タグ: グンゼ

エアリズムを凌駕したグンゼYGカットオフのコスパと技術力の高さ

 トータル展開での商品の機能性の高さとそれに反比例した割安感においては、ユニクロの優位性は疑いようがないが、単品アイテムで見るとユニクロを上回る商品が業界にはまだまだある。

浅学非才な当方がそのすべてを網羅することはできないが、知っている範囲でいうなら、フットカバーは無印良品とグンゼが圧倒的に高品質で低価格である。
フットカバーは脱げやすいの問題点であり、昨年にジーユー、ユニクロともに買って試したが、履いていないのと同じではないかと思うほどに脱げやすかった。

無印良品、グンゼは価格はユニクロとほぼ同じ3足990円(グンゼはAmazonならもっと安くなるときがある。当方は3足560円くらいで買った)だが、圧倒的に脱げにくい。

また白シャツの下に着ても透けにくい切りっぱなしの肌着では、グンゼのYGカットオフがユニクロのエアリズムシームレスよりも優れていて、定価は同じ1500円だ。

さて、そのグンゼの2018春夏展示会を見た。
メンズ肌着、レディース肌着、パジャマ、靴下の4事業部合同の総合展示会である。

レディース肌着についてもなかなか面白い商品はあるが、当方が、女性の肌着のことを書くとなんだかやいやらしいような気がするので書かない。
業界新聞記者時代は、レディース肌着担当だったこともあるので、その時は仕事としてブラジャーが云々とかショーツがナンタラとか書いていたが、今はよほど仕事の依頼でもない限りレディースのランジェリーファンデーションは書かない。

メンズ肌着では、圧倒的な機能性と低価格が実現されていたので、そちらを紹介したい。

当方が注目するのは、やっぱりYGカットオフである。
そういえば、ユニクロのエアリズムシームレスは「シームレス(縫い目がない)」と名乗っているのに、YGカットオフよりも縫い目が多いことは以前にこのブログで書いた。

品番によって価格は異なるが、年間定番の半袖商品は今春夏は1500円で販売していたが、これを2018年はなんと200円値下げして1300円にする。

「低価格競争ガー」なんていう声も聞こえてきそうだが、ここは素直に感心しておきたい。

IMG_3391

(1300円に値下げされるYGカットオフの定番品)

YGカットオフの特徴は、品番によって多少含有率が異なるが、綿40~55%程度とカットオフ(切りっぱなし)でありながら、綿の含有率がかなり高い点にある。

ユニクロのエアリズムシームレスはナイロンが84%・ポリウレタンが16%で合繊のみの組成である。

50歳以上のオッサンが持つ「綿素材信仰」は当方は少ない方だが、それでもナイロン84%と綿55%なら、綿55%の方を選んでしまう。

綿の高混率のカットオフ素材を製造できる特許を取得しているのはグンゼのみで、このほかには違う工程を特許取得したトリンプがあるくらいで、トリンプは綿35%混前後の商品を展開している。

YGカットオフでは、新商品として、無縫製モデルを打ち出している。
こちらはさすがに高くて2000円となっている。

IMG_3390

グンゼはレディース肌着の「キレイラボ」では何年か前から無縫製肌着を出していたが、その技術をメンズに導入したものである。

キレイラボもYGも無縫製とはいうものの、ホールガーメントセーターのような一体成型ではない。
YGカットオフでいうと、本体に袖を取り付けるのだが、それを縫製ではなく接着している。

もともと、YGカットオフは本体と袖を取り付ける部分だけにしか縫い目がなかった。
これを縫製ではなく接着で取り付けるようにしたということで、言葉の定義的に「無縫製」「シームレス」だといえる。

いっそのこと「ゼロシーム」とでも名乗ってはどうか?
商標登録がどうなっているのか知らんけど。

こんな感じで、単品アイテムならユニクロよりも高品質・高機能で価格が安いという商品が業界にはまだまだ存在するはずだ。

今さら、トータル展開ではユニクロには勝てないし、かといって「ユニクロより少し高い(1000~2000円くらい)けどファッション性は云々」なんていうのも中途半端すぎて消費者には響かない。

あとは伝え方であり、広報・宣伝・販促の手法を見直すことだろう。
良い物を作っただけでは売れないし、タレントを使えば必ず売れるというものでもない。
ましてやファッション雑誌やファッションイベントに乗っかっただけでは絶対に売れない。

グンゼも含めて、各アイテムでユニクロを越える高品質低価格商品を持っているメーカー、ブランドはそこを見直すことが課題であり急務である。

noteで有料記事を始めてみました~。

鎌倉シャツのビジネスモデルが秀逸なポイントを考えてみた
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/na76c612e6d37

あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/





グンゼ「ボディワイルド」のフットカバーも脱げにくかった

 毎日暑い。
汗が止まらないから夏は嫌いである。

夏の間、ズボンは少し短めの8分丈~7分丈を穿いている。
足首が露出するだけでかなり涼しい。

昨今流行りの膝上短パンや膝丈短パンを穿く勇気はない。
オッサンの足を露出させるのは、個人的にも嫌だし、世間にも害悪だろうから。

足首が10センチほど見える丈のズボンを穿くと、靴と靴下とのバランスが難しい。

通常の長さの靴下を穿くとちょっと間抜けて見える。
また靴も浅めのスリッポンを履くと通常の靴下だと靴下の見える面積が大きくなってかなりおかしい。

よほどのイケメンでモデル体型の男性なら別だが、50歳手前で髪も薄くなったオッサンではちょっとサマにならない。

そこで、以前にも書いたように夏の間は、スリッポンを履いても靴下がほとんど見えないくらいの長さのフットカバーを愛用している。

しかし、フットカバーは足先を覆う面積が少ないので、靴の中でかなりズレやすい。

下手な商品を履くと、靴の中でズレてズレて足先にかろうじてかかっているだけの状態になる。
そうするとかなり不快だし、少し歩いてはフットカバーを上げてを繰り返すこととなり、ストレスがたまる。
早い話が、イラっとする。

そんな中、もっとも脱げずらく優秀だったのが、昨年買った無印良品の「脱げにくいフットカバー」だった。
3足で990円(税込み)という値段。
しかも、かかと部分にはジェルなし。完全に編立だけで脱げにくいさを実現していた。
難を云えば、生地に伸縮性が少し足りない感じくらいである。
まあ、触感的にいえば、「伸びにくい」のである。

そこで、今年も新たに今年版「脱げにくいフットカバー」を買ってみた。
かかとにジェルのある商品もあったが、昨年と同様にジェルなしタイプを買った。
脱げにくさは昨年と同じだが、今年の方が、編立を改良したようで、生地が柔らかく伸縮性が増している。
今年版のジェルなしタイプはかなり優秀で、これさえあれば他ブランドのフットカバーは要らないと感じる。

昨年買った、ユニクロとジーユーのフットカバーはまるでダメだった。
めちゃくちゃ脱げやすい。近々捨てる。

さて、そんなこんなだったが、たまたまグンゼ「ボディワイルド」の深履きフットカバーを3足組で買ってみた。
かかと部分にはジェルがあるタイプである。

なぜ買ったかというと安かったからだ。

Amazonで3足550円くらいに値下がりしていた。
ちょうど、ヘインズのジャパンフィットTシャツ2枚組が1500円に値下がりしたので、それと抱き合わせて送料無料にするために買った。

IMG_3155

筆者は今でもAmazonのプライム会員にはなっていない。
今後もなるつもりがない。

先日、ためしに履いてみた。

感想をいうと、無印良品の「脱げないフットカバー」に匹敵するくらい脱げにくかった。

生地は無印よりも薄くてツルっとした感触がある。
難を云えば、かかと部分がもう少し深ければさらにホールド感は高まったと思うが、同じ商品に「さらに深履き」タイプがあるから、そういうのが欲しい人はそちらを買えということなのだろう。

IMG_3160

逆に「深履き」と書かれてあるにもかかわらず、着用感は「浅い」と感じたので、「浅履き」ならどれほど浅いのかと不安になる。

まあ、しかし、値下がりした価格からすれば、上出来だといえる。
値下がり後は無印良品よりもはるかに安いのである。
通常のそこらへんのブランドのフットカバーよりははるかに脱げにくい。

そういえば、一昨年に買ったグンゼの「トゥシェ」ブランドのフットカバーも脱げにくく優秀だったし、グンゼが生産を請け負ったイトーヨーカドーのフットカバーも脱げにくい。

そういう過去の実績から鑑みて、グンゼ商品には高い信頼感があるから、不安はほとんどなかった。

無印良品のジェルなしフットカバーも不安なく、今年版を買ったが、これら以外のブランドの商品を買うときはかなり不安がある。

フットカバーは試着できないから、脱げにくさを試すわけにもいかない。

ウェブ上で商品のレビューを読んで判断するしかないが、そのレビューとて正反対のことが書かれてあったりすると判断に迷う。

結局のところ、半ば博打的に買うしかない。
それで成功したことも多いが、失敗したこともある。

そんなわけで、無印良品のジェルなしフットカバー以外だと、グンゼの商品しか、今後は選ばないと思う。

過去の経験から、グンゼ商品なら安心と思えるというのは、一つの立派なブランディングといえる。
グンゼは歴史ある名門企業でありそれなりに知名度もあるが、今一つ、注目度が低いと感じる。
Amazonの値引きという要素もあるが、3足500円台まで値下がりして、このクオリティならもっと注目されても良いはずなのだが。

そこらへんのブランドの脱げやすいフットカバーを買うくらいなら、値下がりしたグンゼのフットカバーを探して買う方がよほどコストパフォーマンスが高い。

インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/




2枚抱き合わせると1枚で買うよりも安くなったぞ!

 今日はお気楽に。

例えば、「1枚〇〇円・2枚合わせるとさらに×割引」という場合、みなさんならどうされるだろうか?

筆者の場合は、欲しい物があれば2枚買ってさらに割り引いてもらう。
どうしても欲しい物がもう1枚見つからなければ、1枚だけ買うという人が多いだろう。

しかし、筆者は、抱き合わせて割り引いてもらってそちらの方が安くなるなら、不要な商品でももう1枚選ぶ。
抱き合わせる商品はもちろん最安値の商品に限るが。

なぜこんなことを書いているかというと、つい先日、阿倍野キューズモールに併設されているイトーヨーカドーで、グンゼのトゥシェオムのレギンスパンツが1250円(税抜き)に値下げされて売られているのを発見したからだ。

IMG_2316

この商品の定価は2500円、税込みで2700円。
1250円なら半額で、税込み1350円になる。

もちろんこのまま買うという選択肢もありだ。

しかし、「2組でさらに3割引き」というシールが付いた商品を組み合わせると合計金額から3割引きされる。

このレギンスパンツもその「2組」商品の一つである。
最初、じゃあ、もう一枚レギンスパンツを買おうかと思った。
2700円の3割引きで1890円になる。

もちろんお買い得だが、支出金額自体は当初予定よりも540円も増えてしまう。
540円あれば、1回分の昼飯が食えるし、週刊少年マガジンが2冊買える。

それにこのレギンスパンツは黒のMサイズを買おうと思っていたが、ほかの色は欲しくない。
欲しくない商品を買ってタンス在庫を増やすのもアホらしい。

そんなわけでどうしようかと悩んで売り場を見ると、ほかにも選択肢がある。

このレギンスパンツは量販店では「カジュアル売り場」の管轄ではなく、「肌着・靴下・パジャマ売り場」の管轄になるのである。
だから対象商品にはパジャマ、肌着、靴下などがあった。

だから、「100円とか200円に値下げされた肌着か靴下を抱き合わせにすれば良いのではないか」と天才的考えが閃いた。
まさに「飛天御剣流奥義 天翔龍閃」である。

探してみると、肌着はサイズが合うものが残っていない。
いくら値引きのためとはいえ、サイズの合わない肌着をわざわざ買ってタンス在庫を増やす必要もない。

と、さらに目を凝らして商品を探してみると、5本指靴下でサイズが合うものが奇跡的に2~3枚残っていた。
価格は値引きされて300円(税抜き)

IMG_2317

レギンスパンツと5本指靴下をレジで計算してもらうと、

1350円+324円=1674円

となった。
そこから3割引きされて、

1674円×0・7=約1172円

となり、結果として2点で1172円で購入することができた。

レギンスパンツの1350円よりも、5本指靴下がセットされて、なおかつ180円近く安く買うことができた。

筆者の完全な作戦勝ちである。
180円あれば、銘柄にもよるが、スーパー万代で350ミリの発泡酒ではないビールが1本買える。

そんなわけで気分良く家路についた。

ところで、筆者は黒を選んだが、なぜほかの色を選ばなかったかというと、売り場に残っていたのは紺とベージュだった。
Amazonで確認するともっとほかの色もあるが、それでも黒しか選ばないだろう。

山田耕史さんがこの商品を強力プッシュしておられるのだが、

http://t-f-n.blogspot.jp/2016/10/gunze.html

興味があったら読んでみてもらいたい。

このレギパンの素材組成は、レーヨン70%・ナイロン25%・ポリウレタン5%で、かなりキックバック性が高い。
しかし、ナイロン素材によって生地に鈍い光沢が発生している。
光沢のある生地を使ったズボンで見た目に違和感がないのは黒だけだろう。

他の色は光沢感があって変な見た目になる。
紺もやっぱり少しおかしい。

これが筆者が黒だけを選んだ理由だ。

グンゼがもし、改良点を探しているなら、素材組成を変えて光沢感をなくすことをお薦めする。
あと、カジュアルパンツとして見た場合、形も少しおかしくてお尻回りと太ももにゆとりがありすぎる。

キックバック性の高い生地をわざわざ使っているのだから、もう少し細身に作った方が良かった。

一見、細すぎると感じても、伸縮性が高い素材なら細くても窮屈ではない。
それならもっと細身にしたほうが見た目が良い。

Amazonのレビューを読むと、素材組成の影響で真夏はすごく暑いという声もある。

たしかにレーヨンも暑いし、ナイロンは暑い。ポリウレタンも暑い素材であるから、「暑い三連星」である。
その割にはこの素材組成は冬は寒いのである。

そういう観点からも今後は素材組成を変えた方が良いのではないか。
しかも売り場は、実用性が重視される量販店の肌着・靴下・パジャマ売り場である。

今後のグンゼの動きに期待したい。

とはいえ、1172円で5本指靴下とセットで買えるなら十分なクオリティである。

それにしてもつくづくと日本の衣料品の安さを改めて噛みしめてしまった。




圧倒的にコストパフォーマンスが高い「グンゼYGカットオフ」

東京に2泊3日で出張した。
最終日の8月12日は最高気温が31度か32度くらいで、朝晩はかなり涼しかった。
といっても上着を着るほどではないが、日が暮れるとあの嫌な熱気はないくらいだった。

関西に帰ってくるとまだ猛暑が続いている。
おそらく8月に入ってからずっと35度を越えているのではないか。
暑さが苦手なので早く涼しくなってもらいたい。
暑いとただでさえ短気なのにさらにイラっとする。

それはさておき。

出張の間、何を着ようかと迷って、ちょっと試してみたら非常に具合の良かったことがある。
大量の汗をかくので、夏の間、ポロシャツやTシャツを1枚で着てうろうろすることは個人的には避けたい。
発汗は止められないから、汗ジミが極力表面に目立たないようにしたい。

重ね着をすればその問題はクリアできるが、普通のTシャツやポロシャツを重ねると生地が厚すぎて、ゴワつくし圧迫されて窮屈になる。

手元にあるグンゼYGのカットオフを下に着用してその上にTシャツを重ねてみてはどうかと思いついた。

早速、出発前に実験をしてみた。
カットオフのグンゼYGを着た上から普通のTシャツを着てみた。

ちなみにグンゼYGのカットオフは通常半袖タイプと、半袖の袖丈がさらに短いタイプがある。
筆者がグンゼからサンプルとしていただいたのはさらに袖丈が短いタイプである。

首回り・袖口・裾がすべて切りっぱなしなので上にTシャツを重ねても、段差がない。
袖も短いし、首回りのVも深いので、外から見えることもない。
おまけに生地が薄いので重ね着しても圧迫感がない。

IMG_1610

本来はクールビズ用としてドレスシャツの下に着用するために開発された商品だが(ドレスシャツは素肌に着るべしという五月蠅い輩がいるから)、カジュアルTシャツの下にも着用できることが分かった。
あまり汗をかかない人は必要ないが、汗っかきの人間にとってはTシャツやポロシャツを1枚で着て外回りをするのはなかなか恐怖を感じるのである。

このグンゼYGカットオフシリーズの価格は1620円(税込み)となっており、オッサン連中御用達のスーパーマーケットの3枚1000円とか3枚990円シャツに比べると幾分高い。

しかし、個人的にはこの商品はコストパフォーマンスが高いと評価している。

同じ、グンゼの「シーク」という百貨店向け商品がある。
カットオフの技法はこちらの「シーク」のほうが早くて、YGカットオフはシークのセカンドラインのような位置づけにあると見ている。
シークは税抜きで2800円くらいである。

YGカットオフはその半額だからかなりのコストパフォーマンスだといえる。

切りっぱなしということになると、ユニクロのエアリズムシームレスもある。
これと比べてみる。

まず、ユニクロのエアリズムシームレスはネーミングがダメだ。
ネーミングに偽りありだ。
シームレスとは「縫い目がない」という意味だが、裾と肩に縫い目がある。
これで「シームレス」を名乗るのはいかがなものか。
エアリズムカットオフに改名したほうが良いのではないか。

グンゼYGカットオフはたしかに3枚1000円の肌着シャツに比べると高い。
しかし、ユニクロのエアリズムカットオフシームレスは1枚税抜きで1500円もする。
税込みで1620円である。

グンゼYGカットオフと同じである。
仕様でいうなら、グンゼYGのほうが裾も切りっぱなしとなっており、切りっぱなし比率はこちらのほうが高い。
仕様だけでいってもこちらのほうがコストパフォーマンスに優れている。

次に素材面を見てみよう。

エアリズムカットオフシームレスはナイロン84%・ポリウレタン16%という組成である。
はっきり言って合繊100%である。

グンゼYGのほうは、通常版のカットオフが綿90%・ポリウレタン10%、短袖版は綿55%・ポリエステル30%・ポリウレタン15%という組成で、綿比率が圧倒的に高い。
とくに通常版はシークと同じ組成である。

綿素材が一概に良いとは言わないが、合繊100%はやはり吸水性に難がある。
合繊は基本的には汗を吸わない。業界では「汗を落とす」と表現する。
合繊が混紡されているTシャツは普通に使用するが、合繊100%のTシャツはちょっと日常使いはしたくない。
せいぜい、運動するときのウエア止まりである。

素材面から考えてもYGの方が圧倒的にコストパフォーマンスが高いといえる。

エアリズムの価格が圧倒的に安いなら、エアリズムを着用するという選択肢もあるが、価格が同じなら絶対に買わない。

とくに中高年は男女ともに盲目的ともいえる天然素材信奉者が多い。
中高年男性(通称:オッサン)がもし、アウターに響かない肌着をほしいと考えるなら、価格から考えてもグンゼYGカットオフをお勧めする。

これまでは「カットオフの肌着なんて真夏にドレスシャツを着る人向けだろ?」という偏見があったが、今回試してみて、Tシャツやポロシャツの下にも着用できることが分かった。
来年からはTシャツの下として大いに活用したいと思う。

それにしても、グンゼYGカットオフを見ていても「良い物が必ず売れる」とは限らないことがよくわかる。
グンゼYGカットオフが売れていないというわけではない。
けっこうな売れ行きだと耳にしているし、Amazonでも一時期は品切れだったとも聞いている。

しかし、ユニクロのエアリズムに比べると圧倒的に知名度が低く売り上げ枚数が少ない。
これはひとえに売り方・見せ方の差だといえる。
物性面の品質でいえば縫製仕様・使用素材ともにグンゼYGカットオフが圧勝である。
それでいて価格は同じだ。

モノヅクリガーの人たちの理論なら、グンゼYGカットオフが圧倒的に売れねばおかしいということになる。
だが、結果は逆だ。
だから、物作りを得意とする会社は売り方・見せ方を工夫すべきなのだと思う。
そうでなければいつまでもユニクロやグローバルSPA、ファストファッションの後塵を拝し続けることになる。
それで構わないのであれば、いつまでも「物作りのロマン」とやらにこだわっていれば良いと思うが。




「YG」がベージュ・切りっぱなしメンズ肌着を発売

 先日開催されたグンゼの今秋冬展示会で見つけたおすすめ商品を紹介してみたい。

昨年夏、ヒット商品となったのがベージュの男性肌着である。
なぜヒット商品になったかというと、クールビズ対応である。

早ければ5月ぐらいからクールビズが始まるが、
その際、上着を着なくてもよくなる。

ワイシャツ1枚で仕事をしてもOKということである。

その際、白いワイシャツだとどうしても下に着用した肌着が丸見えになる。
そんなものかと思っていればそんなに気にならないが、気になる人にはひどく気になるらしい。

また

「ワイシャツの下に肌着を着るのは邪道( ー`дー´)キリッ」

という欧米かぶれさんも多数おられる。

気温35度、湿度70%以上になる日本の夏は、大量に汗をかく。
少なくとも筆者のトップスは常にボトボトである。

こんな状況で素肌にワイシャツを着れば、どうなるかは予想に難くない。
欧米かぶれさんがなんと言おうと、筆者はワイシャツの下に肌着を着る。

ファッションに気を使う人でも汗っかきさんは大勢存在する。
ワイシャツの下に肌着は着たくないけど、着なかったら汗でボトボトになるから着ている。
という人も多い。

そういう人たちが昨年ベージュの肌着を購入した。

理由はワイシャツの上から透けにくいからである。
以前、女性の肌着やブラジャーにベージュが多いのも透けにくいからだと聞いたことがある。

グンゼの百貨店向け肌着「シーク」のベージュが一部の人々の間で大人気となった。
「シーク」が受けた理由はベージュという色だけではない。
ネック部分と袖口が切りっぱなしになっていたからだ。
ネック部分と袖口が切りっぱなしになっていて段差がないので、ワイシャツからさらに透けにくい。

そんなベージュ・切りっぱなしのメンズ肌着だが、グンゼは量販店向けブランド「YG」としても、今春夏から発売を開始する。

写真3

昨年秋に開かれた今春夏展示会では出品されていなかったことから見ても、緊急で発売を決定したといえる。

この「YG」のセールスポイントは価格面にもある。
量販店の中では高額だが、「シーク」のほぼ半額に近い1500円に設定されている。

それにしても肌着分野でも低価格帯商品群のトレンド対応力はなかなかに素早い。
すでにユニクロの「エアリズム」でも、イオンのトップバリュの「ピースフィット」でもベージュ肌着が発売されている。
ただし、ネック部分と袖口は切りっぱなしではないが。

こういう素早い対応を見ると、20年前の低価格商品群とはだいぶ異なるといつも痛感する。

20年前の量販店向け衣料品はそこまでトレンド対応が素早くなかった。
トレンドブランドとの差は3年遅れくらいだったと感じた。
早い時期にトレンド物が欲しければそれなりのブランドで買わなければならなかった。

それが今ではほぼ同一時期に対応している。
ユニクロの場合は自前の企画だが、量販店の多くはOEM・ODM、商社の製品部門へ企画ごと丸投げである。
OEM/ODM、商社の企画部門のトレンド対応が素早いということだろう。
決して量販店が素早いわけではない。

トレンド対応が素早くて価格が安いなら、低価格ブランドで十分だと考える人は多い。
それは当然のことである。
低価格ブランドの存在を「悪」だという業界人は多いが、低価格ブランドが存在するのは今に始まったことではない。
30年前にはすでに存在していた。

それに低価格品が現れるのは衣料品に限ったことではなく、家電でも自動車でも工業製品なら全分野に現れる。これは自然な流れである。
衣料品が特別なわけではない。
衣料品がオートクチュールやオーダーメイドばかりになったとしても低価格品は必ず現れる。
今度はおそらく、低価格オートクチュールとか低価格オーダーメイドなんて商法が出てくるだろう。

だから、トレンド対応の素早さだとか、製品スペックだとか、そういうことだけのアピールでは商品は売れないし、すぐに低価格品にキャッチアップされる。

そうではないほかの価値を与えなくてはならない。それが付加価値である。

その付加価値は個々のブランドによって異なる。それを考えることがブランド化ということになる。

挑戦する価値はある

 本日はちょっとお気楽に。

先日、以前から気になっていたグンゼのルームダウンシューズを購入した。
定価は980円である。ダウン65%・フェザー35%でこの価格は安いと思う。
色柄のバリエーションはけっこうある。ワゴンにだいぶ残り少なくなっていたのだが、それでもメンズの無地は6色あった。

写真2

さて、このダウンシューズだがグンゼの広報によると「隠れたヒット商品」なのだそうだ。
ヒット商品なら隠れなくても良いと思うのだが、このあたりはグンゼの社風だろう。生産面からもあまり大口のヒットになると困るのかもしれない。
販路は量販店とのことで、筆者が購入したのはイトーヨーカドーだった。

グンゼは定期的に展示会や会見に招いていただいているが、販路がほぼ量販店に限定されているあたりがなんとももったいないと感じてしまう。
たしか肌着も百貨店を止めて量販店に絞ることになったと記憶している。

余計なおせっかいかもしれないが、販路を変える努力をしてみても良いのではないかと思う。
例えばこのルームダウンシューズなら雑貨店やセレクトショップ、ライフスタイル店などにも卸せるのではないだろうか。もしかしたらインテリアショップ・家具店のような先でも良いかもしれない。
家具を中心としたインテリアショップ・家具店は、商品の回転率が低い。毎年家具を買い替える家庭なんてそんなに存在しない。1つ家具を買ったら最低でも数年以上は使用する。
転勤による引っ越しとか、息子・娘が独立・結婚するなんていうとき以外は買い替え需要は頻繁に起こらない。
耐久性も良いし、価格も高い。ユニクロで1000円のTシャツを衝動買いするようなわけにはいかない。

だからインテリアショップ・家具店は数年前から、毎月買い足してもらえたり、衝動買いしてもらえるような雑貨類・軽衣料類を店頭で販売するケースが増えた。
これで固定客を作って、毎月の売上高を稼げるというわけである。

グンゼのルームダウンシューズなんてそういう衝動買い雑貨にぴったりではないだろうか。

「そういうお洒落ショップはグンゼという大衆的なブランドとのコラボや取り引きを嫌がる」という声も聞こえてきそうだが、寝具の東京西川とナノユニバースのコラボダウンジャケットが販売されている。
初めて見たときには、「東京西川???」と疑問符が3つくらい並んだものだが、見慣れてくると羽毛布団で定評のある西川とのコラボはありではないかと思えてくる。

東京西川というブランド名を「お洒落」だと感じる方は少ないだろう。
はっきり言って「布団屋さん」というイメージしかないはずだ。少なくとも筆者はそうだ。
そんなベタなブランドとナノユニバースのコラボがそれなりに受け入れられているのだから、グンゼだって可能ではないかと思うのである。

他人の会社だからひどく無責任に言ってしまうのだが、挑戦してみる価値はあると思う。

さて、自宅には昨年購入したユニクロのフリースルームシューズがある。
形状としてはルームシューズというよりはスリッパである。かかとのホールドがない。定価は990円だ。
今回何日間か、それとグンゼのダウンルームシューズを履き比べてみた。
かかとのホールドがある分、グンゼのルームダウンの方が暖かいが、底の分厚さはユニクロの方が上だ。
グンゼは底を改良すると良いと思うが、おそらくコストが跳ね上がることになる。
スリッパの底は洋服を作るように簡単にはいかないらしい。

写真

逆にユニクロのフリースルームシューズのコストパフォーマンスの高さを再認識した。

ここでこんなことを思い出した。以前、どなたかが仰っていたのだが
「ユニクロのスリッパ類の販売戦略はすごい。990円と言う定価はスリッパとしては決して安くはないが、ユニクロの店頭に並んでいたら高いとは感じない。そのほかの商品群と同じ価格帯だ。スリッパ単体として見れば利益を確保できやすい」と指摘されていたことがある。
どなただったかは失念してしまった。

加えてスリッパ底のクオリティは高い。こういうところにユニクロの底力を感じる。

話を戻すとグンゼは新しい販路を開拓できる商品と物作りシステムを持っている。あとは企業としての決断と営業担当者の挑戦だけだろう。まあ、他人の会社だから気軽に言えるのだけど(笑)

どうしても前社長を「引退」させたいのだろうか?

 昨日の夕刊か今朝の朝刊で各紙がグンゼの新社長就任を報じていることだと思う。
ちなみに昨日の決算発表の席上で新社長就任を含む新人事が発表された。
一般紙・業界紙に混じって筆者も末席に座らせていただいた。

内容はこうだ。

現在、代表取締役社長兼社長執行役員(CEO兼COO)の平田弘氏が、代表取締役会長(CEO)に。
代表取締役常務取締役兼常務執行役員(CFO)の児玉和氏が、代表取締役社長兼社長執行役員(COO)に就任する、というものだ。

通常の社長交代だと前社長は引退もしくは代表権のない会長に就任するが、今回の人事は前社長は引退せずに代表権のある会長兼CEOになる。
いわば、新社長と二人で経営の役割を分担するといった方が実状を反映している。

にも関わらず、一般紙各紙の記者は「社長交代、前社長は引退」という記事を書きたかったのか、執拗にそれについて質問していた。
前社長は引退も何も、CEOとしてこれからも何年間か経営陣のトップとして君臨するのである。
これのどこが「引退」なのだろうか。

決算会見や新ショップ開店の際、一般紙記者と同席することがあるが、筆者が気になるのはこういう「紋切り型」の見方である。
今回の人事の新肩書を見ても明らかなように、平田前社長は代表権も保持したままであり、最高経営責任者(CEO)として続けて経営の旗振りを担うことは一目瞭然である。

なぜ一般紙の記者は「社長交代=前社長引退」という図式を無理に当てはめようとするのか理解に苦しむ。

以前、ユニクロのグローバル旗艦店である心斎橋店がオープンした際にも某大手一般紙記者が良く分からない質問を執拗に繰り返していて理解に苦しんだことがある。
その質問とは、「この物件の地主は誰ですか?」というもので、一度質問する程度なら「あー、そーですか」と思うだけなのだが、二度三度と繰り返していたので「一体何が目的だろう?」と傍から聞いていて訝しく思ったものである。
これは推測だが、おそらく別のまとめ記事に柳井会長のコメントを引用したかったのではないだろうか。
「都心大手物件の地主は○○が増えている」というような内容の記事だったのではないか。

先日、橋下徹大阪市長とMBSの女性記者の会見での口論がノーカットで流されて話題となった。
橋下市長と女性記者の会話はまったくかみ合っておらず、経験に照らし合わせると、女性記者は定まった報道内容に沿ったコメントを得んがために執拗に質問を繰り返していたとしか思えない。

あらかじめ作り上げたストーリーに沿って、それに適合するコメントを集めるという報道姿勢を改めないと、一般紙やテレビはますます世論をミスリードするだけではないかと案じられてならない。

異業種売上高が47%を占めるグンゼ

 先日、久しぶりにグンゼの第2四半期決算会見に出席した。
個人的には第2四半期という呼び名は分かりにくいので好きではない。中間決算の方がよほど分かりやすい。
ついでに言えば、何故3カ月に一回決算発表せねばならないのかも理解に苦しむ。
投資家のためだというが、繊維アパレル産業において、ブランドを認知させるのには一定の年数が必要である。そのため新ブランドは3カ月単位では成果の出ない場合も多くある。

表向き「短期的投資家に惑わされず、新業態の育成を長期的に図る」としてMBOして上場廃止したワールドの言い分はよく分かる。

結果は微減収減益だった。
以下引用する。

http://www.apparel-mag.com/abm_papers_1111_gunze.html

グンゼの2012年3月期第2四半期決算(連結)は、コストの増加やアパレルおよびライフクリエイトなどの減収が影響し、売上高670億5900万円(0.3%減)、営業利益6億900万円(63.5%減)、経常利益6億3500万円(64.9%減)、純利益3億2900万円(54.2%減)の微減収減益だった。

アパレル部門の売上高は353億2300万円(3.7%減)、営業利益は1億1000万円(78.2%減)と減少した。綿価格の高騰を受け、8月から「快適工房」など綿100%の商品の上代価格を10%値上げしたが、大きな影響は出ていない。下期以降は「収益の改善が期待できる」(平田弘社長)という。

とのことである。

今回、注目してもらいたいのは、全売上高に占めるアパレル部門の割合はわずかに53%ほどに過ぎないというところである。
当然、残り47%は異業種の売り上げとなる。

グンゼと言えば「肌着」「パンスト」というイメージが強いが、異業種の割合が4割を越える状況にある。
グンゼが手掛ける異業種とはプラスチック製造、電子部品、メディカル用具、商業施設運営、スポーツ施設運営である。
このうち、プラスチック・電子部品・メディカル用具などの製造を行う機能ソリューション事業が約39%の売上高を占める。

繊維製造の技術を生かしてプラスチックやメディカル用具を製造へと異業種進出をずっと以前から行っていた。
これを知ったのは14年前、業界新聞記者として入社してからである。
それまではグンゼというのは肌着とパンストの製造会社だとばかり思っていた。

繊維製造技術を生かして、メディカル用具や住宅資材などの異業種製品を製造しているのは、グンゼだけではない。東洋紡、東レ、帝人といった大手の紡績や合繊メーカーも同じである。
東洋紡は全社売上高で繊維が占める割合は3割程度だし、東レも繊維の売上高は4割程度である。

やみくもに「異業種」に進出すれば良いというものではない。
例えばジーンズ製造業者が塩昆布の販売を開始しても相乗効果はほとんどないだろう。

まったく関連のない異業種進出は一か八かの賭けの要素が大きく、失敗する場合が大きい。
グンゼもそうだが、東洋紡や東レ、帝人などの異業種進出は、本業からの技術応用の効く部分から手を付けたことが良かったのだと思う。

ちなみにグンゼは通期決算で、

通期の業績見通しは、連結で売上高1435億円(7.3%増)、営業利益35億円(13.5%増)、経常利益34億円(3.5%増)。アパレル部門は売上高748億円(0.4%増)、営業利益16億円(61.1%増)の計画。

を見込む。

©Style Picks Co., Ltd.