーナシス」が119億31百万円(前連結会計年度比6.8%増)、「レプシィムローリーズファーム」が111億83百万円(前連結会計年度比23.2%増)と、4つのブランドが100億円を超える売上となりました。

とのことである。

今後、ポイントの課題を挙げるとするなら、
各ブランドが少しずつテイストは異なるものの、いわゆる「デイリーカジュアル」ゾーンに集中している。例えば「エレガンス系」や「トラッド系」など異なるテイストのゾーンへの進出が求められるのではないかと思う。過去何度か異なるゾーンへ進出した形跡はあるが、いずれも成功していない。今回の「アンダーカレント」、少し前の「トランスコンチネンツ」といずれもブランドが消滅している。