タグ: ライトオン (1ページ / 7ページ)

9月に買ったお買い得なユニクロとライトオンの半袖Tシャツ

 関西視点の気温でいうと、朝晩はめっきり涼しくなったが昼間は蒸し暑い。
そんな感想を持っていたら昨夜は蒸し暑かったので1週間ぶりにクーラーを入れて寝た。
クーラーの設定温度はいつも25度であり、真夏のピーク時は24度か23度にしている。

昨年よりも2週間以上早く朝晩が涼しくなった(気温21度くらい)ので、半袖で過ごす期間も短くなるのか?と危機感を抱いていたら、昨夜も蒸し暑く今朝も蒸し暑いので、例年通り10月10日ごろまでは半袖で過ごせそうだ。

そんなわけで9月に買った半袖Tシャツ3枚もたっぷりと1か月間は着用できるので安心した。

今夏最後(9月は夏だ!)の買い物として買った半袖Tシャツ3枚だが、生地の面でいうと相当に品質が高い。そこら辺のセレクトショップのオリジナル品なんてはるかに及ばない。

上っ面で薄っぺらな業界人が言う「安物は品質が低い」というのはもはや当てにならない。
むしろ大量生産できる低価格品の方が、商品によっては品質が高くなっていることもある。

3枚のTシャツについては満足度は100%といえる。

1、ユニクロのポケット付きビッグシルエットVネックTシャツ

これは今春からユニクロが大々的に販売していたビッグシルエットTシャツで、綿100%の肉厚天竺生地を使用している。

ビッグシルエットなので、当方が試着してみてもMサイズでかなりゆとりがあった。
当方は顔がデカくて、肩幅が広いので、Mサイズを着用すると単なるゴツイおっさんにしかならないので、今回はSサイズのグレーを購入した。

IMG_3348

Sサイズでも通常ラインのMサイズと同じくらいの身幅がある。

定価1500円が、790円に値下がりしている。
店舗によって在庫の多寡があるが、残っている店舗は紺とグレーが山盛り残っている。
ハリウッドセレブ(笑)が愛用しているような薄っぺらい生地のTシャツは好きじゃない。
厚手生地が好きな人は790円なら何枚か買い占めておいても損はない。

丸首の方が人気があるのか、990円(9月7日現在)までしか値下がりしていない。

Vネックは狭め。

丸首とV首のどちらが着まわしやすいかについてはいろいろと意見はあるが、基本的には20年前にメンズクラブが主張していたように「首が短い人はネックが大きく空いている方が首が長く見える」というのが真理で、当方は首が短いうえに顔がデカいのでVネックを着用することが多い。

同じ丸首でも深い丸首やU首ならVネックと同じ効果が得られる。

首が短くて顔のデカい人は、喉元まで詰まった丸首Tシャツを着用するのが最も不格好に見える。

2、ライトオンで買った1枚990円・2枚買うと20%オフTシャツ

これはたしか8月末までは2枚1500円だったのだが、月が変わって販売方法が変わったということになる。
2枚買うと1700円くらいになる。

8月末から目星を付けていた2枚を購入した。それにしても両方とも残っていたのはラッキーだった。

1枚目はVネックのカリフォルニアコットンTシャツ。

これはユニクロのポケット付きビッグシルエットTシャツと非常によく似た素材感といえる。
違いはユニクロほどビッグシルエットではない。
だから当方ならMサイズを着る。

IMG_3354

あと、両脇の裾にはスリットが入っていない。
ユニクロのビッグシルエットTシャツにはスリットがある。

ユニクロでグレーを買ったので、こちらはダークネイビーにした。

Vネックだがユニクロのよりも狭い。かなり詰まったVネックである。
生地は同じくらい肉厚な天竺。

ユニクロよりもコスパが高い部分としては、生地に消臭加工が施してあるところだ。
これで華麗なる加齢臭も防ぐことができる。

定価1900円が990円に値下がり。

2枚目は、レインスプーナーのライセンス生産Tシャツ。
こちらは無地ではなく、身頃にロゴプリントが大きく施されている。

「RSHT」の四文字がデカデカと並んでいて、レインスプーナーのRSとHTはハワイアンTシャツということだろうか?

IMG_3347

正方形に収まる文字配置は、ちょっと「パーフェクトスーツファクトリー(PSFA)」のブランドロゴを思い出させてしまう。(笑)

このTシャツは手で触ると上の2商品に比べると生地が薄いと感じるのだが、着用してみるとそうでもない。3年くらい前まで流行っていたハリウッドセレブ(笑)もどきのテロテロTシャツよりもはるかにしっかりしている。
おまけにちょっと鈍く光沢まである。

これは相当に良い生地だと思う。
綿糸の段階から引きそろえたのではないかと推測される。

定価2900円が990円に値下がりしているのも破格値である。

こちらもダークネイビーを選んだ。

触ると薄手だが着用してみると、凡百のテロテロTシャツとは比べ物にならない厚みがある天竺というのは近年ちょっと見たことがない。

ロゴプリントの好き嫌いは度外視すると、そこら辺のセレクトショップオリジナルTシャツなんぞ足元にも及ばないほどの品質だ。

このクオリティの商品が790円とか990円で手に入るのだから、ブランドネームに踊らされなければ格安で高品質な商品が簡単に手に入る時代だといえる。

他分野の商品についてはド素人なのでわからないが、大量生産の低価格ブランドは見た目と品質がかなり向上している。
逆に「お高く止まっている」ブランドの方が、売り上げ不振からの小ロット生産で、品質を下げている。セレクトショップオリジナル品なんてそれこそ品質の低さは折り紙付きだ。

昨年秋だったと思うが、「109系のブランドより、ジーユーのベロアパンツの方が安いのに良い生地を使っている」と一般消費者の女の子がツイートしていたことがあったが、そりゃ生産ロットが100倍くらい違うのだから、価格が安いのにジーユーの生地の方が品質が高いのは不思議でもなんでもない。

衣料品の分野において「高価格=高品質」という構図は特殊なブランドを除いては、2005年ごろまでで終わっている。

いや~、それにしても良い買い物をした。

noteで有料記事を始めてみました~。

鎌倉シャツのビジネスモデルが秀逸なポイントを考えてみた
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/na76c612e6d37

あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/



今夏の半袖Tシャツの出来はライトオンの圧勝だった

 今年7月は1枚も半袖Tシャツを買わなかった。
すでにタンス在庫が多数あるのと、価格的にあまり値下がりしていなかったこととの両方の理由がある。

8月になって3枚買った。
今日から9月に入ったが、関西は例年だと10月半ばまで暑いので、もう一段値下がりした半袖Tシャツを2~3枚程度買ってみようかと思う。

もとより高額店には出入りしておらず、低価格店のみの店頭巡回の感想だが、メンズの半袖Tシャツに限っていえば、ユニクロ頼みになる必要もなかったというのが今年の感想である。

【ジーユー】

第3四半期決算が、減益となったジーユーだが、今春夏のメンズ商品は全般的にあまり良いとは言えない。デザインがいまいちだから、今までの「安かろうそれなりだろう」というブランドに逆戻りしたように見える。

これでは売れなくて減益になって当然ではないかと思う。

【ユニクロ】

ユニクロだが、ポケット付きビッグシルエットTシャツのVネックが790円に値下がりしていてお買い得である。ビッグシルエットが気にならない方は790円でなら買うべきである。

通常ラインとは異なり、比較的太番手の糸を使ってしっかりした編地でできている。
今夏のユニクロのTシャツで個人的に合格点に達しているのは、このポケット付きビッグシルエットTシャツのみである。

あとの通常のグラフィックTシャツは、グラフィックがいまいちダサいことに加えて、生地が頼りない。それなりに太い番手の糸で編んでいるのだが、ハリがないというか、ヘニャっとしているというか、そんな感じである。

2011年に綿花が史上最高値を記録し、2012年から2年間くらいは、ユニクロをはじめとして全ブランドで綿花の含有率を下げた製品が増えて、生地のクオリティが著しく劣化した。

ポリエステル混も多かったし、綿100%でも生地がペラペラになった。

そこからの影響がまだ残っているのかもしれないが、ユニクロの通常ラインのグラフィックTシャツは生地のコシがないという感じが続いていて、これはいわゆる「目付を軽くした」ということなのだろうと見ている。

だから990円に値下がりしてもそんなもんだろうと思うし、買うのなら590円とか500円に下がってからでないと嫌だ。

ユニクロの半袖Tシャツに関しての個人的評価は以上だ。
買うとしたらポケット付きビッグシルエットTシャツの値下がり品くらいで、通常のグラフィック半袖Tシャツは500円程度に値下がりしたのを1枚買うかどうかである。多分買わない可能性が高い。

【ライトオン】

個人的に今夏、もっともよかったと思ったのがライトオンの半袖Tシャツだ。
自社ブランド「バックナンバー」の商品だ。
ここでは2枚買った。もちろん値下がり品だ。

IMG_3303

IMG_3307

切り替えTシャツを2枚買ったのだが、これいずれも別色の生地を3枚、5枚とパッチワーク的に縫っている。

しかも生地はそれなりに「目付が重い」ようで、密度を感じる。
おまけに汗ジミ防止加工も施されている。

定価1990円も十分にコスパが高いが1490円に値下がりしているのだから、かなりコスパが高い。

また、縫製に手間がかかるためか、このデザインはユニクロには並んでいないから、ライトオンとしての差別化もできている。

もちろん、生地の組み合わせパターンはきちんとマニュアル化されているが、それでも通常のTシャツを縫うよりも縫製の手間がかかる。
また、生地のロス率も通常のTシャツよりも高い。

なるべくロスが出ないように生地の組み合わせ方は考えられていると思うが、それでもロスはゼロではない。絶対に捨てるしかない切れ端が生まれる。

この2つのコストアップ要素を抱えながら定価1990円、値引き後1490円というコストパフォーマンスの高さは素直にすごいと思う。

そのほか、レインスプーナーとライセンス契約したプリントTシャツが990円に値下がりしていたり、カリフォルニアコットンの厚手生地Tシャツが990円に値下がりしていたりと、Tシャツのお買い得感はライトオンがジーユー、ユニクロに勝っていると感じる。

しかも1490円の切り替えTシャツは2枚で2500円、990円Tシャツは2枚で1500円とまとめ買いの値引きが半端ではない。

しかし、逆にライトオンはTシャツのバリエーションが多すぎてわかりにくくなっていることと、その商品の良さ、お買い得感があまり消費者に上手く伝えられていないところに永遠の課題がある。

バリエーションの多さ、お買い得感を上手く消費者に伝える方法がいつまで経っても確立できない。

話は少しそれるが、消費者はお買い得商品を良く見分けていると思う。

このライトオンの切り替えTシャツは1490円に値下がりしたとたんにかなり激しく売れてしまい、あっという間に特定のカラーとサイズが品切れになっていた。
あべのキューズモール店とヨドバシカメラ梅田店の両方を探したが、品切れになったカラーとサイズが多かった。

定価の間はほとんど動かなかったにもかかわらず(店頭定点観測による個人的見解)、500円値下がりしたとたんに、品切れになってしまったことに、消費者のお買い得品を見分ける力はかなりのものだと感心した次第だ。

下手なアパレルのバイヤーやら、無能な企画担当者よりも的確にお買い得品を見抜いているのではないかとさえ感じる。

無印良品では、太番手ボーダー柄Tシャツを1枚買った。
これも30%引きになったとたんにほぼ完売してしまった。

IMG_3206

やっぱり、消費者はアパレルのそこら辺の無能なバイヤーよりも目利きができると感じる。

まあ、そんなわけで9月に買うとするならライトオンの990円Tシャツを2~3枚買って、ユニクロで値下がりしたポケット付きビッグシルエットTシャツを1枚買うくらいだろう。

noteで有料記事を始めてみました~。

鎌倉シャツのビジネスモデルが秀逸なポイントを考えてみた
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/na76c612e6d37

あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/




良い物を作った「だけ」では売れない

 さて、今日は気分を変えて、最近買ったお買い得品を晒してみようと思う。

やっぱり狙い目はライトオンだ。

先日、減収赤字の中間決算を発表したばかりだが、悪化の理由の一つが前年からの持ち越し在庫が減らなかったことである。
だから、店頭では今、在庫品の見切りセールが行われている。

そんな中でこれを買った。
合繊のミリタリーパーカである。
定価8900円(税抜き)が3900円(税抜き)にまで下がっていた。
黒とこのオリーブグリーンがあったが、オリーブグリーンを買った。

IMG_2666

帝人フロンティアのウォーターバリアという撥水素材を使用している。
裏側はグレーのカットソー生地を貼り合わせてある。

カットソー生地を貼り合わせたことで、摩擦係数が増えて、着脱時の袖の滑りは悪くなったが、少々汗をかいてもカットソー生地が吸収してくれるのでウォーターバリアが直接肌に貼りつくことはない。

昨年春に、1900円に下がったウォーターバリアのM65フィールドジャケットタイプを買ったが、こちらは、フード無し・裏地無しだった。

それはそれでよかったがせっかくの撥水素材なのだからフードが付いていた方が便利である。

3月下旬に買ったのでちょっと寒くていつ着られるかわからないと思っていたが、昨日から急激に暑くなったのでまさに今着用できる機能性アウターといえる。

6月くらいまで使い倒したい。

次にライトオンで見つけたのがこのスエットカーディガンである。
裏毛スエット生地で作られている。組成は綿100%。

IMG_2668

丸首の襟無しなので、往年のアニエスベーの丸首カットソーカーディガンを思い出す。

定価3900円がなんと900円にまで下がっていた。
以前は半額の1900円に値下げされていたのだが、そこからさらに値下げされたようだ。

900円は破格値なので迷わずに買った。

久しぶりのユニクロでは、ミラノリブクルーネックセーターを買った。

IMG_2667

これは定価2990円が990円に値下がりしていた。
素材組成はポリエステル54%・ナイロン20%・アクリル20%・ウール6%となっているが、6%のウールなんて入っていてもいなくてもほとんど変わらない。

合繊が主体なので洗濯機で洗濯してみたが、予想通り何事もなかった。

ユニクロは今春夏はあまり買いたい物がない。
ユニクロUの今春夏物も微妙なデザインが多くてあまり欲しい物がない。
薄手生地のロングコートがあるが、あれがもっと値下がりしたら買おうと思っているくらいだ。

現在狙うなら繰り返すが在庫処分を積極的に行っているライトオンである。
選ぶ目さえ確かなら相当な掘り出し物がある。

今回買ったこの3点は、コスパオブザイヤー2017の候補商品に認定した。

それにしても、ライトオンも含めてその商品の良さを伝えきれていないブランド、アパレル企業が多い。
今回買った2点はいずれもライトオンのプライベートブランド「バックナンバー」である。
投げ売り購入専門のオッサンが言っても説得力がないかもしれないが、この2点はいずれも定価で買っても決して損はしない商品の出来栄えである。

しかし、世間的にはほとんど評価されていない。

それはなぜか、というと商品の良さが伝えきれていないからだ。

アパレルの人間は「物作り志向」「プロダクトアウト志向」が根っこの部分には必ずあるが、この2点が投げ売られているという時点で「良い物を作れば必ず売れる」というのは、伝説に過ぎないということがわかる。

良い物を作っただけでは売れない。それを上手く伝えられて初めて売れるのである。



全国展開の仕入れ型ジーンズカジュアルチェーン店の限界点

 ライトオンの17年8月期第二四半期決算が発表された。
いわゆる中間決算というやつだ。

結果は減収大幅減益で当期赤字である。

ライトオンが3月28日に発表した2017年8月期第2四半期の業績は、売上高428億3000万円(前年同期比7.7%減)、営業利益2億3300万円(92.0%減)、経常利益2億2700万円(92.2%減)、当期損失1億6000万円(前年同期は16億8400万円の当期利益)となった。

そして、通期予想は営業赤字、経常赤字に転落し、当期赤字幅がさらに拡大する見通しだ。

通期は、売上高810億円(6.3%減)、営業損失20億円、経常損失21億円、当期損失34億円を見込んでいる。

とのことで、全国展開の仕入れ型ジーンズカジュアルチェーン店は3社とも苦戦が続いているといえる。

ライトオンは15年8月期、16年8月期と増収増益を達成していたが、15年8月期は8年ぶりの増収増益だったので、苦戦続きと評される範疇内ではないか。

ジーンズメイトは売上高100億円を割り込んでしまい、全国チェーンとは呼べない規模にまで縮小しているし、マックハウスも売上高400億円を割り込んで減収基調は止まらない。

去年の今頃のメディアの主流となっていた「ユニクロ失速、ライトオン復活」という論調は完全に事実誤認に基づくものだったといえる。

小島健輔さんが、ブログでインディテックス社(ZARAを展開)、H&M、ファーストリテイリングの3社の決算を比較して「ファーストリテイリングの脱落」と評されているが、個人的には「インディテックス社の独走、H&Mの足踏み、ファーストリテイリングが少し後退」というのが正しいのではないかと思っているが、数字面に関しての比較はまったくその通りだし、ファーストリテイリングと同等の比較対象はこの2社とあとはGAPなど数社を加えたグローバルSPAしか適当ではなく、売り上げ規模が10分の1以下のライトオンや、3分の1以下のしまむら、6分の1以下のアダストリアなどと比較するのは、規模的に無理がある。

おまけにファーストリテイリングは減益とはいえ、黒字額が巨額であり、赤字スレスレの企業の増益とは比較する土台が異なる。

昨年の今頃盛んだった「国内ではユニクロ一人負け」の論調は意味が分からなかった。

今回のライトオンの苦戦の原因は、

https://ryutsuu.biz/accounts/j032802.html

気温、気候の環境要因、その他外的要因の影響もあったが、前年からの持ち越し商品の消化が進まなかったこと、前年の売れ筋商品を踏襲した商品群が多くなったことで、売場が新鮮味に欠け、集客が大きく落ち込んだ。

と発表されており、ライトオンの売り場を見ているとこれはかなり実情を正直に語っていると考えられる。

なぜなら、前期・前々期の増収増益当時に、業界では「ライトオンはかなり売れ残り在庫を貯めこんでいる」と噂されていたからだ。
当時、2014年後半から2016年春までライトオンは珍しく、店頭での最終投げ売りがほとんどなかった。

だから2014年から2016年春先まで、筆者はライトオンで商品を買っていない。

現在の国内において、セール末期に投げ売り無しで売り切ることができる大規模チェーン店は皆無である。
個店や中小チェーン店なら投げ売りなしでの売り切りは可能だし、現実にそういう店がある。

なぜなら、顧客と密接に結びついており、顧客一人ずつの好みを把握して商品仕入れすることができるからだ。
そうすると投げ売りせずとも商品をある時期までには完売することができる。

しかし、全国規模のチェーン店でそういう仕入れは無理だ。
顧客の数も多すぎて、誰がどんな好みなのかを把握することは現時点では不可能である。

従って大勢が好みそうな商品を仕入れたり、企画製造するほかない。

だから売れ残りは必ず発生するし、それを期末で投げ売りしてでも処分する必要がある。
ユニクロしかりジーユーしかり無印良品しかりライトオンしかりジーンズメイトしかりである。

そういう構造であるにもかかわらず、ライトオンはその時期投げ売りをしなかった。定点観測していると完売していないことはわかる。おそらく倉庫へ格納したのだろうと推測したが、そうなると翌シーズンに再投入するにしても在庫過多に陥ることは当然といえる。

2016年3月以降に通常の処分セール品がライトオンの店頭に増え始めた。
だからその投げ売り品を昨年はそこそこ買ったし、今年もまた買ってしまうと思う。

例えば、2015年秋冬にライトオンは、丸八真綿とコラボしたダウンジャケットを店頭投入した。
定価はだいたい1万4000円くらいだった。

これまでのライトオンならこのダウンジャケットは2016年の1月のバーゲンで9900円くらいになる。
2月か3月まで待てば残っている商品は7900円くらいにまで下がる。
ところが、そこまで下がらずに早々に格納されてしまった。

2016年秋冬に再投入されたが、年末には7900円くらいまで値下がりした。
もちろん7900円に下がったときに1枚買った。

「好調」といわれていた2期はこういう商品が多かった。

だから「前年からの持ち越し商品の処分が進まなかった」のであり、筆者が見てきた商品はその一部だと考えられる。

現在の店頭にも前年からの持ち越し処分品が並んでいる。

全国展開する仕入れ型のジーンズカジュアルチェーン店は現在、本当に岐路に立たされている。
仕入れ品のみで全国規模を維持し続けるのは無理で、そのことは全国展開の大手セレクトショップ各社が疑似SPA化していることが立証している。

ライトオンは今回の決算で、「SPA企業」ではなく「品揃え型ジーンズショップ」を目指すことを改めて標榜しており、これは現状のままではかなり実現は厳しいといえる。

ライトオンもマックハウスもほとんど一本足打法である。
従来型の仕入れ型ジーンズショップのままで今以上に規模を拡大するのはかなり難しい。

必然的に新業態の開発が求められるが、これまで全国型ジーンズチェーン店で成功したためしはない。

ライトオンはチャイム、フラッシュリポートを今期で完全撤退する。
代わって新業態「ノーティードッグ」を立ち上げ、今年度だけで28店舗のオープンを予定している。
これはかつて2店舗を出店してから遅々として出店が進まずついにはブランド廃止となった「ソルト&ペッパー」の失敗を繰り返していないといえる。
ただ、この業態が売れるかどうかは未知数だ。

マックハウスも新業態「スーパーストア」を打ち出しているが、こちらも売れるかどうかは未知数だ。

ジーンズチェーン店は、似たようなジーンズカジュアルショップを派生させてしまう傾向が多いが、それは本体との区別ができにくい。
マックハウスの「スーパーストア」はもっとコンテンポラリーなテイストにしているが、こちらは什器や店内の画像を見る限りにおいてはユニクロとテイストがダブるので、すぐさま大ヒットするということは考えにくい。

かといって、慣れていないテイストの店を始める場合に、ジーンズカジュアルチェーン店各社にはそれに対応できる人材がなかなか少ないから、外部からの招聘が必要となる。

ライトオンも含めた全国展開のジーンズカジュアルチェーン店3社は今後どのように舵を取るのか、注目してみたい。




値下げ品をちょっと買いすぎたかも

 今日はお気楽に。
恥ずかしいのだが、年末年始の無駄遣いをさらそうと思う。
まあ、誰得企画である。

年始の1月2日のバーゲンでは、ユニクロで1990円に値下がりしたスリムフィットチノパンを2本だけしか買わなかったことを以前に書いた。

しかし、年末ぎりぎりの12月29日に2点買っており、その後、1月10日に3点買ってしまった。

ちょっと時系列で買った商品を紹介したい。
もちろん、全アイテムは定価では買っていない。すべて値引き品である。

12月29日にダイソーで大掃除道具をまとめ買いをしたついでにセーターと春秋用のコートを買った。

セーターは久しぶりにGAPである。
1年ぶりくらいだろうか。

胸にボーダー柄の入った紺色のセーターである。
材質はメリノウール50%・ナイロン50%。
これと同じ品番の色違いで、ライトグレーベースでネイビーと白のボーダーがあったのだが、そっちは売り切れていたので、次善策としてこれを買った。

定価は9900円(税込み)がなんと1900円に値下がりしていたのである。
GAPのむちゃくちゃな値引きは相変わらずである。
しかも値札からさらにレジにて20%オフ、メンバーズ割引で5%オフで、合計25%オフされ、1492円(税込み)になった。これは安いということで買った。

IMG_2199

一昨年くらいから気になっていたのだが、GAPのサイズ感が大きくなっているように感じる。
オールドネイビー撤退、バナナリパブリック縮小ということで日本向けサイズなんてめんどくさくて作ってられねーぜということでアメリカサイズに戻ったのだろうか?

Mサイズでかなりゆとりがある。

思い余って洗濯機にぶち込んで回してやった。
そして天日干しして、これで幾分か縮むことを期待したのだが期待外れだった。
ほとんど縮んでいない。ウールセーターは洗濯すると縮むというのは最早過去の伝説になってしまったのだろうか。

これはちょっと買って後悔しているが、今更返品もできないのでせいぜい使い倒そう。

同日に買ったのが、ユニクロUのブロックテックコートである。
これはずっと買おうかどうしようか迷っていたのだが、残り少なくなっていたので清水の舞台から飛び降りるつもりで買った。

IMG_2200

定価7990円が5990円(税抜き)に値下がりしていた。
これは濃紺Mサイズなのだが、心斎橋店で最後の1枚だった。
だからこれはかなり満足度が高い。ブロックテックなのでレインコートも兼ねて登板回数が増えそうだ。

で、2017年が明けて、バーゲンでチノパンを2本買っただけのときに、たまたまAmazonからバーゲン品の案内メールが来た。
それを見ていると、やたらと安いリュックが並んでいる。だいたい60~70%オフと表示されている。

リュックは最低でも撥水機能がないと買わない。理想は防水だ。

雨の日でも背中に背負って歩くので、リュックは雨に濡れる。
雨に濡れると撥水、防水でないと中身がずぶ濡れになる。

だから撥水、防水リュックを見ていたら、この3ウェイリュックが目に入った。
手提げ、ショルダー、リュックになるタイプで、レビューを読むと「防水は完璧」とあった。
価格は73%オフで2700円(税込み)となっていたので、これをポチった。
送料は無料だ。色はネイビー。

IMG_2220

中国の企業が出品しているのだろう。送り先は中国になっていた。
そのため、到着するまで1週間以上くらいかかったが、別にそんなに急ぐ必要はないので、それほど気にはならなかった。手元について商品をあちこちいじってみると、けっこう、作りが頑丈である。
2700円ならかなりのお買い得品だといえる。

十日戎の3連休明けに買ったのが、ブロックテックパーカとMA-1ブルゾンである。
どちらも愛用のユニクロである。

ブロックテックパーカは定価7990円が5990円(税抜き)に値下がりしていた。さらにオンライン通販専用の500円割引クーポンを持っていた。
だから、店頭で試着してその場で、スマホから購入した。
これで5490円(税抜き)・送料無料で買えた。
カラーは暗めのブルーで紺よりは明るい。サイズはMサイズである。

IMG_2221

これと同じ日にこちらは店頭で買ったのがMA-1である。
秋に入荷していた物だが、定価3990円が期間限定で1990円に下がっていた。
ユニクロUのMA-1はちょっとオーバーサイズ気味に作られているが、こちらは細身に作られている。
オッサンとしてはMA-1は土木作業員になる可能性があるが、細身デザインだし1990円ならお試しでも惜しくはないと思って買った。
最近のアウターはほとんど紺なので、これは思い切ってオリーブグリーンにした。

IMG_2223

これの作りはかなり丁寧で、3990円でもそれなりに値打ちはあるが、1990円なら圧倒的なコストパフォーマンスである。同じ価格でもジーユーの商品とは比べ物にならない。

そして、最後につい先日、衝動買いしてしまったモッズコート風の薄手ダウンコートである。
これはライトオンで買った。
なぜ買ったかというと半額以下に値引きされていたからっだ。
ライトオンの自社ブランド「バックナンバー」の商品で、表面の素材は帝人フロンティアの防水素材「ウォーターバリア」である。
薄くダウンが詰められている。

IMG_2222

定価13800円が7900円(税抜き)に値下がりしていたのだが、この程度ならまだ買わない。
そこからさらに期間限定で2000円引きされていて、5900円(税抜き)まで値下げされていたのである。

解消なしの貧乏人がこんな無駄遣いをして良いのだろうかと迷いながら買ってしまった。

もう何度か着用しているが、暑がりなので分厚いダウンだと汗だくになってしまう。
これくらいの薄さでちょうど良い。そして、ウルトラライトダウンと異なり、ほとんど羽が抜け出てこない。
よほどにしっかりしたダウンパックが内蔵されているのだろう。

5900円でこのクオリティとデザインなら恐ろしくコストパフォーマンスが高い。

今冬買った防寒アウターの中で最大のヒット商品だといえる。
今年の年末に振り返ったときに「コスパオブザイヤー2017」の一つに確実に入賞するだろう。

あ、それから、ライトオンのバックナンバーには購入していないのだが、ダウンを内蔵させたズボン「ダウンパンツ」という商品がある。今、店頭では2900円に値下がりしている。
履き心地を試してみたい衝動に駆られるのだが、どうしたものだろうか。

1月2日のバーゲンを過ぎると、純然たる防寒アウターを買うことにためらいが出てくる。
あと丸2か月半は着用できるのだが・・・・・。
そのため、ブロックテックコート、ブロックテックパーカ、MA-1は春先以降の着用を見越して購入した。
この3点は春先以降の着用という点以外に共通点があって、いずれも防水または撥水機能が付けられている点である。

もう50歳手前のオッサンになると、洋服に見た目以外の機能性を求めるようになる。
防水とか撥水とかノンアイロンとかイージーケアとか給水速乾とか。
そういう点でもユニクロはオッサンの心をとらえる商品を圧倒的にとらえる商品を供給している。

昔のユニクロは安くて機能性はあったが、デザイン・色・柄・シルエット・サイズ感がクソダサかったが、その点が払拭されている。高いだけの洋服よりもユニクロが重宝されるのは当然至極だといえる。
この理屈が理解できない「ファッションガー」とか「本物ガー」は決して消費者のニーズをとらえることはできないだろう。根本の感覚がズレているからだ。

まあ、そんな感じで、冬物の買い物はこれで終了したい。

2月からは春に着用できるお買い得品・投げ売り品を買いたいと思う。




ジーユーとライトオンで買ったお買い得品

 今日はお気楽に。

7月からジーユーにセルフレジが導入された。
全店ではなく、大型店に限定されており、今後順次各店に導入されるのではないかと見ている。
導入当初のジーユーの発表ではICタグが高価なため一斉導入が難しく、他ブランドとも共同で導入したいというようなコメントがあった。

西友やらライフやらの食品売り場にはすでにセルフレジが導入されている。
しかし、バーコードをスキャンさせるのに意外に時間がかかり、結果としては人間が打つレジの方が速い。
何度か西友やライフでセルフレジを利用したがイマイチ反応が遅くてイラっとする。

そのため、ジーユーのセルフレジがどれほどの物かと様子見をしていたのだが、専門学校の生徒に「一瞬で金額計算されるからめちゃくちゃ速くて便利」と教えられたので、試してみたくなった。

IMG_1909

しかし、セルフレジを試すためにほしくもない商品を買うのは、バカらしいし金の無駄だ。
ジーユーを定価で買う気もないし、値下げされていてもほしくない商品なんて買ってもゴミを増やすだけで金ももったいない。

そんなことを考えていたら、10月の下旬に「カラーストレッチジーンズ990円」という期間限定値引きを見つけた。
定価1990円が990円(税抜き)に3日間下がっていた。

これのブラックを1本買おうと思ってさっそく心斎橋店へ向かった。

で、試着してみて、買ったのだが、たしかに計算は速い。
ボックスに商品を入れてふたを閉めて会計ボタンを押すと2秒くらいで金額が表示される。
西友やライフのセルフレジよりよほど速い。

たしかに便利である。

買ってみたカラーストレッチジーンズだが、細目で悪くない。
組成は綿99%・ポリウレタン1%だが、ストレッチ性は良い。

IMG_1994

しかし、これを定価で買うかといわれるとNOと答える。
1990円という値段相応だと思うが、その価格でどうしても欲しい商品ではない。

990円という価格なら買いだ。

右足の太もも部分の生地に織りキズがあるが、990円なら仕方がない。
その程度の不具合はある。

IMG_1980

(太ももの織りキズ)

ジーユーのメンズは商品デザインや使用素材が向上しつつあるが、玉石混淆している。
けっこう良い物もあるが、一昔前の量販店の平場商品のようにダサくて生地の悪い商品もある。
今秋冬のミリタリー系のアウター類はけっこう出来が良い。
一方、セーター類やシャツ類は安っぽい物が多い。

このストレッチカラージーンズは偏差値50くらいだろう。

もう一つお買い得品を買った。

ライトオンがこのところ在庫処分品を大量放出している。
今春は見切り販売をほとんどしなかった。
ついでにいうと1月からの冬セールも例年ほどの値引きをしなかった。

それでも業績が回復基調なので、今春夏はそのままで来たが、おそらくは在庫が積みあがっていたのだろう。
9月度の既存店売上高も前年を割り込んで、その理由としてある関係者は「景況もあるが、これまで処分品狙いだったお客が処分品が少ないため買い控えているのではないか」との指摘があった。

10月に入って、今年1月から5月くらいまでため込んでいた在庫の見切り販売を開始している。

そんな処分品の中で、今春に発売された撥水機能付きジャケットが投げ売りされていた。
M65タイプのジャケットで、帝人フロンティアの「ウォーターバリア」というポリエステル素材が使用されている。
雨粒を吸い込まずにすべて表面上を流すという効果があるらしい。
組成はポリエステル100%で薄い。ウインドブレーカーみたいな感じを想像してもらうとわかりやすい。

これのオリーブグリーンがヨドバシカメラ梅田店のライトオンに残っていたので買った。

IMG_1979

定価7900円が1900円(税抜き)にまで値引きされていた。

撥水機能があるが、普通のM65タイプのウインドブレーカーとして着用しても違和感はない。

この2点はかなりのお買い得だったといえる。
同じ素材のレインテイラードジャケット、レインステンカラーコートもそれぞれ税抜き3900円に値下がりしているのでこちらも割合にお買い得だが、割引率はこのM65が一番大きい。

あと、ライトオンでは、ビッグジョンが企画生産する「ワールドワーカーズ」の襟無しジージャンが3900円にまで値下げされており、これも買って損はない。
筆者はもう一段の値下げまで待ってみようかと思っている。

10月から始まったライトオンの投げ売り品にはお買い得がけっこう含まれているので、興味のある人は要チェックだと思う。





アウトドアっぽくない撥水ジャケットに注目

 さまざまな評価はあるだろうが、個人的には素材の上質感を謳うよりは機能性を謳ったほうが需要が多いのではないかと思う。

今春夏で注目が多いと感じるのは、撥水・防水機能である。
今まで撥水・防水機能というと、ゴアテックスという素材ブランドに代表されるように本格的なアウトドアブランドが多かった。
山などで急な雨に降られたケースを想定して、それをブルゾンなどに使用するブランドが多く、日常着ではあまり取り入れられてこなかった。

しかし、よく考えてみれば日常着でもそういう機能がついていれば便利だ。

とくにバッグや靴は便利である。
ほんの15年前くらいまでは、雨用の靴というとゴムの長靴ぐらいしか存在しなかった。
そういえば、筆者の祖父はまだ現役当時、雨の日は背広に長靴を履いて出社していたが、最近そういう姿のサラリーマンは見かけない。
スーツとゴム長靴というコーディネイトはいつごろから消えてしまったのだろうか。

筆者の父もそういう服装で通勤していた時期があったと記憶している。

ご存知の方がおられたらお知らせいただきたい。

それはさておき。

10年位前からレディースではおしゃれな長靴が増えた。
それによってレディースではさまざまなデザインのレインシューズがリーズナブルな価格で登場している。

メンズのビジネスシューズだと2万円超の防水シューズは少数のブランドから発売されていたが、リーズナブルな価格の商品はいまだに安っぽい表情をしている。
あとはアウトドアブランドの防水ブーツくらいしかなく、リーズナブルな価格でスニーカーとかカジュアルシューズでの防水機能付きというのはなかなかなかった。
それがようやく5年ほど前からちらほらと表れてきた。

今度、スペルガが防水機能スニーカーを発売する。
これを買ってみたいと思う。

バッグだが、自転車で最寄り駅まで通う人間にとっては防水機能は必須である。
傘をさしていてもバッグはずぶ濡れになる。
中の本や書類が濡れるのはちょっとつらい。

そんなわけで4月と5月で防水リュックを1つずつ買った。
出張用に45リットルのナイキを、日常使いとして24リットルのホットスタイルを。

次にほしいのが撥水・防水ジャケットである。
これまではアウトドアブランドの商品しかなく、アウトドアブランドはともすると街中では着辛いデザインが多かった。
それと防水ジャケットというといわゆるレインコートだが、筆者は中学生時代にレインコートを着用したことがあるが、通気性が悪く秋冬は良いが、夏場はサウナみたいになってしまった。
これがあるので今まで防水ジャケットは着用したくなかった。

防水しながら湿度を逃がすゴアテックス素材ならそういう悩みを解決してくれることはわかっていたが、これを使った製品はかなり価格が高い。
5万円を超えるような商品も珍しくないし、低価格品には使われていない。

防水または撥水機能があって透湿機能があって値段が安くて街中でも着やすいデザインの商品があればよかったのだが、これまではそういう商品をあまり見かけなかった。

が、今春夏はそういう商品がいろんなブランドから発売されており、撥水・防水ジャケットの需要が高まっていると感じる。逆にそれくらいしか消費者が注目するような機能を見つけられなかったということだろうか。

ビューティ&ユースでは18000円くらいで防水ジャケットが売っている。
しかもテイラードタイプだから街中でも着やすいし、ビジネスでも着用できる。
ほかに3万円台のもあるし、もっと高いのもある。

18000円のがほしいとも思うが買えないので、さらに低価格代替品を探してみた。

あった。
ライトオンに6900円でテイラードタイプのがある。
帝人フロンティアの機能素材だそうだ。そうタグに書いてある。

0000162001469_0019_L

(ライトオンの通販ページの画像1)

同じ素材でデザイン違いでコートタイプとM65タイプの2型がある。
こちらは両方とも7900円である。

0000162001470_0019_L

(ライトオンの通販ページの画像2)

0000162001468_0019_L

(ライトオンの通販ページの画像3)

透湿機能もついている。
しかし、筆者は極力低価格で買うことを目指しているから、これが値下がりするまで待つつもりでいる。
3割引きくらいになったら買おうとテイラードタイプのを買おうかと思う。
半額に下がるまでには売り切れるというのが個人的な予想だ。

かわりに同じライトオンで1900円の撥水パーカを買った。
黒と紺の2種類があるが、黒はオンラインショップではすでに売り切れである。

securedownload

なんだか知らないブランド名を書いたタグがつけられているが、製造元は岐阜のメンズカジュアルメーカー水甚である。
だいたい量販店系のところに卸売りをしている老舗である。
同業他社には岐阜武というメーカーもある。
量販店やメンズカジュアルチェーン店を両社とも得意先としている。

昔はもっと野暮ったいいかにも量販店系のデザインの商品が多かったが最近では随分と見た目はマシな商品が増えている。
そういう意味では進歩しているといえる。

ポリエステル100%で、撥水、透湿機能がある。
防水ではないので大量の雨だと濡れる。

ユニクロのポケッタブルパーカと同じような素材感だが、こちらは新価格で3990円である。
旧価格なら4990円だ。撥水機能があるとはいえ、ちょっと高額すぎる。
これなら水甚のこれを買ったほうがずっとお得感がある。

素材名はダルシャインとタグに書いてあるが、素材メーカーの名前はない。
決して「だる社員」ではない。筆者もサラリーマン時代は相当に「だる社員」だったが、そういう社員は世の中掃いて捨てるほど存在する。

で、気になってちょっと尋ねてみた。

関係者から寄せられた答えは、水甚が決めた名称で、基布自体は中国製だそうだ。
中国で作られた機能素材に日本のメーカーが自社用の名称を与えたということだろう。

国内の素材メーカーが開発した機能素材が全般的に優秀だと考えているが、簡単な機能素材であればもはや中国でも開発できるようになっている。圧倒的な機能差があれば別だが、ほとんど差がないような場合は価格が安い中国製が選ばれるということである。
単なるスペックだけでの打ち出しならいつかは負ける可能性もある。
国内素材メーカーはその部分に注意が必要だろう。

まあ、そんなわけで「だる社員」ならぬダルシャインのパーカを購入して着用してみたのだが、なるほど35年ほど前に着用したレインコートよりは蒸れが少ない。たしかに透湿機能はある。
お買い得商品の一つと言って差し支えないと思う。

それにしても便利な時代になったものである。低価格で機能商品が手に入り、しかもデザインも悪くはない。

衣料品ブランドに限らず各分野の商品はこういう競争を強いられており、それが嫌だというなら違う売り方を模索するほかない。



洋服の買い上げ客数を増やすことが難しい時代

 昨年11月、12月とユニクロの既存店売上高が減少した。
これをもって盛んに「ユニクロ失速」という記事がメディアに掲載されたが、今年1月はセールが好調で既存店売上高が伸びた。すると、その手の記事はほとんど掲載されなくなった。
まあ、メディアなんていつも現金なものである。

個人的にいえば、ユニクロの前年実績は好調だったからそれを越えるというのはかなり高いハードルだと思うし、国内市場でいうと飽和点に達しつつあるのではないかと考えられるから、成長曲線が鈍化もしくは少しくらい下落しても不思議ではない。

そういえば飛ぶ鳥を落とす勢いだったソフトバンクだが携帯電話の加入者が前年実績を割り込んでいる。
いつまでも無限成長し続ける企業はないということである。

一方、ライトオンは11月、12月と好調だったからユニクロ失速の一例として挙げられることが増えた。
しかし、結論からいうとライトオンはそれまで前年実績を下回り続けており、前年実績のハードルは非常に低かった。

これを非常に上手く見つけた記事を発見した。
良記事なのでぜひとも参考にしていただきたい。

別の視点から数字を見る
http://www.apalog.com/fashion_soroban/archive/20

この記事は2011年秋冬、2012年春夏を基準として、それに対しての既存店売上高、既存店客数、既存店客単価の推移を再構成しているところが秀逸である。

これをまとめなおすのはけっこう骨が折れる。
かなりの労作といえる。
自分でもやれば良いのだが、こんなにめんどくさいことはちょっとやる気になれない。
本当に素晴らしい資料だと思う。

lISP4453kJSCUYsx

この表から見ればわかるように、「失速」と喧伝されているユニクロだが、2011年から比べると2015秋冬は8%増の売上高である。
また、2012年以降はすべて基準年実績を上回っている。

ただし客数は2015年秋冬は初めて減少している。
反対に客単価は2015春夏、2015秋冬とそれぞれ上昇している。
値上げが顕著に反映されていると考えられる。

一方、メディアで持ち上げられ過ぎの嫌いがあるライトオンだが、2013秋冬から一貫して既存店売上高が減少し続けている。

記事内でも指摘されているように2015秋冬の「好調」は単に2011年当時水準まで回復しただけということがわかる。

客単価は2012年から一貫して上昇傾向だが、客数は落ち続けている。
好調と言われた2015年秋冬も客数は減ったままである。

ついでにユナイテッドアローズである。
ユナイテッドアローズは2012年以降、一貫して既存店売上高は伸び続けているが、客数は2014年から減少し続けている。
客単価は2014年、2015年と続けて高い伸び率を示している。
これは相当に値上げがあったと考えるべきだろう。

個人的な感想でいうと、値上げしたから客数が減ったのかもしれず、反対に客数減を値上げで補ったともいえるだろう。
ユナイテッドアローズの値上げ路線はこれ以上進むとさらなる客数定価を招くので危険ではないだろうか。
ユナイテッドアローズが街の個店なら「お好きにどうぞ」というところだが、仮にも上場しているので、そういう奇策は株主の反発を招く。
客数は落とさず売上高も伸ばし続けるというかなりきわどいミッションをこなし続けなければならない。

この記事でも触れられているのだが、客数を伸ばすというのは本当に困難なことになりつつあるといえる。
決算で発表される客数とは「買い上げ客数」のことだから、入店客数ではない。
「洋服を買ってもらう」ことがかなり困難なことになりつつあるということである。

洋服を買わない理由はいろいろとある。
以前にも書いたことがある。

トレンドがあまり変わらない、洋服があまり傷まない、次々と新しい服を着ることに興味がない、可処分所得が減った、などなど。

メディアではよく、現在を指して「ファッションは冬の時代」というが、冬というのは待っていれば春が来る。
しかし、現在もこれからも「待っている」だけではファッションに春は来ない。むしろ今が常態ではないか。
だから冬の時代ではない。

そこを踏まえて考える必要がある。




ウルトラライトではないダウンジャケットを買ってみた

 さて、今日はお気楽に。
関西では十日戎も終わり、今日15日で松の内も終わる。

関東では7日で松の内が終わるが、ネットで調べてみると、江戸幕府が7日に切り上げたが関東以外の地域には広まらなかったと書いてあった。

1月2日のバーゲンでの買い物のことを以前に書いたが、正直に言って、12月と商品価格があまり変わっておらず、わざわざその時に買わねばならないという物が少なかった。

その後もぶらぶらと、各施設を流し見していたが、目ぼしい物はあまりなかった。
低価格ブランドはバーゲンシーズン以外でも低価格品があるし、低価格ではないブランドは、低価格品を見慣れた人間からすると「高い」と映る。
それでいて、品質やらデザイン性にそこまでの差別化がないから「これなら低価格品のさらに値引き品を買った方がマシではないか」と考える人が増えても不思議ではないと感じる。
貧乏な筆者はモロにその考えにとらわれている。

例えば、メンズのダウンジャケット類だが、ファッションビルに入店しているアパレル直営店だと定価が2万円~3万円台である。30~50%割り引かれても1万円台半ば~2万円強である。
1月15日現在はだいたいそのような価格帯だ。

ユニクロ、ライトオン、ジーンズメイト、無印良品などで販売されているダウンジャケット類(ウルトラライトダウンは除く)は、値引きされた価格がだいたい7990~9900円くらいで1万円を下回る。

これが2000年代半ばまでなら、あきらかにアパレルブランド直営店とそのあたりの低価格品はデザイン性が異なった。アパレルブランドの製品はセンスがよかったし、低価格品は野暮ったかった。
ダウンでいうなら、外側の生地の色柄・発色性、シルエットのトレンド性、いずれもアパレルブランドの方が完全に勝っていた。品質は同等だったかもしれないが。

あの色柄であのシルエットのダウンジャケットは低価格品にはない。

そう思わせるほど、「見た目」の差が顕著だった。
何せ、こんな筆者でも2000年代半ばまでは、アパレルブランド直営店のバーゲン品をある程度は買っていたのだ。それはブランド直営店にしかない色柄、デザイン、シルエットの製品があったからだ。

2000年代後半からこの「見た目」の差が圧縮された。
2016年の現在はほとんど無いに等しいと感じる。

1月2日以降、追加で買い物をしたのでそれを紹介してみたい。
まあ、恒例の誰得企画である。

ウルトラライトダウンは一昨年のインナーダウンジャケット、昨年のインナーダウンベストを所有しているので欲しくない。他社の軽量ダウンも10年くらい前から2,3枚持っている。
今回は軽量ではないダウンジャケットを買おうと思い立った。それもできる限りの低価格で。
実は筆者は軽量ではないダウンジャケットを一枚も持っていないから余計に買ってみたくなった。

ユニクロの通常のダウンジャケットは現在7990~9990円に値下げされている。
ライトオンの丸八布団とのコラボダウンジャケットは9900円均一に値下げされている。

ユニクロの7990円に下がったダウンジャケットを買おうかとずっと思案していたが、正直ユニクロ製品には飽きているし、たまには違うブランドも買ってみたい。
そうでなくても普段から全身ユニクロで固まってしまってユニクロの店員みたいになっている日が多いのに。

ライトオンの丸八ダウンを買おうかと思ったが、もう一段安くなるまで待とうと思った。
デザインはユニクロよりこちらの方が好きなのだが。

そこでジーンズメイトに行ってみた。
実は昨年後半からもっとも購入したのはジーンズメイトのプライベートブランドである「ブルースタンダード」の値下げ品なのである。

37・5歳をターゲットに企画しているので、そこそこトレンドを加味しつつもトラッドカジュアルにまとまっており、なかなか良いと思う。
ただ、その割にはサイズ感がヤング向けでタイトすぎる感じがするので、筆者はいつもLサイズを買う。

なかなかデザインが良い割には売れ残りが多いのは、ジーンズメイトという店舗が学生向けで周りの商品とミスマッチしているためと、サイズ感が中年男性には細すぎるからではないかと感じる。
投入店舗とサイズ感を間違えているのではないか。

それで売れ残って値下げされているからこそ、筆者がよく買うのであり、これを改善されて売れるようになると筆者が値下げ品を買えなくなるのでジレンマである。

この「プレミアムホワイトダックダウン」は定価が18000円だが、すでに40%割引になっており、10800円である。
このままの価格なら買わないが、ジーンズメイトのレシートにはときどきクーポン券が付いている。
幸いにも正月の買い物(エドウインのダークグレーのストレッチパンツ)で、クーポン付のレシートを手に入れていた。値札からさらに30%オフである。

これを使うと7560円となる。
ユニクロのダウンよりも430円安い。
ということでこのダウンジャケットを買った。
マスタードはLサイズが売り切れていたので、次善策としてネイビーのLサイズを買った。

FullSizeRender

ちなみにダウンのグレードとして「ふとんのタカオ」のウェブサイトによると

ホワイトダックダウン<シルバーグースダウン<ホワイトグースダウン<シルバーマザーグースダウン<ホワイトマザーグースダウン<アイダーダウン

http://futon-takao.com/qa02/

とある。要するに一番ランクが低い。
下げ札には「600フィルパワー」とあり、これも低くはないが飛びぬけて高いわけではない。
ただ、平地で日常生活を送るにおいては、これくらいの機能で十分だし、分厚いからウルトラライトダウンよりは暖かいので買って不正解ではないと感じる。

税込で8164円はまずまずのコストパフォーマンスではないかと思う。

次に買ったのが、ルメール&ユニクロのラムウールショールカラーカーディガンである。
定価5990円が1290円にまで値下がりしていたのでMサイズの黒を買った。
かなり厚手の編み地で、上には薄手のジャケットしか着られないが、それはなんとかこちらで工夫しよう。
生地の品質も高いし、着てみると保温性もある。
これはこれで工夫次第で活躍できそうな気がする。

IMG_0732

ルメール&ユニクロを買ったのはこれで2枚目である。
もちろん定価では1枚も買っていない。

それと同じく「ブルースタンダード」で黒のサテンストレッチパンツを買った。
定価6000円の半額で3000円に下がっており、さらにクーポンで30%オフなので2260円(税込)である。
Mサイズでも穿けたが、細身すぎてレオタードみたいになってしまったので、Lサイズを買った。
50歳手前のオッサンのレオタードみたいな脚なんて世の中の人は誰も見たいと思っていない。

IMG_0722

追加で買ったのはこの3点で、あとは丸八ダウンが2月末までに劇的に値下がりすれば買ってみたいと思っている。

1月のバーゲンでの買い物は概ねこんなところで終了しそうである。




このまま暖冬が続くなら防寒アウターが大幅に値下がりしそう

 今日はお気楽に。

11月は例年になく暖かかった。
12月も高気温で推移している。ちなみに今週金曜日の大阪の予想最高気温はなんと20度である。
もちろん外れることもあるが、低くとも18度前後だろうから暖冬傾向は間違いない。
このまま年明けまで暖冬なのか、年末年始に大寒波が来るのかはわからない。

しかし、これだけ気温が高いとアパレル各社の防寒アウターは動かない。
防寒アウターは単価が高いからアパレル各社の稼ぎ頭の一つでもある。
それが動かないということは必然的にアパレル各社の売れ行きは苦戦するということになる。

アパレル各社からすれば早く寒波が襲来してほしいことだろうと思う。

現在、12月半ばということはプレセールが始まっており、定価販売はほぼなくなっている。
定価販売ではないが、このまま暖冬なら間違いなく防寒アウターは売れ残り、各社は年明けのバーゲンで大幅値引きをすることになる。
値引きである程度売り減らすことができれば良いが、下手をすると大量に残すこと可能性もある。
大量に売れ残りが発生することの方がアパレル各社にとっては恐怖である。

一方、消費者の立場で考えるならこのまま暖冬が続くと、普段は高額な防寒アウターを格安で購入できる可能性が高まっているといえる。
年明けのバーゲンでも大量に残ることも考えられるから、さらなるもう一段の値下げも期待できる。

そんなわけで、筆者は防寒アウターを格安で買えるのではないかとwktkしているところである。(笑)

売り場を見渡すと原材料費の高騰からダウンジャケットが減って、低価格品は中綿ジャケットに置き換わっている。
ダウンジャケットは最低でも1万円を越える商品だけになっており、例外はユニクロのウルトラライトダウンくらいである。
ダウン含有量が少ないから7990円とか6990円での販売が可能となっているのであって、通常の量のダウンジャケットで1万円以下を実現するのは至難の業だ。

今冬はウルトラライトではないダウンジャケットを買ってみようかと思っている。

そこで12月の段階での各ブランドのダウンジャケットの値段を比較してみる。

ユニクロのウルトラライトではないダウンジャケットは1万円超えである。
11900円とか12900円とか14900円とかそういう価格帯であり、これらのうちいくつかがときどき週末値引きや期間限定販売で安くなる。

安くなった場合はだいたい9990円である。
まれに7990円にもなるが、いずれにせよ、安くなっている期間は数日である。
現在はほとんどの品番は定価販売されている。

ジーンズメイトでは早くも20%オフとか30%オフになっている。
ただし元値が18000円とか19000円というものがほとんどで、20%オフ、30%オフでも1万円以上のままである。
これを現時点で買うほどの財力は筆者にはない。
ジーンズメイトでダウンジャケットを買うことがあるなら、50%オフ以上になってからである。
それが年末に実現するのか年明けに実現するのか、1月中旬以降になるのか、それはちょっとわからない。

意外にダウンジャケットの穴場はライトオンである。
ライトオンは今秋冬、羽毛布団の丸八とコラボしたダウンジャケットを発売している。
西川布団のダウンジャケットの変形アレンジ企画と言える。
セレクトショップ各社が昨年、一昨年と西川布団とのコラボでダウンジャケットを企画していたが、それの二番煎じでライトオンは丸八に白羽の矢を立てたということになる。

0000162001151_0071_L

(ライトオンの丸八ダウンジャケット)

そういう企画は嫌いではない。

価格は13900~17900円だが、すでに全品9900円に値下がりしている。

12月9日時点でもっともお買い得なのは9900円に値下がりしたライトオンの丸八ダウンである。

無印良品のダウンジャケットは好みではないので、筆者の選択肢には入らない。
まあ、ないとは思うが3990円くらいまで値下がりしたら買うかもしれない。

さて、個人的にはライトオンの丸八ダウンがもう一段階下がれば買いたいと思っている。

このまま暖冬が続くなら、もう一段階の値下がりはありえるんのではないか。
また年始に寒波が襲来したとする。しかし、年末までこの暖冬が続いていたなら店頭の商品量はそれほど減っていないだろうから、年明けのバーゲンで買っても間に合うのではないか。

そんなわけでどこまで値下がりするのか、値下がりする前に寒波が襲来するのか、そのあたり兼ね合いを見ながら購入時期を決めたいと思っている。




1 / 7ページ

©Style Picks Co., Ltd.