タグ: ジーユー (1ページ / 2ページ)

ルクアイーレの地下1階をユニクロとジーユーが2分割

 9月15日に大阪梅田のルクアイーレ地下1階にユニクロとジーユーがオープンした。

こう書くと、地下1階に2店舗が入ったと感じるが、実際は地下1階フロアはユニクロとジーユーで2分割されたのである。

この2店舗以外は、カフェが1店舗、小規模な生活雑貨店「ナチュラルキッチン アンド」が1店舗あるだけで、地下1階は実質的にはファーストリテイリングの占有フロアといえる。
2店舗合わせて約1000坪の広さがある。

ルクアイーレの地下1階フロアガイド
3がユニクロで4がジーユー

ちなみに地下1階にあった店舗はほとんど撤退し、オリエンタルトラフィックは他のフロアに移転し、三崎商事のゲラルディーニは撤退した。

これで、JR大阪駅周辺のユニクロ大型店は4店舗目となった。

大丸梅田店、ヨドバシカメラ梅田店、それから茶屋町の路面店である。

これに対して、「他の3店舗は苦戦するのではないか」という声がネット上では聞かれたが、それは現場を見ていない空想でしかないといえるだろう。

オープン当日の夜、8時過ぎにこのルクアイーレ店を見に行った。
ユニクロ店舗なんて腐るほど見ているし、夏秋の端境期でどうしても買いたい商品なんてないから、本当に雰囲気を見に行ったのである。

実際に見に行って驚いた。
地下1階のユニクロ、ジーユーは満員なのである。

はっきり言って、オープン当日に満員になる意味がわからない。
他のファッションブランドなら、希少性だとか物珍しさとかそういうことがあって、「長らく行きたかったが地元に店がなかったからオープン当日に足を運んだ」なんていうファンがいるのは当たり前だが、ユニクロなんて各都心にも複数店舗があり、自宅の近所にも職場の近くにも店がある。

多くの人にとっても、腐るほど見ている店舗だ。
ジーユーはまだユニクロほどの店数はないが、それでも大幅に増えて、都心にも地元にもあることは珍しくない。

また、オープン記念で、ルクアイーレ店だけの珍しい洋服が売っているわけでもない。
特に価値あるノベルティが多数配布されたわけでもない。

なぜ、オープン当日のしかも閉店まであと40分ほどしかない時間帯に満員になるほどに客が足を運ぶのか理解に苦しむ。

当日、ヨドバシカメラ店と大丸梅田店は足を運べなかったが、この後、茶屋町の路面店に移動した。
時刻は8時半前である。
閉店まであと30分強。

にもかかわらず、どんどん入店していくし、外から見えるエスカレーターはどの階層にも人が乗っている。

あと30分ほどしかないのに、これだけ入店するのかと驚かされた。

この日より1か月前のお盆ごろにヨドバシカメラ梅田店7階のユニクロにも足を運んだことがあるが、そのときは、それなりの客入りでにぎわっていた。
決して閑散とはしておらず、レジにも10人くらいは並んでいた。

閑散としていたのは同じフロアのコムサイズムである。
なるほど閉店セールになってしまうはずだと納得した。

ヨドバシカメラ店が今後苦戦するかというとそれはちょっと考えにくい。

というのは、JR大阪駅とついにヨドバシカメラが陸橋でつながったし、現在はグランフロント大阪とも陸橋でつながろうとしている。

つながっていない状態でもそれなりに集客していたヨドバシカメラだから、陸橋がつながればさらに集客は増えるといえる。
7階のユニクロに足を運ぶ人も減ることはないと思う。

大丸梅田店のユニクロの売り場には最近立ち寄っていないので何とも言えないが、大きく売上高を落とすことはないのではないか。

これだけの大型店4店舗がそれぞれ徒歩数分内に共存しているユニクロへの支持というのは、ちょっと想像を絶する。

もはや、そこら辺の旧態依然としたアパレル大手が束になっても勝てない。
そこまで支持される大手アパレルがあるのか?そこまで支持されるブランドを所有しているのか?

「ファッションでは俺たちに一日の長がある」と自負してきただろうが、それとても、ルメールとコラボした「ユニクロU」と「イネス・ド・ラ・フレサンジュ」とのコラボラインに加え、JWアンダーソンとのコラボラインも始まる。

従来のベーシック、トラッドなユニクロ商品に満足できなかった層も取り込みかねないラインナップをそろえつつある。

最近国内ではH&Mが不振になりつつあるといわれている。
H&Mの商品デザインが奇抜だとか商品品質が低いだとかそういう理由はあるにせよ、最大の理由はユニクロとジーユーが我が国市場を押さえているからではないのか。

ベーシック、トラッドはユニクロ
質は落ちるが安いトレンド品はジーユー

で、ある程度は事足りる。

コレクションブランド的なデザイン性の服はZARAで事足りる、となると、H&Mの入る隙間はほとんどない。
フォーエバー21はもっと存在スペースがないだろう。

ユニクロが伸び悩みだとか凋落傾向にあるだとか、昨対の増減のみで語る記事が増えているが、これほどの支持を受けているユニクロの国内基盤はむしろ鉄壁で1年や2年でどうこうなることは考えにくい。

9月15日、夜8時すぎのルクアイーレ地下1階でユニクロのすごさをまざまざと見せつけられた。

noteを更新しました。⇓

ユニクロより優れた商品は確実に存在する
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/n42506aa8f0fe

あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/

ジーユーで590円に値下がりしたベルトを2本買ってきた

 昨年夏にジーユーデビューを果たしてからちょくちょくと利用するようになった。

6月に入ってから、ベルトをジーユーで買った。
理由は値下げされていたからである。

ベージュのメッシュベルトが定価990円から790円に、レザー(本革)の細いベルトが定価1490円が790円に値下げされていた。
それがどちらもさらに200円値下げされて、590円になっていたから迷わずに買った。

IMG_3023

(590円で買ったメッシュベルトと本革の細ベルト)

昨年夏から今までジーユーで使った合計金額はざっと8000円程度である。
オッサンの目から見て、ジーユーのメンズはまだまだ「ツライ」と感じる商品が多く、頻繁には買わない。

が、中には良い物もチラホラと出てくるようになり、とくにベルト類は値段と品質、デザインをトータルで考慮すると、まずまずではないかと思う。

もちろん、髙いベルトはそれなりに高くなる要素はあるのだろうが、逆にベルトなんてよほどかっこ悪いデザインの商品を着用しない限りはさほど目立たたないから、安い物で十分だという考え方もありではないかと思う。
とくにカジュアルだと、タックイン(ズボンの中にシャツの裾を入れること)して着ることがほとんどないから、ベルトはあまり見えない。
見えないんだったら、ジーユーの590円ベルトでも良いのではないかと思う。

昔の量販店平場商品みたいにデザインがダサいなら、それを避けて高額なブランド品を買う必要性があったが、デザイン的にほとんどブランド物と差がなくなれば、低価格で十分という考え方の人が増えても当然だろう。

ジーユーのベルトのデザインは平均的で、決してダサくはない。
あえて言わなければジーユーの商品とはわからないだろう。

メッシュベルトはこのベージュだけが値下げされていた。
よほど売れ残っているのだろう。
ベージュのズボンに合わせるにはちょっと難しいが、黒や紺のズボンに合わせるならこの色でも使える。

個人的にはベージュのズボンを穿くことがほとんどないから、このベルトは使いまわせるだろう。

ベルト、とくに本革ベルトは今までは意外に値崩れしない商品で、知っている範囲でいうと1900円くらいが底値でたまに、投げ売られて990円になる程度だった。
ジーンズカジュアルショップや量販店の平場で並んでいるレザーベルトの底値は1900円くらいというのが個人的な認識である。

それが990円よりさらに安い790円、590円に値下がりしているのだから、すさまじい。
590円の本革ベルトなんてバッタ屋よりも安い。

昨年末の12月30日にオッサン3人で忘年会を開催した。
オッサンのオッサンによるオッサンのための忘年会である。

で、1次会はお開きになって1人が帰宅したので、もう1人と一緒にその人の知り合いが経営している洋風居酒屋?に行った。

その店を経営している人は近鉄百貨店の元部長だという。
脱サラをされて店を始めたとのことだ。

50代後半くらいの方で、まあ、その年代のサラリーマンと比べると前職の影響からオシャレな感じがそれなりに漂っていた。

黒いズボンに黒いタートルセーター、黒いジャケットという黒づくめだが、シルエットは今風のそこそこの細目だった。

で、何かの拍子に洋服の話になって、「今日着ている服は全部ユニクロとジーユーなんです」とのことだった。
たしかによく見ると、ジーユーの服は素材が微妙に安物臭い。
しかし、作業着も兼ねて店で着用するならそれで十分だろうし、黙って着ていたらまったくどこのブランドかわからない。

「最近、ジーユーにもちょくちょく良いデザインが増えてきたから、ユニクロとジーユーで十分です」なんていう感想を述べられた気持ちもよく分かる。

先日も790円のトレーニング用のTシャツと短パンを買ったが、「なんちゃってランナー」の自分としてはこれで十分だし、週に2~3日に1時間ずつしか着ない運動着に高いカネは払いたくない。

ユニクロはもとより言うまでもないが、ジーユーでもこれほどの低価格でデザイン性を両立させられてしまえば、既存の中途半端なブランドはますます苦しくなる。

そことの差別化を図るために製造手法だとか日本製だとかを打ち出してきたが、ニッセンやベルーナまでが低価格で日本製製品を打ち出すようになれば、それとても通用しなくなる。

業界には相も変わらずユニクロとジーユーへの反発、怨嗟の声が溢れているが、そんなものは消費者へは届かないし何の影響も及ぼさない。ビジネス面、デザイン面の両面でブランドの在り方がますます問われることになるだろう。

インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/




ジーユーで790円に下がったランニング用のTシャツと短パンを買った

 先日、ランニング用の短パンとTシャツをジーユーで買った。

2011年の4月末から、週2回走り始めて6年が経過した。
運動が嫌いなので、続くかどうか自分自身で半信半疑だったため、半年間はウェアも靴も買わずにいた。
(要するに普通のスニーカーとTシャツと短パンで走っていたということ)

半年が経過したころから徐々にウェアとシューズを買いそろえた。
それも最低限の数だけ。

ここ4年は、春夏秋用のTシャツが3枚のローテーション、短パンは1・5枚のローテーションを着回し続けてきた。
短パンがなぜ1・5枚かというと、3年ほど前に1枚買い足したのだが、ポケットが皆無で不便すぎるため、よほどの事情がない限り使用していないからである。

で、そのメインで穿いていた短パンがついに今年春に破れてしまった。

そろそろ買い直す必要があるということで、ジーユーの「ジーユースポーツ」が6月1日まで値引きセールをやっていたので、その期間に買った。
同じ物を買うなら安い期間に買うべきである。

Tシャツも短パンもそれぞれ定価990円が790円(税抜き)に値下がりしていた。

IMG_2956

これでまた何年間かランニング用のウェアを買わずに済む。

さて、使用してみた感想なのだが、これで十分である。

以前にも書いたように筆者が走るのは1時間で7キロ程度である。
この程度の「なんちゃってランナー」ならジーユースポーツの990円のTシャツと短パンで十分だ。

いずれもポリエステル主体でそこそこの吸水速乾機能は付いている。
買った商品でいうと、Tシャツは少しタイト目な品番だったので、Lサイズを買った。
組成はポリエステル87%・ポリウレタン13%である。

ストレッチがこれだけ入っているということは通常の商品よりもタイトなシルエットだということになる。
(タイトだから伸縮性を強める必要がある)

短パンはポリエステル100%で前に二つポケットが付いている。

どちらも生地は薄手で柔らかい。

本格的にトレーニングをする人ならもっと機能性が高かったり、生地の強度が高い物が必要なのかもしれないが、なんちゃってランナーの筆者ごときならこれで何の不自由もない。

今後、秋冬の長袖長ズボンのランニングウェアもジーユーの値下がり商品でそろえることにしたい。

別にナイキやアディダスのマークを付けて走りたいわけでもないし、特別にお洒落なデザインが欲しいわけでもない。
実際のところ、自宅の近所をグルグルと走って周回しているだけなので、別にお洒落に見られる必要もない。

だいたい、スポーツウェア類は低価格品でも高額だった。
スーパーマーケットやスポーツチェーン店の店頭で探していたが、1900円以下のウェア類はほとんどなく、たまに990円に値下がりしているのは、そのジャンルでは破格値だった。

仮に、プロとは言わないまでも体育会系の部活動や、本格的なチームで活動しているなら、そういう高額なトレーニング用のウェアが欲しくなっても不思議ではないが、50歳手前のオッサンが自宅の周りを1時間7キロくらいしか走らないなら、そこまでの機能性もファッション性も必要ない。

近所のオッサンやオバハンにお洒落をアピールしたところで何のメリットもない。

まさかこの服を着て心斎橋やら梅田を闊歩する気もないし、週に2~3回、1時間ずつしか着用しないなら、そこそこの機能性で価格が安い方が良い。

そんな物に1900円とか2900円を出すくらいなら、ユニクロのカジュアルを定価で買った方がマシである。

ジーユーのスポーツウェアライン「ジーユースポーツ」は、初心者には最適の価格帯ではないかと思う。
これでスポーツアパレルの売上高が減少するなら、それはそういう商品を開発してこなかったスポーツアパレルの自業自得といえる。

ランニングをはじめ、初心者のスポーツ人口が増えているなら、そこに向けての商品が開発されるのも、低価格品が開発されるのも資本主義経済では当然の流れである。

ユニクロもスポーツラインを発売しているがこちらはジーユーよりも1000円くらい高い。
初心者や「なんちゃってランナー」には高額すぎる。ジーユーの「ジーユースポーツ」にユニクロのスポーツラインは負けてしまうのではないかとさえ思う。

インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/




ジーユーと西友で買ったお買い得品

 今日はお気楽に。

今週買ったお買い得品を。

まず、ジーユーのニット帽を買った。
以前、元嫁にニット帽が似合っていないと言われてからニット帽は被らなかったのだが、朝起きてゴミを捨てに行く際に、寝ぐせのついた髪の毛を剥き出しにするのはアレなので、いつも中折れ帽をかぶっていたのだが、それもなんだかおかしいので、ゴミ捨て場行きのニット帽が欲しいと思っていた。

ゴミ捨て場行きのニット帽に大枚をはたくのは絶対に嫌だから安ければ安いほど良い。
上限は1000円前後だと定めていたのだが、今まであまり買う機会がなかった。

ジーユーが10周年記念でニット帽を390円均一で売っていたので買った。

種類がいくつかあったのだが、山田耕史さんは、毛糸っぽいアクリル100%のニット帽を推薦しておられたが、個人的に頭から汗をよくかくので、そんな暖かい素材の物は要らない。

アクリル56%・綿44%のニット帽を選んだ。
肌ざわり質感ともに冬用ではなく、春秋用といった感じで、梅雨前くらいまでかぶれそうな感じがする。

IMG_2041

これは元値が790円で、それが590円に下がり、それが期間限定で390円にまで下げられていた。
価格からすると品質も十分だろう。
これでゴミ捨て場にも心軽く行けるようになった。

次に西友に向かった。

西友にはレナウンのボクサーブリーフが4枚1000円で売られていた。
レナウンは百貨店アパレルというイメージがあるが昔から量販店にも卸売りをしており、その量販部門が企画製造した商品だろうが、これは安い。破格値である。

ユニクロやジーユーよりも格段に安く、1枚250円である。

無地が綿54%・ポリエステル46%、ボーダー柄がポリエステル65%・綿35%である。
「肌着は綿100%でないと」という中高年もおられるが、ポリエステルが混じっていたほうが早く乾く丈夫で長持ちする。

FullSizeRender (2)

オグランの綿100%ボクサーブリーフより、イトーヨーカドーで5年前に買ったポリエステル混のボクサーブリーフの方がはるかに持ちが良い。
ちなみにオグランのボクサーブリーフはヤマトインターナショナルのファミリーセールで1枚500円で買っているが、イトーヨーカドーで買ったのは夏のバーゲンの末期で、たしか200円くらいに値下がりしていた。

丈夫さでもコストパフォーマンスでもイトーヨーカドーの圧勝である。

今回の西友で買ったレナウンもポリエステルが混じっているから丈夫だろうと期待している。

しかし、西友にはお買い得品が多い。
今回は買わなかったが、10足1000円の靴下もあった。
これを1パック買えば1年くらいは靴下を買わずに済むから、来週か再来週にでも買ってみたいと思う。

IMG_2037

1足100円ということになり、これはバッタ屋に並んでいる処分品とほぼ同じ値段である。

それほどのお買い得品があまり減らずに、売り場ワゴンで山盛りになっている状態が衣料品デフレのすさまじさを物語っている。

それ以外だと、このブラックの迷彩柄ネクタイだ。
これは経糸がポリエステル、緯糸にシルクを打ち込んで織り柄で迷彩を表現している。
それでいて価格は定価で1900円。

IMG_2036

どんなクオリティの芯地を使っているのかはわからないが、使用している生地のクオリティとデザイン性は十分で、1900円なら破格値ともいえる。

ブラックを基調とするモード系ブランドの店に混ざっていても違和感はない。
なんならラベルを取り換えてコムサ・デ・モードの店頭に並べておいても顧客はおろか、スタッフも違和感を感じないだろう。

半額に値下がりしたら買ってみたいと思う。

1足100円の靴下、それにこの迷彩柄ネクタイ、ともにデザイン性は悪くない。
それでいてこの価格だし、生地の品質も決して粗悪品ではない。

使用素材だとか見た目のデザイン性だとかでは、これらの超低価格品と百貨店ブランドとの区別がほとんどできなくなってしまっている。

かつてのDCブーム期は、DCブランド商品と量販店商品との見た目が明らかに違っていた。
だから多くの人は高いDCブランドで買っていたのだが、ここまで見た目が変わらなくなると、安い方でもかまわないという人が増えるのは当然の結果といえる。

だから中高級品は、使用素材とか見た目のデザインも大事だが、そこにフォーカスを当てすぎた売り方をすれば、かならず低価格品との価格競争に巻き込まれてしまう。そこを理解するところからでないとブランド再構築なんて永遠に絵に描いた餅のままである。





ジーユーとライトオンで買ったお買い得品

 今日はお気楽に。

7月からジーユーにセルフレジが導入された。
全店ではなく、大型店に限定されており、今後順次各店に導入されるのではないかと見ている。
導入当初のジーユーの発表ではICタグが高価なため一斉導入が難しく、他ブランドとも共同で導入したいというようなコメントがあった。

西友やらライフやらの食品売り場にはすでにセルフレジが導入されている。
しかし、バーコードをスキャンさせるのに意外に時間がかかり、結果としては人間が打つレジの方が速い。
何度か西友やライフでセルフレジを利用したがイマイチ反応が遅くてイラっとする。

そのため、ジーユーのセルフレジがどれほどの物かと様子見をしていたのだが、専門学校の生徒に「一瞬で金額計算されるからめちゃくちゃ速くて便利」と教えられたので、試してみたくなった。

IMG_1909

しかし、セルフレジを試すためにほしくもない商品を買うのは、バカらしいし金の無駄だ。
ジーユーを定価で買う気もないし、値下げされていてもほしくない商品なんて買ってもゴミを増やすだけで金ももったいない。

そんなことを考えていたら、10月の下旬に「カラーストレッチジーンズ990円」という期間限定値引きを見つけた。
定価1990円が990円(税抜き)に3日間下がっていた。

これのブラックを1本買おうと思ってさっそく心斎橋店へ向かった。

で、試着してみて、買ったのだが、たしかに計算は速い。
ボックスに商品を入れてふたを閉めて会計ボタンを押すと2秒くらいで金額が表示される。
西友やライフのセルフレジよりよほど速い。

たしかに便利である。

買ってみたカラーストレッチジーンズだが、細目で悪くない。
組成は綿99%・ポリウレタン1%だが、ストレッチ性は良い。

IMG_1994

しかし、これを定価で買うかといわれるとNOと答える。
1990円という値段相応だと思うが、その価格でどうしても欲しい商品ではない。

990円という価格なら買いだ。

右足の太もも部分の生地に織りキズがあるが、990円なら仕方がない。
その程度の不具合はある。

IMG_1980

(太ももの織りキズ)

ジーユーのメンズは商品デザインや使用素材が向上しつつあるが、玉石混淆している。
けっこう良い物もあるが、一昔前の量販店の平場商品のようにダサくて生地の悪い商品もある。
今秋冬のミリタリー系のアウター類はけっこう出来が良い。
一方、セーター類やシャツ類は安っぽい物が多い。

このストレッチカラージーンズは偏差値50くらいだろう。

もう一つお買い得品を買った。

ライトオンがこのところ在庫処分品を大量放出している。
今春は見切り販売をほとんどしなかった。
ついでにいうと1月からの冬セールも例年ほどの値引きをしなかった。

それでも業績が回復基調なので、今春夏はそのままで来たが、おそらくは在庫が積みあがっていたのだろう。
9月度の既存店売上高も前年を割り込んで、その理由としてある関係者は「景況もあるが、これまで処分品狙いだったお客が処分品が少ないため買い控えているのではないか」との指摘があった。

10月に入って、今年1月から5月くらいまでため込んでいた在庫の見切り販売を開始している。

そんな処分品の中で、今春に発売された撥水機能付きジャケットが投げ売りされていた。
M65タイプのジャケットで、帝人フロンティアの「ウォーターバリア」というポリエステル素材が使用されている。
雨粒を吸い込まずにすべて表面上を流すという効果があるらしい。
組成はポリエステル100%で薄い。ウインドブレーカーみたいな感じを想像してもらうとわかりやすい。

これのオリーブグリーンがヨドバシカメラ梅田店のライトオンに残っていたので買った。

IMG_1979

定価7900円が1900円(税抜き)にまで値引きされていた。

撥水機能があるが、普通のM65タイプのウインドブレーカーとして着用しても違和感はない。

この2点はかなりのお買い得だったといえる。
同じ素材のレインテイラードジャケット、レインステンカラーコートもそれぞれ税抜き3900円に値下がりしているのでこちらも割合にお買い得だが、割引率はこのM65が一番大きい。

あと、ライトオンでは、ビッグジョンが企画生産する「ワールドワーカーズ」の襟無しジージャンが3900円にまで値下げされており、これも買って損はない。
筆者はもう一段の値下げまで待ってみようかと思っている。

10月から始まったライトオンの投げ売り品にはお買い得がけっこう含まれているので、興味のある人は要チェックだと思う。





ユニクロとジーユーの国内売上高を合わせると1兆円近くになる

 ファーストリテイリングの8月期連結決算が発表された。
増収大幅減益という結果はすでに報道された。

売上高 1兆7864億円(前期比6・2%増)
営業利益 1272億円(同22・6%減)
当期利益 480億円(同56・3%減)

という結果である。

これを受けてメディアは「大幅減益」と報道しており、これは事実だからその通りだが、「ユニクロ苦戦」とか「ユニクロ失速」という論調の記事には少し疑問を覚える。

国内ユニクロ事業は売上高7998億円(前期比2・5%増)、営業利益は1024億円(同12・6%減)と発表されている。たしかに国内ユニクロ事業は減益だが、それでも1000億円以上の営業利益をたたき出しており、グループ全体の8割以上の営業利益を稼いでいる。

増減率で見るなら確かに減益だし、苦戦、失速ともいえるが、現在の衣料品業者で1000億円以上の営業利益を稼ぎだせる企業はない。
しまむらは好調だと言われているが、売上高でユニクロの6割程度、営業利益額では遠く及ばない。

それに売上高8000億円のブランドが国内市場だけで毎年グングンと成長を続けられると考える方がおかしいだろう。ユニクロが成長時期のように毎年倍増や3割増のペースで伸び続けられるはずがない。
すでに国民の96%がユニクロの製品を買っているという統計がある状況で、それ以上の高い成長率を求める方がおかしいのではないか。

国内ユニクロ事業は「失速」ではなく「飽和」だと考える方が適切だろう。

実業をやったことがないメディアにはわからないだろう。
またメディアが報道するだけならまだしも、衣料品業界関係者までがそういう見方になるというのは現実が見えていない残念な人だとしか言いようがない。
じゃあ、あんたの企業の営業利益額はどれだけあるのか。赤字スレスレとか雀の涙ほどの金額しかないじゃないか。
それでよく「ユニクロと違ってうちはセンスがある」なんて寝言を言えるものだと呆れ果ててしまう。

業界関係者もメディアもあまり注目していないが、代わってジーユーが着実にブランド規模を拡大している。

売上高は1878億円(同32・7%増)
営業利益は222億円(同34・8%増)

と大幅増収増益である。

ジーユーもいつの間にか2000億円近くまで成長しており、2017年8月期は確実に2000億円を越えるだろう。
ユニクロ失速に喝采を送っているアパレル企業は今度は間違いなくジーユーに喰われてしまうだろう。

現在、ジーユーは海外に11店舗を展開しているから、1878億円すべてが国内売上高ではないが、1850億円くらいは国内売上高だろうと勝手に推測する。

そうすると国内ユニクロと国内ジーユーを合わせて、

7998億円+1850億円で、9850億円ほどの売上高があることになる。

2017年8月期は2ブランド合計で国内売上高は1兆円を越えると考えられる。

9850億円でさえ、国内では圧倒的な売上高を誇っており、規模だけでいえば対抗できるアパレルは存在しない。いくらユニクロをクサそうとも、アパレル各社の売上高は確実にユニクロとジーユーに吸収され続けているということである。

この現状を直視できないなら、アパレル企業とか衣料品小売店なんていう仕事はやめてしまったほうが得策だろう。現状を正しく認識できないままで、願望を語っても業績が好転するはずもない。かえって悪化させるだけである。

圧倒的なユニクロとジーユーは厳然として存在する。それを前提に各社は方針を定めるべきで、「そろそろユニクロブームが終わる」とか「ユニクロも客離れを起こしている」なんていうご都合主義の願望だけで方針を組み立てれば、ただでさえ弱っているアパレルはさらに寿命を縮めるだろう。

一方、ファーストリテイリングはこの2ブランドとセオリー以外のブランドはあまりパッとしない。
とくにJブランド、プリンセスタムタム、コントワー・テ・コトニエは赤字続きであり、中でもJブランドは138億円の巨額赤字を計上しており、買収後ずっと赤字のままである。

このあたりはさっさと廃止すべきだと思うのだが、なかなか動かない。

業界内ではすでにJブランドの廃止とか撤退という噂が流れているが、そういう噂が流れるだけの素地は十分すぎるほどあるということである。

正直なところ、ジーンズ単品に近い品揃えのJブランドという衣料品ブランドが好転する要素はほとんどないと見ている。そんなに誰もが毎月ジーンズなんて買わないから個々人の購入頻度は低くなる。かといって他のジーンズブランドもそうだが、いきなりトータルアイテム化したところで売れ筋商品を生み出すことは難しい。Jブランドに限らず、この手のパンツ単品ブランドは小ぢんまりと小規模活動を続けるのが分相応ではないかと思う。


無印良品で1350円に値下がりしたグレーのジーンズを買ったった

 今日は少しお気楽に。
それにしても関西は連日蒸し暑い。今日の台風が過ぎるとどうやらやっと涼しくなるらしい。
夏終われ、今すぐ終われ、暑いの嫌い。

今日は最近買ったお買い得品を。

今夏のバーゲン末期に、無印良品のジーンズが1500円に値下がりしているのを知っていた。
定価は3980円である。

スリム、スキニー、レギュラーストレートと見ている限り、3つのシルエットがあり、スリムとスキニーはストレッチ混のデニム生地で、レギュラーは綿100%である。
9月に買いそびれていて、10月になってから買いに行った。

ストレッチ混デニムに体が慣れてしまったので、綿100%のレギュラーストレートは頭から買う気がない。
スリムかスキニーのどちらかだが、足が太いのでスキニーは回避してスリムにするつもりだった。

店頭を見ると、ブルージーンズは綿100%のレギュラーしか残っていない。
スリムとスキニーはグレージーンズしか残っていない。

あまり色を落としていないグレーが大量に残っている反面、ヒゲ加工を施したグレーが少し残っている。
ペタっとしたグレーのデニムはあまり好きではないので、ヒゲ加工を施して少し色が薄くなったグレーのジーンズを買った。

IMG_1811

レジに持っていくと、無印良品週間なのでさらに10%引きされて、1350円(税込)になった。
試着してみた感想を言えば、生地の厚みが少し薄い気がしたが、この値段ならつべこべ言う必要もない。

この見た目、この品質で1350円はかなりのお買い得である。

ところで、米国市場に詳しいマックスリーさんがこんな内容をブログアップしておられた。

143年の史上初、リーバイス501の素材に変化!
http://www.apalog.com/maxre/archive/244

従来、ストレッチジーンズは女性向けの素材と考えられてきましたが、アスレジャーの影響でジョガーパンツや、それに台頭する商品が増加してきたことで、リーバイス社も一大決心。

1%のスパンデックス混の501デニムをブログ上でアナウンスしました。 反感を持つデニムファンもいるでしょうが、リーバイス501は今の所、1%のみの混率で、見た目は普通の商品と変わらないが、はき心地は格段に良くなっているというのが売りの様だ。

とある。

あのリーバイス501にストレッチ混デニム生地が使われ始めたという。
文中に書かれているように反感を持つデニムファンもいる。
実際に筆者のフェイスブックでもこれに関しては批判的なコメントも見られた。
批判的に見ているのはだいたいが35歳以上の年配のファッション関係者・ファッションファンである。

まあ、気持ちはわからないではないが、綿100%デニムが大衆にあまり受けが良くないことは、無印良品の値引きジーンズの売れ行きが物語っている。
ブルーデニムでいうなら、ストレッチ混デニムは完売して、綿100%デニムのレギュラーストレートが大量に残っている。これが消費者ニーズの答えである。

もちろん、マーケティングの結果、コアなファンに売って、小規模な売上高でビジネスを展開したいと考えるブランドがあってもそれはかまわない。
年商5億円でコアなファンに綿100%ジーンズを販売して、数人の仲間で食べていければ良いと考える人がいても当然である。

しかし、リーバイスのようにナショナルブランドともなると、そんなわけにはいかない。
無印良品やユニクロのような大衆向けブランドなら需要の多い方を選択するのは当然だろう。

そういう大規模ブランドがこのご時世で頑なに「綿100%以外はデニムじゃない」みたいなことを主張していても、意味がない。せいぜい売上高を減少させてお終いである。

筆者は46歳のオッサンだが、もうストレッチ混ではないズボンは穿きたくない。
夏用のペラペラの薄い生地ならノンストレッチでもまだ我慢できるが、そうではない厚手生地のズボンはストレッチ混素材しかこの3年は穿いていない。なぜなら穿いていてしんどいからだ。
もうこの年になると着心地が悪い服を我慢してまで着たくない。
ストレッチ混大いに結構。なんならもっと機能性を付加してくれても良いくらいだ。

今回、リーバイス501にストレッチ混デニム生地が採用されたことは当たり前で、遅すぎたくらいだともいえる。
逆にそういうコアなファンのおかげで衣料品や衣料品業界の進歩が止まってしまっているのではないかとも思えてしまう。

あと、まだ買っていないが、抜群のコスパを誇っているのがジーユーのM65ジャケットだと思う。
定価4990円が2990円まで値引きされている。

この価格のM65ジャケットは大概が一重仕立てである。
しかし、厚手生地の一重仕立てだとセーターなどの摩擦係数が大きいインナーを着た際には、腕のすべりが悪く、着用時に苦労する。

このM65 ジャケットは、この価格で裏地付きで、しかもその裏地はポリエステル比率が高いツルッとした生地なのである。他社のM65 ジャケットよりもすべりが良い。

277491_sub1

これが2990円に値下がりしているのはかなりのお買い得だ。
腰骨が隠れる長さの丈で、老若男女を問わず誰が着てもある程度のさまになる。
MA-1ブルゾンよりもよほど万人向けのアウターである。

今現在のジーユーの店頭ならこのM65がもっともお買い得だろう。



値下げされたジーユーの靴はお買い得

 つい先日、生まれて初めてジーユーで服を買った。
ボーダーTシャツとスリッポンシューズである。

ボーダーTシャツは定価990円がアプリ会員専用で790円になっていた。
しかし翌週は定価990円に戻っていたから期間限定キャンペーンだったのだろう。

スリッポンシューズはアッパーがキャンバスで、定価1490円が790円に下がっていたので迷彩柄を買った。

両方の評価を書いてみる。

ボーダーTシャツは価格の割には出来は良いと思う。
ユニクロにも似たようなウォッシュボーダーTシャツ(定価1500円)があるが、ジーユーよりもわずかに生地が分厚いと感じる。
これは個人的な推測だが、ジーユーは比較的細番手の糸で編まれており、ユニクロはそれよりも太番手の糸で編まれているのではないかと思う。

IMG_1498

しかし、他ブランドの990円や790円のTシャツと比べるとはるかに素材のクオリティは高い。
柄さえ気に入れば買って損はないだろう。

ユニクロのボーダーTシャツとの違いは、ユニクロは左胸にポケットがあるがジーユーはない。
あとボーダーの柄行きが少し異なる。
ユニクロのボーダーTシャツは乳首の部分に色の縞が来るが、ジーユーは白い部分が来る。
そういう意味ではユニクロのほうがオッサンにやさしい作りになっている。

あと、ジーユーのボーダーTシャツは若者向けのシルエットなので袖がかなり短い。
腕を上げると間違いなく腋毛が見える。

ユニクロはもう少し袖が長く、よほど腋毛が長い人以外は腕を上げて見えない。
この辺りもユニクロはオッサンにやさしい。

スリッポンシューズも履いて2度ほど外出してみた。
材質はキャンバス地である。
感想はかかとのゴムが少しキツイかなと感じる。
しかし、靴、とくに布靴は履いているうちに絶対に伸びるので少しくらいキツイ方がよい。
クッション性は悪くない。
1490円でもコストパフォーマンスが良いと感じるが、790円ならさらにコストパフォーマンスに優れている。
790円で気に入った柄とサイズがあればまとめ買いしても良いくらいである。

IMG_1507

サイズは1センチ刻みのようだ。
25センチの次は25・5センチではなく、26・0センチとなる。
そのためフィット感の追及はあまりできない。

紐靴は紐でフィット感が調整できるので、どうしても足に合うのがなければ少し大きめでもよいと思う。
ただし、履いているうちにさらに大きくなることは言うまでもないが。
スリッポンシューズは紐による調整はできないので、なるべく足にぴったりした方が良い。

試着すると28・0は大きすぎたので27・0にした。
通常のナイキやアディダスのスニーカーだと27・5を買うので、本当は27・5がほしかったが、そんなサイズはないのであきらめた。
着用してみると27・0も幅が広めにできているようであまり問題ない。
今後伸びることを考えると27・0でよかったと思う。

0・5センチ刻みではなく1センチ刻みにしたのは、コスト削減のためには賢明だったといえる。

ところで、買ってみて初めて気が付いたが、商品に「GU」と書いたタグや襟ネームがない。

IMG_1496

「パーツとして使える洋服」

ユニクロが飛躍的に伸びた90年代後半に柳井正会長が常に言っていたブランドコンセプトである。
その割には当時は、ネイビー地の襟ネームが付けられていた。
まだ当時は「ユニバレ」が恥ずかしいと言われていた時代で、上着を脱ぐ際や仲間と着替える際にネイビーのユニクロタグが見えると恥ずかしいという声が広く聞かれた。

その声が届いたのかどうかわからないが、2004年ごろから、当時の玉塚元一社長は襟ネームからロゴをなくしてM、Lなどのサイズ表記のみになった。

IMG_1520

当時、そのことを取材で質問すると「パーツとしてのブランドコンセプトに忠実にした」との答えが返ってきたことを覚えている。

しかし、その後、ユニクロは2009年か2010年ごろから「ユニクロ」ロゴの襟ネームを復活させる。
もちろん、以前のネイビー地のものとはデザインを変えている。

IMG_1521

このころから、「ブランド」としてのユニクロを強く意識し始めたのではないかと勝手に想像している。
もちろん今でも「パーツだ」との思いは今もあるだろうが、それ以上に「ブランド」としてのまとめ方を模索しているのではないかと思う。

一方、ジーユーも初期に比べるとずいぶんとマシになり、ブランドらしいスタイルを打ち出すようになった。
スタート当初は「単なる安いユニクロ」にすぎず、ユニクロの商品の劣化版をさらなる低価格で販売していた。
店づくりも上から下までびっしりと商品で埋め尽くされた棚やラックが充満しており、見通しが悪いので圧迫感があり、どこぞの物流倉庫のような野暮ったいものだった。

当然、売れ行きは伸び悩んだ。

2009年に一瞬注目を集めたのは、業界に先駆けて990円ジーンズを発売したからだが、当時のメディアはこぞって出来栄えをほめていたが、実際手に取ってみると値段相応の粗悪品だとわかった。

そこから若者向けトレンド品へと方向転換したことが、成長の起爆剤となった。
今では一部にユニクロとの類似品があるものの、スタイリングやコーディネイトが全く異なる。
完全にトレンドブランドとしての基礎を固めることができたと感じる。
だからこそ、売上高も1500億円を越えたのだろう。

しかし、そういう状況にあってもジーユーはもしかすると、今でも「パーツ」としての洋服を前提としているのではないかと思う。

2年ほど前にジーユー梅田店のオープン内覧会に取材に行った際、ノベルティとしてTシャツをいただいた。
大阪らしい事物とのコラボTシャツで、4種類くらいあったのだが、どれもまあ、コミカルタッチなTシャツだった。
筆者はそこでMBSのらいよんチャンネルとのコラボTシャツを選んだのだが、これも襟ネームにブランドロゴはない。
さすがにこのTシャツは部屋着やセーターの下にしか着ていない。冴えない風貌のオッサンがこんなTシャツを着ればより一層ダサくなることは目に見えている。

IMG_1503
IMG_1504

実際に現在の店頭で商品を見ていると、「パーツ」として取り入れやすいトレンド品で構成されている。
独自のスタイリングを打ち出しながらもパーツとしても使用できる、そんなブランドの立ち位置を目指しているのではないか。

サイズが合うなら定価でも十分にコストパフォーマンスは高いが、値下げ品はさらにコストパフォーマンスが高い。とくに靴の値下げ品は突出している。

そんなわけで、これから筆者の普段履きは値下げされたジーユーの靴が増えそうな気がする。




早くも秋冬のルックスを提案するジーユー

 夏のバーゲンセールの真っ最中である。

今年は6月半ばから下旬にかけて各テナントが五月雨式にバーゲンを開始し、その後、6月末から7月1日くらいでほとんどの商業施設がバーゲンを開始した。

当然だが各ブランドとも今春夏物を売り切るために、店頭はバーゲン品一色である。
それはそれで正しいやり方で、バーゲン気分を盛り上げて、1枚でも多く在庫処分を行うことは理解できる。

筆者のような安い物好きの人間は「お!70%オフだから覗いてみようか」ということになる。
だから効果がまったくないわけではない。

そんな中で秋冬のルックスをいち早く見せているブランドがある。
ジーユーである。

ジーユーの成長が近年目覚ましい。
売上高は1500億円を越える。

ジーユーの店舗内を見てみると、他のブランドと変わらずバーゲンセールの投げ売り品があふれている。
グラフィックの柄によってはプリントTシャツが390円にまで値下がりしている。
筆者が覗いた店舗で390円に値下がりしていたのは仮面ライダーのプリントTシャツがほとんどだったから買う気もなかったが。

秋冬の一発目のルックスは黒を中心にしたモノトーンだそうだ。
実際にジーユーのメルマガやアプリでも盛んに発信されている。

IMG_1459

IMG_1462

梅雨が明けていないにもかかわらず、最高気温35度前後の猛暑が続いている中で、ユニクロもジーユーも秋物の新作の一部が店頭投入されている。
ユニクロのシーズン先取りはもう20年以上前から続いている体質で、ジーユーもそれを引き継いでいるといえる。
とはいえ、ユニクロが年がら年中ウルトラライトダウンを店頭に並べるのはどうかと思うが。

そういえば、シャネルは毎年梅雨時期にすでに秋冬のルックスをショーウインドーに飾る。
見ているだけで暑苦しい。

普段、モノヅクリガーとかファッションガーと言っている方々の展開されているブランドやショップ、ご贔屓のブランドやショップはどうだろうか?
「〇〇%オフ」のPOPばかりが掲げられているのではないか?
少なくとも目にした範囲で、早々と秋冬のルックスをまとめて提案しているのはラグジュアリーブランドとジーユーくらいしかない。

売れ筋追求も重要だが、ファッションブランドは元来、「提案」も重要なはずである。
売れ筋追求で他社製品のコピペのみであるなら、本来は独立ブランドである必要もない。
コピペ元ブランドのフランチャイズ店でもやっていれば良いのである。

仮にも嘘でもブランドを名乗るからには、次シーズンへのファッション提案が必要だろう。
提案すべきことがないならわざわざブランドなんて作らなければ良い。

ジーユーのモノトーンが当たるか外れるかはわからない。
個人的には今さら、黒のカツラギ素材のGジャンなんて着たいとは思わない。
似合わないからね。(笑)

それでもファッションルックスの提案をいち早くやってしまうジーユーは、そこらへんの生半可なコピペブランドよりファッションブランドだと感じる。
名前ばかり先行していて、実際は売れ筋の写真をOEM/ODM会社に送りつけて企画生産を丸投げしているそこら辺のアパレルよりもファッションブランドだといえる。

そりゃ、そこら辺のアパレルブランドが凋落して、ユニクロ・ジーユーが躍進するはずである。

いまだに「ユニクロは実用品、俺たちはファッション用品」「ジーユーは低価格実用品、俺たちは高感度ファッション」なんて自称しているブランドは多いが、そのジーユーがファッション提案をやっていて、自称高感度ファッションが、投げ売り品を売りさばくことに汲々としている実情は、まるで笑えないコントのようである。
自分たちの実像を鏡で見たことがあるのだろうか。

筆者にはファッションに対する信念なんてない。
お買い得品が投げ売られていればそれで消費者としては満足である。
何ならバッタ屋で買っても構わない。

今、自称ファッションブランドがやっていることはこういう筆者のような客を呼び込む作業である。
それに気づいているのか?

25年くらい前は、各ファッションブランドがいち早くシーズン先取りのファッションを提案していた。
クソ暑いのにウインドーにはセーターやらコートを着たマネキンがディスプレイされていた。
「見ただけで暑苦しさが倍増するわ」と言いながら、それはそれでやっぱり少しは次シーズンへの期待も感じた。
あの当時はそこら辺の一般アパレルブランドだって独自のルックスを企画提案していた。

2005年を越えたあたりからだろうか、大手も含めた国内アパレルブランドの提案が画一的になったのは。
結局、過度の売れ筋追求とそれを実現するためのコピペ合戦がそういう状況を生んだのだといえる。

そんなブランドをやっていながら高感度ファッションを自称していて恥ずかしくないのか。
筆者が竹野内豊を自称するようなものである。

最もファッションブランド的な姿勢を見せているのがジーユーというのが、現在の業界を象徴していると思った。

ジーユーではこれまで服を買ったことがなかったが、夏のバーゲンで値引きされているTシャツでも買ってみようかな。



Yokoのプチプラブランド案内
yoko
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-05-22


4ブランドの軽量ダウンジャケット比較(番外編)

 先日、モンベル、ユニクロ、無印良品、ジーユーの4ブランドの軽量ダウンジャケット比較の結果報告を行ったが、個人的に興味深かったのが各社のブランド織りネームの有無である。

まず、2990円と4ブランド中で最も定価の安かったジーユーは
襟裏にブランド織りネームとサイズネームがなかった。
これは単純に織りネーム代と縫製取り付け代をカットしたと推測される。
またこれによって、脱いだ後に襟裏を見てもどこのブランドかわからず、一種の匿名性が獲得できている。
「ユニバレ」ならぬ「ジユバレ」を防ぐ効果もある。

襟ネームなし

(ブランド織りネームもサイズネームもない襟裏)

ただし、ジーユーも販売枚数がそれなりに増えてきたので、
ブランドネームを見ずとも、デザインで「ジユバレ」する危険性があるのだが。

それとジーユーは首元のファスナーカバーがモンベル、無印とは逆で右側に付いていた。
これについての理由はわからない。
どなたかご存知の方がいたらご教授いただきたい。
もしかしたらあまり深い理由はないのかもしれない。

首元のファスナーカバー

(右側に付いたファスナーカバー)

次に、無印良品である。
無印良品はずっと以前からサイズネームのみを取り付けてきた。
そのスタンスは今も変わらない。

サイズネームのみ

しかし、近年、Tシャツなどの低価格アイテムにはサイズネームもなく、
襟裏にプリントしてある商品もある。
無印良品の中では比較的高額(6980円)な軽量ダウンにはサイズネームが付けてある。
これはTシャツなど単価が低いとネーム代と縫製代を吸収できないが、高額な物ならコストに吸収できるという考え方なのではないだろうか。

ここはまるっきりユニクロと逆の発想である。

さて、ユニクロだが、定価5990円のウルトラライトダウンの襟裏にはブランドロゴとサイズがプリントしてある。
織りネームを取り付けるという手法ではない。
一方、定価1990円のネルシャツにはブランド織りネームとサイズネームが縫い付けてある。
この関係性は無印良品と逆である。

襟ネームとサイズネームはプリント

ここからは推測だが、原則、織りネームを取り付けるのがユニクロのスタンスだが、
そこそこに高品質素材を使用したウルトラライトダウンは定価5990円に抑えるために、省略してプリントしたのではないだろうか。
さらに、友人が指摘した通り「7グラム軽くさせるための方策」でもあったのではないか。

この思想の違いが、現在のユニクロと無印良品の立ち位置を象徴しているように思えてならない。

モンベルは、定価が1万8800円なので、
ブランド織りネームもサイズネームもあるし、首元にはブランドロゴの刺繍まである。
これは価格的に見ても当然の措置だろう。

襟ネームとサイズネーム
首元には刺繍

今後、軽量ダウンはさらなる低価格化が進みそうな気配である。
量販店やホームセンターには、ジーユーを下回る定価1990円とか2560円とかいう商品がすでに陳列されている。品質的には高くないと思われるが、消費者からすると今後はよほどの上手い打ち出しをしないと、

軽量ダウン=低価格品

というイメージで同一視される危険性が高まってきたように思う。

その以前に、軽量ダウンでイオンやイトーヨーカドーなどの量販店が参入したことで、この商品群は終焉を迎えたとも考えられる。
保温肌着などはすでにその兆候が出ている。
ユニクロのヒートテックが量販店商品の中ではもっとも高額になってしまっている。

量販店各社が参入すると「その商品が終わる」という状況は、これからも変わることがなさそうだ。

1 / 2ページ

©Style Picks Co., Ltd.