カテゴリー: TOP SELLER . STYLE

リレーブログ「私が服を好きになった理由」

 今日は趣向を変えて。
ツイッターでリレーブログが回ってきたので、その題材で書いてみる。
「私が服を好きになった理由」である。

「え?お前服好きじゃないやん」という声が聞こえてきそうだが、根っから嫌いではない(笑)。

ファッション業界の人ほどの思い入れはないかもしれないが、近所のオッサンよりは「仕事の対象物」としては好きである。
根っから嫌いなら、こんな儲からない業界はもっとさっさと足を洗っている。
逆にそこそこ好きだからこの年まで、何の成果も残さずに生き恥を晒しているのだろうと思う。
いやはや後悔先に立たずである。

さて、このブログでも何度か書いているように、大学を卒業するまで、母親がジャスコかイズミヤで買ってきた服を着ていた。
夏用のTシャツ類が7,8枚、冬用のトレーナーが3枚くらい、厚手綿織物のズボン(ジーンズやチノパンではない)が4枚くらい、あとはジャンバー(ブルゾンとかジャケットなんて洒落たものではない)を2~3枚、そんなレパートリーで年間を過ごしていた。

すべてジャスコかイズミヤのカジュアル平場に売っていた1900円くらいの洋服である。

1970年生まれだから、中学を卒業するときは86年、高校卒業は89年だった。

中学・高校は制服だったので結局、カジュアルを着る機会はほとんどない。
当時流行していたジーンズは、ハイウエストで太ももにゆとりがあるのに裾幅が絞られている「スリムジーンズ」だった。おまけにケミカルウォッシュである。
今のテイパードジーンズとはまたシルエットが異なり、いわゆるモンペみたいな形をしていた。

で、大学に入学するといきなり制服がなくなるのだが、別に色気づいていないし、モテたい願望もそんなになかったので、中学・高校のころのカジュアルを着て通っていた。

友人たちはバイトをしたりして、だんだんとリーバイスとかボブソン、ラングラーなんかのジーンズを穿くようになっていった。
そんなわけで、好奇心から梅田のジョイントなんていうジーンズ専門店を覗くようになった。

初めて覗いた時には衝撃が走った。

なぜならジーンズが高かったからだ。
リーバイスとかラングラーが6900~8900円もしていた。
自分が穿いているズボンは1900円なのに。
もちろんそんな高いズボンは1枚も所有していないし、買う勇気もない。

こんな高い物を買う意味がわからない。まあ、そんな感じだったが、友人たちは買っていた。
「こんな高いズボンを平然と買ってるこいつらすげえわ」というのが偽らざる気持ちだった。

そんな感じで大学2年の終わりか3年の終わりごろだったと思う。

90年か91年のことである。

ケミカルウォッシュのモンペスリムジーンズの流行は終わっており、ジーンズのトレンドは定番ストレートになっており、大学生の男子はやたらとリーバイス501が好きだった。
そんな記憶がある。

さすがにカジュアルウェア生活も3年目くらいになるとちょっといろいろと試してみようと思い始めている。
しかし、ネックは価格である。7900円という大金をズボンごときに平然と支払える鋼のメンタリティはない。

たぶん、トム・クルーズ主演の映画「トップガン」が流行っていて、MA-1ブルゾンも流行していたような記憶がある。
でも今のスマートなMA-1ではない。あのダボッとした、工事現場の作業員御用達のあのMA-1ブルゾンである。

Ma1black

MA-1ブルゾンとリーバイス501を合わせるのが人気だった。

そこでジャスコやイズミヤの平場で501と同じ形の1900円のジーンズを探してみたが見つからない。
見つからないというよりそんな商品は当時存在していないのである。

デニム生地が違う、形が違う、洗い加工が違う、同じデニム生地のズボンとはいえ、イズミヤジーンズとはすべてが異なっていた。

自分には縁がなかったと簡単にあきらめていたころ、友人の一人が、501を安く売りたいと言ってきた。
理由を尋ねてみると、裾上げの長さを失敗したのだそうだ。
長すぎたのか短すぎたのか忘れたが、どちらにしろ丈の長さを指定しまちがえたそうだ。

で、3000円か4000円で引き取ってくれと言われて、それでも愛用している1900円のデニムズボンよりは高いので3日ほど熟慮した。熟慮した結果、投資してみようと決心ができたのである。

友人から受け取って穿いてみると、今までのイズミヤデニムズボンとは違う。
おお、やっぱり高いだけのことはある。素直にそう思えた。

もちろん、顔が良くて体型の良い奴にはどんなに服装を工夫しても勝てない。
それは永遠不変の絶対真理である。
顔と体型の良い奴が絶対的勝者である。
しかし、服装を工夫することでマシには見える。それをその501で感じた。

それから501を卒業まで愛用して、就職活動に失敗して、イズミヤの子会社だった安物の洋服販売店チェーンに就職した。
就職してからは仕事なので一から独学をした。

そうすると洋服を工夫すると、上手くいけば顔と体型の悪さを少しマシに見せられることがわかった。
洋服と髪型の工夫で顔と体型の悪さは少しくらいはカバーできるのである。

そうやっていろいろと工夫を凝らすことを続けているに従って、洋服というかファッションを好きになっていった。
まあ、ファッション業界人に比べるとその好きという度合いは浅いものだったが。

そこからこの業界で20年以上生き恥を晒している。

2005年くらいまでは、本当に「高い服」と「安い服」はデザインや色柄、シルエットなどの見た目も使用している生地も違っていた。
リーバイス501とほとんど見分けがつかないような低価格ジーンズは存在していなかった。
メンズビギに売っているようなデザインジャケットはイズミヤやジャスコの平場には売っていなかった。
だからみんな高い服を買っていたのである。
ケチな自分でさえ、略礼服ではない黒のスーツを、アトリエサブで5万円も支払って買ったのである。
ラングラーやボブソンのジーンズを7900円も支払って買っていた。

98年~2000年くらいまでのどこかの間で、ワールドの神戸本社に取材に行った際に、ついでにタケオキクチの切りっぱなしメルトンジャケットを割り引いてもらったとはいえ3万円弱も支払って買ったことがある。
このジャケットは今でも冬には着ている。かれこれ15年以上着ているから本当にお買い得だったと思う。

メルトンの生地の分厚さ、シルエットの美しさ、縫製の丈夫さ、切りっぱなしでフロントが比翼ファスナーになったデザインの奇抜さ、どれを取っても似たようなものは低価格ブランドにはなかった。

しかし、2005年以降の業界を見ていると、明らかに百貨店ブランドのクオリティやデザイン性が凋落して、低価格ブランドのそれらが改善されており、2010年代になるとほとんど見分けがつかなくなっており、下手をするとユニクロの方が価格が安くて品質が高い商品まで出てきた。

ファッション業界人は変な謎のプライドを持った人が多いから、そういう人々はユニクロに憎悪を向けたり、グローバルファストファッション追放キャンペーンなんてくだらないことに情熱を傾けている。
そんなことはするだけ無駄だ。ユニクロをいくら憎んでも百貨店ブランドの売上高は回復しない。
グローバルファストファッションは追放できないし、万が一にも追放できたとしても、代わりの低価格ブランドが登場するだけのことである。

それよりも本当に百貨店ブランドの売上高の回復を望むなら、2000年代前半までのクオリティ、デザイン性の回復を追求すべきである。
明らかに低価格ブランドとは異なっていたから、わざわざ百貨店ブランドでみんな買っていたのである。
品質もデザイン性も変わらなくなれば安い方で買うのは当たり前である。
人は似たようなものなら安い方で買う。
ユニクロを憎悪している自称ファッショニスタだって、日々の食料品は安いスーパーマーケットで買っている。
いくらイキったところでそれが実情だ。

大学卒業以降の20年間強、業界を見続けてきてそう思う。

現在の百貨店ブランド不振は、明らかに、品質とデザイン性の低下が原因だ。
逆に低価格ブランドは品質とデザイン性が向上したから支持されている。

そこを見直さない限り、今の状況のまま変わらない。
そう思う。




Webサロン「TopSeller SALON」がオープンに向けて会員を募集

 今日は告知を一つ。
筆者も運営側に参加させてもらっている販売員のためのTopSeller.Styleが会員制のウェブサロンを9月5日にオープンすることになり、それに向けての仮会員募集が始まった。

詳細は以下をクリックして読んでいただきたい。

http://topseller.style/archives/413

以前にも書いたが、どうしてこの販売員のための集まりに筆者が参加させてもらおうと思ったのかというと、生地や糸の製造加工業者は同業者組合や全国規模の組合横断組織などがあり、その気になれば他社との交流が可能である。

またアパレルメーカーも意外に同業他社との交流はある。
某ブランドと某ブランドが案外仲良しで頻繁に交流があるなんていうのは別に珍しい事案ではない。

小売店のオーナーも他社との交流がある場合が多い。
〇〇店オーナーと××店オーナーは仲良しで毎日酒を一緒に呑んでいるなんていうのも珍しくない。

しかし、現場の販売員でそういう交流はあまりない。
せいぜい自店内での交流くらいであってもせいぜい近隣の店の販売員と少し会話をする程度である。
ファッション専門学校生の多くが販売員として就職してしまうという状況下(良い悪いは別にして)にあり、さらにはインターネット通販や人工知能の発達によって、販売員は不要といわれかねない可能性も高まってきた。
だから、販売員のスキルを高め、存在意義を確固たるものにする取り組みが必要なのではないかと思った次第だ。

ぶっちゃけ、販売員が不要になっても個人的には何の損害もないが、そういう機会さえ与えられないのはなんだか違う気がした。
おっさんの単なる偽善的気まぐれと言われても否定はできない。

業界の中では、販売員不要論が高まっている。
アホな接客をしたり、一々付きまとう販売員は不快だし、不要だと思う。
彼らの代わりに自販機かペッパー君を設置した方がよほど売上高は高まると思うし、その場でスマホからネット通販で同じ商品を買ったほうが気分が良い。

ジーンズを触っていたら「それデニムなんですよ」なんて声は別にかけて要らない。
デニム生地くらいは見たらわかる。
これが特殊なデニムなら声をかけて説明すべきだ。
「普通のデニムに見えますが、実は〇〇という糸が交織されています」というように。

仕事以外で別に赤の他人と雑談などしたくない。

だからこのままだと販売員の人件費は単なるコストとみなされて、ネット通販やロボットによる接客が主流になってしまうだろう。
販売という仕事にやりがいを持ち、それなりの結果を出し続けている販売員には自衛のための手段も必要ではないか。そんなふうにも思った。

いや、今日は本当に偽善的なことばかり書いていて我ながら落ち着きが悪い。

まあ、あと少しでこの難行苦行を終えたい。

しかし、銀行やみどりの窓口に行くと、ATMや自動発券機よりも、多くの人は対人窓口に並ぶ。
もし、本当に世の中の大多数の人が自動発券機やATMのほうが本当に便利だと思っていたら、ここまで対人カウンターには並ばないのではないか。
最近そんな風に感じる。

もちろん、洋服の販売と銀行やら鉄道の窓口は役割も異なるし、販売している商品も異なる。
だが、すべて機械で操作するよりも対人での応対のほうを何だかんだと言いながら、多くの人は評価しているのではないかと思う。

やっぱり、人間からの説明を聞いたほうが機械に表示される文字を読むよりも理解が速かったり深かったりする。

そういうことではないか。

だから販売員が一概に不要とは思わないし、そこに販売員の生きる道があるのではないかとも思う。

まあ、そんなわけでこのウェブサロンが販売員の自衛の一手段になるのではないかと思っている。
立ち上がったばかりなので今後どのように運営されるのか未知数な部分が多いが、役に立つ会に育ってほしいと思うし、そのためには筆者の乏しい知恵もいくつかは提案してみるつもりである。

乏しい知恵が湧いてこなかったら「ゴメンネ」と謝るほかない。

売れる販売員が絶対言わない接客の言葉
平山枝美
日本実業出版社
2015-11-20


お直しや採寸の知識は販売員の武器になるか?

 Topseller.Styleに参加してからもうすぐ1か月になる。
とくに個人的には変わったことは何も起きていない。(笑)

http://topseller.style/

そんな中、先日、一度会ったことがあるお直し屋さんが面談を求めてこられた。
彼がいうには、お直しを活用することでもっと店頭の売上高が増えるのではないか、ということである。

ちょっと興味を持って聞いてみた。

現在、独立して3年ほど。その前は某お直しチェーン店で勤務し、その後は百貨店内のお直しルームで勤務をしていたそうだ。

現在、自店を営業していて、一度お直しされた商品を持ってくるお客が多いという。

その理由は、「販売員さんにお直しをお願いしたところ、思っていたのと寸法が違っていた」というものらしい。
どういうことかというと、例えば、お願いしていたズボン丈よりも長めに仕上がっているというようなものがほとんどだそうだ。

もちろん例外もあるが、百貨店やファッションビルテナントの販売員はお直しの寸法を測ることにあまり慣れてないというのが彼の意見だ。

そして、失敗によるクレームを恐れてなるべく「安全パイ」の採寸をすることが多いとも。
その結果が、ズボン丈が長すぎるという再お直しにつながっている。

現在、メンズのズボンは細身が主流である。
ひと昔前ならズボンの裾は少し足の甲に乗っかるくらい(これをワンクッションという)が適切だとされたが、今は短めが主流である。
ワンクッションではなくノンクッションである。

丈の変遷を見てみると、スキニー登場前は、ストレートでワンクッションが主流だった。
そして2008年ごろからスキニーがトレンドになると、スキニーでワンクッションが主流になった。
足元にクシャクシャとレッグウォーマーのように溜まるのである。
これが当時はカッコイイとされたが、今から見てみるとちょっとダサい。

その後、足の甲に乗らないノンクッションが主流になり、今だとさらに短めの9分丈くらいでもおかしくない。

筆者は股下77~76センチでワンクッションになるが、現在主流の長さにするなら、股下75センチ以下にする必要がある。
実際自分で採寸してみると、かなりの分量を切ることになる。

お直し屋さんなら、じゃあと言っ73センチ程度にするのだろうが、慣れていない販売員としたら受け取った後でのクレームが怖いからちょっと長めにしてしまう。
せいぜい75センチ程度である。
こうなるとほとんどワンクッションになってしまい、受け取った後で再度お直し屋に持ち込むというケースが増えている。

筆者もそういう経験がある。
スーツを買ったり、スラックスタイプのズボンを買ったときは、自分が指定したよりも少し長めに仕上がっていることが多かった。

ジーンズ店は販売員がそのままミシンを踏むことが多い。
筆者も昔はジーンズの裾上げくらいはできた。

で、ジーンズ店の販売員もクレームを恐れて長めに仕上げることが多い。
これも身をもって体験している。

採寸の知識をお直し屋と販売員が共有することで、こういう行き違いがなくせるのではないか?というのが彼の提案であり、そのために何か連携できないかという打診だった。

また、上着の場合は、販売員が袖丈をいじることに躊躇してしまい、肩幅がパンパンなのに少し短めの袖丈のジャケットを選ばれることが多いらしい。

筆者はMとLの中間体型で、細身のジャケットなら肩幅に合わせるとLサイズになる。
しかし腕が短いので袖丈が長くなる。
結果的にお直しが面倒なので買わない。

袖丈に合わせるとMサイズになるがそれは肩幅がパンパンになるので着用すると窮屈になる。

採寸の知識があったり、お直し屋と連携できていれば、こういう場合にはLサイズを勧めて、そして袖丈を直すというやり方が可能になる。
それで店の売上高は少し伸びるのではないか。

これらの意見はなるほどと頷かされたので、主宰に上げておくということでその日は別れた。

今後どうなるのかはわからないが、ずいぶんと面白い話を聞かせてもらえた。
ちなみに彼によると、メンズスーツを扱うブランドは比較的採寸がうまく、レディースウェアのみを扱うブランドは採寸が苦手な場合が多いという。

これはメンズのスーツが必ず裾上げを必要とする洋服だったからといえるだろう。

メンズスーツを扱うブランドの中にも格差があって、彼によるとツープライスショップはあまり採寸が得意でない場合が多かったともいう。

売り上げ不振に苦しむ店舗が多い中で、他店と異なる付加価値の一つとしてお直しや採寸の知識というのも、あまり気が付かれてないが有効な手段になりうるのではないか。

手ぬいでできちゃう!服のお直し
高畠海
新星出版社
2016-04-22




販売員のための情報・交流の場「TOP SELLER . STYLE」が始まる

 今日は告知なので興味のない方は読み飛ばしてもらいたい。

繊維・ファッション業界といわれるが、繊維業界とファッション業界はひどく異なる。
まあ、それは置いておいて、素材を川上、アパレルメーカーを川中、小売店を川下と呼びならわしてきた。

川上には紡績、合繊メーカー、織布工場、染色加工場、整理加工場、ニッターなどが属する。
ここはけっこう縦・横のつながりがあって、協同組合みたいなものもあるし、勉強会的な集まりもある。

川中のアパレルメーカーも協同組合もあるし、経営者同士は意外に仲良しで情報交換という名の飲み会なんかも行われている。

川下の小売店でも経営陣は意外に他社との交流がある。
たまには飲み会か勉強会かわからないような会合もある。

しかし、川下の販売員にはそういう集まりがあまりない。
もちろん協同組合なんてものはない。

販売員は一般的にあまり報われにくい仕事として認識されている。
筆者も販売員上がりだ。そんなにカッコイイ一流店ではなく、イズミヤという量販店の子会社で1900円くらいの安物の洋服を販売していた。

小泉アパレル、ヤギ、タキヒヨー、美濃屋、水甚といった量販店メーカーの商品を扱っていた。

販売員はやっぱり当時から報われない職種だった。
本部の方が偉いし、売れない商品ばかり仕入れるくせにバイヤーはなんだか偉そうだったし、経営陣は根拠もなく前年比10%増の売上予算を毎月押し付けてくるし、何だこりゃって感じだった。

記者になって人気ショップの販売員と触れ合う機会が増えた。
やっぱり彼らも報われない。
意外に給料は安いし、その上、自店での買い物で毎月支払いに追われている。
量販店系の店なら単価も安いが、人気ショップになると1枚ン万円の洋服ばかりだ。
それを毎月何枚も買っているからそりゃ支払いは苦しい。

某有名セレクトショップの店員なんて毎月15万円くらい支払いがある人もいる。

おまけに洋服はどんどん売れにくくなっているし、2005年くらいからインターネット通販が台頭し始めた。
昨年あたりからこれまでネット通販に冷淡だった有名ブランドまでが目の色を変えて参入しようとしている。
現金な奴らめ。

インターネット通販が盛り上がって、大手アパレルは大量閉店を打ち出している。
ワールドとオンワード樫山とイトキンとTSIと三陽商会とを合わせたらおそらく2000店くらいは軽く閉鎖しているはずだ。

当然そこにいた販売員の多くは解雇または契約終了ということになる。

これからは人工知能も発達するし、販売員はますます不要の存在になる。

筆者だって実際に、へたくそなわけのわからん接客をする販売員よりも、ペッパー君か自動販売機を相手にしたほうが服を買いやすいと感じる。

まあ、そんな散々な販売員という職業だが、それでもそれが好きでやりたいという人も少数だがいるはずである。
一部には本当に「売るプロ」という人もいるだろう。

これからますます淘汰される販売員という職業をスキルアップするために

TOP SELLER . STYLE

という情報提供の場が設けられることになった。
サイトはこんな感じだ。

http://topseller.style/

今まで、現場販売員のための交流・勉強の場というものは設けられなかったので、これは画期的な取り組みではないかと思う。

もちろん、筆者は主宰ではない。
主宰グループはみな筆者よりも若い。
若者に交じって、画期的な取り組みだと思った46歳のオッサンは、このたび協力させてもらうことになった。

今後、どのように展開していくのか楽しみにしている。
メンバーの一人として今後もちょくちょくと活動の告知をしていきたいと思う。

興味のある方はぜひ覗いてみてもらいたい。


©Style Picks Co., Ltd.