カテゴリー: お買い得品 (1ページ / 8ページ)

無印良品の「疲れにくいスニーカー」は本当に疲れにくかった

当方は肩凝りなので定期的にマッサージに行く。
肩を回したり伸びをしたりそういう運動はしているものの、あまり緩和されないのでマッサージに行く。
まったく行かないと、頭痛がしたり目の奥が重痛くなったりする。

先日、マッサージをしてもらっていたら、「無印良品のスリッポンを買ったら、安いのにすごく疲れにくかった」と言われた。
確かに無印良品には靴があり、当方も何度かセール品を買っている。
が、キャンバススリッポンは見落としていた。

帰宅してネットで調べてみると、その名もずばり「疲れにくいスリッポン」「疲れにくいスニーカー」がある。

いずれもキャンバスで撥水加工が施してある。
オーガニックコットンと書かれてあるがそんなものは当方にとってはどうでも良い。
オーガニックかどうかははっきり言って興味がない。

アッパーのデザイン違いでソールとインソールは同企画ではないかと思う。

ちょうど10月22日まで期間限定割引が行われており、スリッポンは2990円が1900円に、スニーカーは2990円が2490円に値下がりしている。
この期間に試してみようと思って、難波の無印良品に行くと、スリッポンはなくなっており、スニーカーのそれも白と黒のみしか残っていなかったので、黒を買った。

おまけに無印良品のアプリで200円割引も持っていたので、2290円(税込み)で27・0センチを買った。

撥水加工は施されているが、しっかりとした雨では効き目はないと思い、連日雨が続いているが、止んだり小雨になった日を選んで履いてみた。

履いてみた結果をいうと、もう少し足に馴染むとまた違った結果になるかもしれないが、たしかにタイトル通りに長時間歩いても「疲れにくい」と感じる。
マッサージ師がいうように、疲れにくい。

その秘訣はインソールにあるというのが着用してみた感想である。

で、ふたたび、無印良品のウェブサイトに行ってみた。
スマホ版はあまり大したことが書いていない上に微妙に操作もしにくいので、PC版に行くと、工夫を凝らした部分が説明されている。

インソールのことはもちろん書かれていたが、通常のソール(靴底)についてもそれなりに工夫を凝らしてある。

ソールについての解説を引用すると以下の通りになる。

①全体を重心移動に沿う横方向へ切り出し
・適切なあおり歩行を誘導
・歩行時に曲がりやすく、かつ適切な位置で曲がるように工夫

②母指球部分に円形の凹凸
・蹴り出し時のグリップ力の向上

③かかと部分に円形の凹凸
・様々な方向でのグリップ力の向上
・衝撃吸収性を向上

④外周に斜めの切り出し
・滑りにくく削れにくい意匠(デザイン)を採用

とのことである。

確かにソールはこの通りの形状だが、そんなに機能性があるとは一見したときには思っていなかったので驚いた。

同じキャンバススニーカーでスペルガを持っているが、スペルガと比べると格段に足が疲れにくい。
スペルガも履き心地が悪いというわけではないが、無印良品のこれと比べるとまったく履き心地は異なる。

ファッションにこだわる人ならスペルガなのだろうが、機能性と足の疲れを重視するなら無印良品である。

スニーカーとしての外観はコンバースのオールスター風である。
最近、コンバースはデザインについてうるさいから、完全に類似しないようにデザインは少しアレンジされている。

無印良品のPC版ウェブサイトには、「定番を目指している」と書かれてあるが、デザインといい、機能性といい、これは定番として傷んだらその都度買いなおしたくなる。もちろん価格も含めて。

先日、3990円に値下がりしたリーボックフューリーライトを買って、足が疲れにくいと書いたが、無印良品のこのスニーカーも同等に足が疲れにくい。
フューリーライトは定価だと1万円強するので、傷んだらその都度買い替えるというのはちょっと勇気がいる。
その上位モデルのポンプフューリーは2万円弱するので、試し履きしたくてもおいそれとは買えない。

しかし、無印良品のこれは定価が2990円で、しかも期間限定値引きで2490円とか1990円に値下がりするので傷んだらその都度買いなおしやすいし、傷まなくても季節ごとに違うカラーを買うことも可能だ。

ウェブサイトに書かれているように「定番」になりうる商品だと思った。

50歳手前のオッサンになると、いくらデザインがかっこよかろうが、いくらブランド名にステイタス性があろうが、そんなことはどうでもよくなり、まずは疲れにくいとか防水とかそういう機能性が重要になる。
オッサンの体はくたびれ果てている。機能性が高くてなおかつデザインが良くさらに価格が安ければそれが最上品だ。
オッサンの懐は寒いのである。

そういう意味では値下がりしたフューリーライトや無印良品の2990円の疲れにくいスニーカーはオッサンにとってのマストアイテムだといえる。

こうなると、スリッポンのほうも試してみたくなる。
ウェブで検索すると残っている店舗が少ない。
しかも1990円に値下がりしている期間は10月22日までである。

同じ試すのなら値下がりしている期間にするほうがお得である。

22日までの間に、残っている店舗に行くことができて、サイズが残っているなら1足買って試してみたいと思う。

それにしても、廉価で機能性の高い商品が続々と生まれている。
ワークマンのワークウェア、カジュアルウェアしかり、無印良品のこの靴しかり。
もう高機能・低価格はユニクロだけのものではないし、靴分野でいえば、ユニクロは何度も参入しようとして失敗を繰り返している。以前から細々と発売し続けている無印良品のほうが何日もの長がある。
しかもこういう高機能商品まで発売してきたのだから、ユニクロの靴市場参入はますます障壁が高くなったといえる。

市場競争恐るべしである。

久しぶりにNOTEを更新しました⇓
国産ジーンズ第1号ブランドは「キャントン」か「ビッグジョン」か?
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/n619df72be1bb
あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro

ジーンズメイトの汗染み防止加工「ゼロステイン」Tシャツは優秀だった

 10月の1週目はかなり涼しかったから、このまま涼しくなるものだと期待していたら、真夏のように暑くなってしまった。
この暑さは木曜日くらいまで続くようだから、暑さが苦手な当方としては嫌になる。
まさに「夏死ね!高気圧死ね!」である。

とはいえ、実は暑くなる少し前に値下げされていた半袖Tシャツを買った。
正直にいうと、来年用にと思っていたが、この暑さのぶり返しで、現在着用している。
買ったのはジーンズメイトでだ。

以前から気になっていたジーンズメイトの汗染み防止加工「ゼロステイン」である。
2~3年前からこの商品が発売されていて、ずっと気になっていたのだが、投げ売りされているのを見てついに3枚買った。

買ったといえば、ノートパソコンも買った。
9月下旬から5年前に買った薄型のFMVが調子が悪くなってしまったため、難渋していたのだが、つい先日買って、今回のブログから新型パソコンを使っている。
やっぱりサクサク動くのはストレスフリーである。

さて、ゼロステインに話を戻そう。
大量の汗をかく当方にとって、夏の必須機能として、ドボドボに濡れたのが目立たないというものがある。
汗をかくのは止められないから、昔は吸水速乾を多く試していた。
しかし、給水速乾Tシャツはその上に羽織ったシャツがその水分を多く吸い込んでドボドボに濡れてしまう。
それに早く乾くとはいえ、生地がドボドボに濡れているのは隠しようもない。

着ているだけで体温を下げ続けてくれる機能素材があればうれしいが、それは現在存在していない。

汗をかくのは止められないから、それが目立たないようになってほしいというのが、汗かきの切なる願いだ。

無印良品のとか、ライトオンのとか、各ブランドの汗染み防止加工Tシャツを試してみた。
ライトオンのベーシック無地Tシャツ(1枚1000円、2枚1500円で売られていた)の黒はちょっと汗染み防止機能が弱いかなという印象を受けた。
無印良品のは買った当初は結構よかったが、もう4年くらい経過しており、その機能も繰り返す洗濯で弱ってきている。

今回、ジーンズメイトで買ったのは、アウトドアプロダクツの厚地丸首Tシャツ、薄手V首Tシャツ、ブルーススタンダードの薄手V首Tシャツの3枚である。

アウトドアプロダクツの薄手V首Tシャツ

アウトドアプロダクツの厚地丸首Tシャツ

ブルースタンダードの薄手V首Tシャツ

ちょっとブランドの解説をすると、アウトドアプロダクツは現在ジーンズメイトがライセンスを取得して各種アイテムを企画生産している。
リュック専門店はジーンズメイトの運営である。
この2種類のTシャツも企画製造はジーンズメイトである。

ブルースタンダードはジーンズメイトのオリジナルブランドで、これだけはなぜか長続きしている。

この3枚は要するにジーンズメイトのオリジナル商品なのである。

アウトドアプロダクツのTシャツは以前からジーンズメイトに並んでいたが、一昨年くらいまではめちゃくちゃにサイズ感がデカかった。
Mサイズを合わせてみても当方でダボダボというほどにデカかった。
初期のユニクロが「大は小を兼ねる」とばかりにやたらとデカかったことに似ている。
しかも去年、今年ならビッグシルエットが流行しているからまだしも、当時はビッグシルエットは流行していなかったので、そのダボダボさは余計に目立った。

期末に大量の売れ残りが発生していたが当たり前である。

今夏の商品はかなりサイズ感を縮めてきた。
Mサイズは当方の肩幅よりも狭く、Lサイズを買った。
ブルースタンダードは37・5歳のおっさんをターゲットにしている割には元から細めで当方はいつもLサイズを買っていたので、今回もLサイズを買った。3枚ともLサイズということになる。

余談だが、ユニクロのビッグシルエットポケット付きTシャツを8月の半ばに790円で買ったが、これはMサイズでも大きすぎたので、Sサイズを買った。

同じTシャツといえども、サイズ取りやシルエット設計によって、ここまで着用サイズが変わるのである。
一概に「俺はMサイズだから」とか「俺はいつもLサイズ」と決めつけて買い物をすることは愚の骨頂だということである。

今回買ったのは定価1900円がそれぞれ990円、790円、590円に値下げされていた。
アウトドアの厚地丸首が990円、アウトドアの薄手V首が790円、ブルースタンダードが590円である。

本当は3枚も買うつもりはなかったのだが、790円と590円に釣られて3枚も買ってしまった。

薄手2枚は10月1週目の涼しい時期に着用してしまったので、汗染み防止機能を実感できなかった。
しかし、着用感は悪くない。汗染み機能にこだわらない人は買っておいて損はない。
まだジーンズメイトにもけっこう店頭在庫が残っていたからこの値段なら複数枚を買っておいても良いだろう。

言い忘れたが、3枚とも素材組成は綿100%である。

残る1枚の厚地丸首をいつ着用しようかと思っていたら、急に暑くなったので早速着用してみた。
ちょうど、肉体労働をすることがあったのでそのときに着てみたら、汗染みはほとんど目立たなかった。
外見上はほぼ汗染みがゼロだったと言っても良い。

アウトドアプロダクツの厚地丸首Tシャツ

今回の暑さは30度くらいなので、毎年の35度の猛暑でも目立たないかどうかは来年夏に試してみないとわからないが、30度くらいまでの暑さならほぼ完璧に汗染みを防止してくれることが着用で体感できた。

これは来年夏用に何枚か買っておかねばなるまい。
しかも今回はアウトドアは2枚ともライトグレー、ブルースタンダードは白の薄地を買っている。どちらも汗染みが目立ちやすい。
ライトグレーでほぼ汗染みがなかったというのはかなり優秀だといえる。

990円に値下がりしているうちに他の色も何枚か買っておこうかと思うほど優秀だった。
当方はケチで貧乏性なので定価では絶対に買わないが、990円に値下がりしているなら4枚くらい買っておこうかと思う。
もし、来年夏に35度の気温で汗染みがほとんど目立たなければ定価で複数枚購入しても良いと思う。
生地が少し厚いということもあるのだろうが、それにしても優秀だといえる。あとは洗濯に何回耐えられるかだ。
これはもう少し洗濯を繰り返してみないとわからない。

世の中も業界人もとかく、「安くて良い物はユニクロとジーユーにはかなわない」とか「ユニクロとジーユーを買っておけば鉄板」と思いがちだが、探してみれば、このようにユニクロ、ジーユーを越える機能を有した安価品が存在する。

消費者がそういう態度になるのは仕方がないとしても、業界人までが同じ認識というのは「本当に衣料品のプロなのか?」とあきれるほかない。
仮にもプロたる業界人がそういう認識だから、ユニクロ、ジーユーに勝てずに、自社・自ブランドの売上高を下げ続けるのである。
消費者と同じ認識しか持てないような素人根性だからアパレル業界は衰退しているのではないのか。そんな素人の提案する商品が一般消費者から支持されるわけがない。

NOTEを更新しました⇓
「数字だけ」を見て失敗したアパレル経営者たちの事例
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/n3260aa3e5852

あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro

スニーカーのSTEPは圧倒的な安さ

早いもので、今年ももう10月である。年内も残り3か月を切った。
来年は年男である。黒沢年雄ではない。

年が明けると、36歳の年男と言いたいところだが、48歳の年男で、次の年男は還暦である。
もう人生の終わりが近いことを痛感するばかりだ。

10月にもなっていうことではないが、今年はユニクロ以外で靴を買っていなかった。
今年買ったのが、ユニクロUのキャンバススリッポン2足である。

白と黒を1足ずつ買った。990円に値下がりしたときに買った。

今秋冬もこのキャンバススリッポンは継続されるので、また990円に下がったら買いたい。
形は昨年に発売したキャンバススリッポンの方が美しいが、インソールのクッション性は今年の方が上だ。
長時間着用して歩いたり立ち仕事をしてもまあまあ耐えられるレベルにある。

そんな状況だったが、ついに久しぶりにユニクロ以外で靴を買った。

もちろんスニーカーである。
革靴は冠婚葬祭以外には足が痛いので履かない。その冠婚葬祭でさえ、最近は「革靴っぽい黒いスニーカー」を履いている。(笑)

つい最近、国が仕事時のスニーカー着用を許可したが、わざわざ行政がそんな指導をせずとも、快適性を考えたらとっくにスニーカーは着用されている。とくにファッションに疎い上司なら、昨年発売されたユニクロUのキャンバススリッポン黒なら、スーツやビジカジルックに着用していてもそれがスニーカーかどうかすら見極められないだろう。

さて、今回買ったのは、そんな「疑似革靴」ではなくリーボックのフューリーライトである。

実は交流のある四元亮平氏と池田篤也氏がリーボックのポンプフューリーを履いている。
四元氏はほとんどポンプフューリーを履いている姿しか見たことがない。

池田氏はこれまでワークブーツとかスペルガのスニーカーなどを履いていたが先日お会いするとポンプフューリーになっていた。

感想を尋ねると「なかなか良い」とのことだったので、じゃあ自分でも試してみようかと思い立ったのが、9月の中旬のことだった。

で、ウェブと実店舗で調べるとポンプフューリーは高い。安くても1万円くらいはする。
5000円くらいに値下がりしているものがない。

で、いろいろ調べるとポンプフューリーの簡易版みたいなフューリーライトがあった。
定価は1万円くらいで、探すと値下がり品もある。

完全に同じではないが、アッパーのデザインは似ている。
ポンプフューリーにはない靴紐があるが、これは単なる飾りに過ぎない。
ソールは少しライトの方が薄いだろうか。それでも通常のスニーカーとしては十分な厚みがある。

リーボックの公式サイトでは、廃番カラーが税込みで5140円に値下がりしていたから、目星を付けていた。

先日、スニーカーのSTEPを通りがかると、サイトで見た廃カラーが4色、3990円で売られていた。
これは安いとそのときにサイズが残っていた2色を買った。

STEPは今時珍しくデジタルのメンバーズカードやアプリがない。
スタンプを押すカードなのだが、2足目5%オフ、3足目10%オフという割引がある。
これを使って、2足目を5%オフしてもらったので、2足合計で税込み8400円という破格値で買えた。

買ったのは紺とグレー。黒と迷彩柄は合うサイズが売り切れていた。

これ以前に、ABCマートで一度試着したのだが、そのときは27・5センチで履けた。
しかし、今回のは、アッパーの素材が異なり伸びにくいのか、28・0センチでキッチリだった。

履いてみた感想は、クッション性が高くて足が疲れにくい。ただ、履き口のかかと部分が見た目よりも意外に高くて、アキレス腱あたりの皮膚が擦れる。

長めの靴下を履くか、履き口の生地がダレるまで我慢するかのどちらかを選ばねばならない。それ以外は不満はない。

それにしてもSTEPは安い。
ABCマートが安売りをやめたからなおさら安さが際立つ。ほんの3年くらい前まではABCマートにも3900円とか2900円に値下がりしたスニーカーがふんだんにあったのに、最近はそういう激安品がなくなってしまった。だからABCマートでは買わなくなった。

STEPも時期によっては品揃えが微妙なときがあるが、それでも2000円〜3900円に値下がりした各ブランドのスニーカーは常備されている。

あとはそのスニーカーのデザインや色が気に入るか、サイズが合うかの問題だけである。

STEPが低価格を維持し続ける間は、STEPの値下がり品一択で買おうと思う。

それにしても、今回、もう少し履き慣らしてフューリーライトが良いと感じれば、今後はさらにフューリーライトの値下がり品を揃えようと思う。

ポンプフューリーは高くて手を出すのに勇気が要るから、いずれ金持ちになったら買ってみたいと思っている。しかし、金持ちになるのは夢で終わってしまいそうな気がしてならない。

可能性は低いが、金持ちになったらポンプフューリーの一番安い商品(それでも1万円は越える)を買ってみたいと思う。

NOTEを更新しました⇓
「数字だけ」を見て失敗したアパレル経営者たちの事例
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/n3260aa3e5852

あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/

洋服は安くても売れにくい

 ここのところパソコンの調子が悪くて、今日もなかなか起動せずにブログ更新がこんな時間になってしまった。

アパレル関係者と話すと、「安い物しか売れない」という意見がよく聞こえてくる。

しかし、その「安い物」もそんなに必ずしも好調なわけではない。

先日、また天神橋筋商店街で顔見知りのバッタ屋のニイちゃんと立ち話をした。
いわく「9月は厳しかった」とのことで、「月間売上高が200万円に届かなかった」と意気消沈していた。

また、その近所の他のバッタ屋も100円とか300円とかの超低価格衣料品ばかりだが、好調な日なら10万円を越える売上高があるが、不調な日は7万円程度に終わることもあるという。

9月の衣料品消費が全般的にはどうだかわからないが、「安い物」でも簡単には売れないのが今の状況といえる。

バッタ屋の聖地ともいえる天神橋筋商店街には低価格衣料品店が軒を連ねている。
59円に下がったスカートや99円のジーンズ、190円の日本製の綿カーディガンなど驚きのプライスが掃いて捨てるほどある。

ここで買った服を1000円か1500円でメルカリで販売すれば結構美味しい商売になるのではないかと思う。
また、500円くらいの工賃で再加工(刺繍、ワッペン付けやリメイクなど)を施して、これを3000円くらいでメルカリで売っても良いのではないかと思う。

思い返せば、30年くらい前、当方は17歳で、両親は40代だったが、そのころの両親や親戚の間ではよくこんな会話があった。
当方の親族だけではなく、世の中の大人はほぼ同じ意見だったと記憶している。

例えば、1000円くらいに値下がりした服があったら、「安いからもう一枚色柄違いで買っておこう」という意見が多かった。
当方の両親にしたって本当に別の色柄がもう一枚欲しかったわけではない。
ただ、貧乏性なので、安いからもう一枚買っておこうかという程度の行動だった。

そうやって買った服はだいたいが、2,3回着た程度でタンスの肥やしになってしまう。
とくに無理やりに選んだ色柄はそうなる。

だから、この当時は「値下げすれば確実に売れた」のだが、今はそんなことはない。

理由としては、低価格品があふれているだけでなく、ブランドの値下げ品・投げ売り品も溢れている。何も焦って買う必要はない。
また、各個人がタンスの肥やしを多数抱えている。はっきり言ってしまえば、半年や1年間くらいは服を1枚も買わずに過ごせるくらいだろう。

30年前はまだまだタンスの肥やしが少なかった。だから「飢餓感」「渇望感」があったが、今そんな人はほとんどいない。
「洋服でも買おうか」というのは単なる趣味の世界になっている。
能動的に買うとしたら、靴下や肌着など消耗品が破損したときくらいだろう。

また、トレンド変化が遅いというか、さまざまなテイストが並立共存できる環境にもあるから、新トレンドに飛びつく必要もない。
5年くらい前に買った服なんて余裕で着用できるし、着ていてもおかしいと思われることもない。

最近ではバブル期のファッションがリバイバルしているから、下手をすると、父親や母親からその当時の服をもらって、それを着用しても違和感はない。

バブル期のファッションが復活したことで、現在タブー視されるファッションテイストはなくなったといえる。
そうなると、古着だろうが、10年前に買った服だろうが、何を着ていても不正解はない。

ビッグシルエットからタイトシルエットまで何でもありだし、そのミックス形態もありということになる。

例えば、ワイドパンツがトレンドになっているが、かといってスキニーパンツが絶滅したわけではない。
ユニクロだってジーユーだっていまだにスキニーパンツは主力商品の一つとして売り場に並んでいる。

ハイウエストパンツがトレンドになってもローライズパンツが消滅したわけではない。
いまだにローライズパンツはベーシックアイテムの一つとして存在している。

ブーツカットが流行れば、全員がブーツカットになったような時代とはまったく違ったファッション傾向になっている。

ビッグトレンドが本当に生まれにくくなっており、そういう点でもさらに洋服は売れにくい。

そうなると、たとえ「安い物」でも売れにくくなる。
190円のカーディガンでも飛ぶように売れるとはいかなくなっている。

これが今の状況であり、もう「価格訴求だけ」「ファッション性だけ」「トレンド性だけ」では消費者は買わない。
190円カーディガンでも99円ジーンズでもそんなに先を争って買う必要はないということになる。

アパレル業界人が消費者の行動を理解できないのは、いまだに「安ければ売れる」「物が良ければ売れる」という間違った価格神話や物作り神話を信仰しているからだといえる。

その神話は発展途上国や物の供給量が需要に追い付いていない国では信仰の対象になるが、タンス在庫があふれてファッションテイストが多様化した成熟国にあっては、まったく信仰の対象とはならないことを認識すべきではないか。

当方も含めた業界のベテランや、「洋服大好き」な業界人では、こういう社会環境におそらく対応できないだろう。
従来の文脈で服が売れてほしいという気持ちは当方にもどこかにはあるが、そういう文脈で売れるようになることは今後、未来永劫ないだろう。熱狂的な消費行動を体験したければ新興国へ行くほかないのではないか。

NOTEを更新しました⇓
「数字だけ」を見て失敗したアパレル経営者たちの事例
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/n3260aa3e5852

あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/

今夏の半袖Tシャツの出来はライトオンの圧勝だった

 今年7月は1枚も半袖Tシャツを買わなかった。
すでにタンス在庫が多数あるのと、価格的にあまり値下がりしていなかったこととの両方の理由がある。

8月になって3枚買った。
今日から9月に入ったが、関西は例年だと10月半ばまで暑いので、もう一段値下がりした半袖Tシャツを2~3枚程度買ってみようかと思う。

もとより高額店には出入りしておらず、低価格店のみの店頭巡回の感想だが、メンズの半袖Tシャツに限っていえば、ユニクロ頼みになる必要もなかったというのが今年の感想である。

【ジーユー】

第3四半期決算が、減益となったジーユーだが、今春夏のメンズ商品は全般的にあまり良いとは言えない。デザインがいまいちだから、今までの「安かろうそれなりだろう」というブランドに逆戻りしたように見える。

これでは売れなくて減益になって当然ではないかと思う。

【ユニクロ】

ユニクロだが、ポケット付きビッグシルエットTシャツのVネックが790円に値下がりしていてお買い得である。ビッグシルエットが気にならない方は790円でなら買うべきである。

通常ラインとは異なり、比較的太番手の糸を使ってしっかりした編地でできている。
今夏のユニクロのTシャツで個人的に合格点に達しているのは、このポケット付きビッグシルエットTシャツのみである。

あとの通常のグラフィックTシャツは、グラフィックがいまいちダサいことに加えて、生地が頼りない。それなりに太い番手の糸で編んでいるのだが、ハリがないというか、ヘニャっとしているというか、そんな感じである。

2011年に綿花が史上最高値を記録し、2012年から2年間くらいは、ユニクロをはじめとして全ブランドで綿花の含有率を下げた製品が増えて、生地のクオリティが著しく劣化した。

ポリエステル混も多かったし、綿100%でも生地がペラペラになった。

そこからの影響がまだ残っているのかもしれないが、ユニクロの通常ラインのグラフィックTシャツは生地のコシがないという感じが続いていて、これはいわゆる「目付を軽くした」ということなのだろうと見ている。

だから990円に値下がりしてもそんなもんだろうと思うし、買うのなら590円とか500円に下がってからでないと嫌だ。

ユニクロの半袖Tシャツに関しての個人的評価は以上だ。
買うとしたらポケット付きビッグシルエットTシャツの値下がり品くらいで、通常のグラフィック半袖Tシャツは500円程度に値下がりしたのを1枚買うかどうかである。多分買わない可能性が高い。

【ライトオン】

個人的に今夏、もっともよかったと思ったのがライトオンの半袖Tシャツだ。
自社ブランド「バックナンバー」の商品だ。
ここでは2枚買った。もちろん値下がり品だ。

IMG_3303

IMG_3307

切り替えTシャツを2枚買ったのだが、これいずれも別色の生地を3枚、5枚とパッチワーク的に縫っている。

しかも生地はそれなりに「目付が重い」ようで、密度を感じる。
おまけに汗ジミ防止加工も施されている。

定価1990円も十分にコスパが高いが1490円に値下がりしているのだから、かなりコスパが高い。

また、縫製に手間がかかるためか、このデザインはユニクロには並んでいないから、ライトオンとしての差別化もできている。

もちろん、生地の組み合わせパターンはきちんとマニュアル化されているが、それでも通常のTシャツを縫うよりも縫製の手間がかかる。
また、生地のロス率も通常のTシャツよりも高い。

なるべくロスが出ないように生地の組み合わせ方は考えられていると思うが、それでもロスはゼロではない。絶対に捨てるしかない切れ端が生まれる。

この2つのコストアップ要素を抱えながら定価1990円、値引き後1490円というコストパフォーマンスの高さは素直にすごいと思う。

そのほか、レインスプーナーとライセンス契約したプリントTシャツが990円に値下がりしていたり、カリフォルニアコットンの厚手生地Tシャツが990円に値下がりしていたりと、Tシャツのお買い得感はライトオンがジーユー、ユニクロに勝っていると感じる。

しかも1490円の切り替えTシャツは2枚で2500円、990円Tシャツは2枚で1500円とまとめ買いの値引きが半端ではない。

しかし、逆にライトオンはTシャツのバリエーションが多すぎてわかりにくくなっていることと、その商品の良さ、お買い得感があまり消費者に上手く伝えられていないところに永遠の課題がある。

バリエーションの多さ、お買い得感を上手く消費者に伝える方法がいつまで経っても確立できない。

話は少しそれるが、消費者はお買い得商品を良く見分けていると思う。

このライトオンの切り替えTシャツは1490円に値下がりしたとたんにかなり激しく売れてしまい、あっという間に特定のカラーとサイズが品切れになっていた。
あべのキューズモール店とヨドバシカメラ梅田店の両方を探したが、品切れになったカラーとサイズが多かった。

定価の間はほとんど動かなかったにもかかわらず(店頭定点観測による個人的見解)、500円値下がりしたとたんに、品切れになってしまったことに、消費者のお買い得品を見分ける力はかなりのものだと感心した次第だ。

下手なアパレルのバイヤーやら、無能な企画担当者よりも的確にお買い得品を見抜いているのではないかとさえ感じる。

無印良品では、太番手ボーダー柄Tシャツを1枚買った。
これも30%引きになったとたんにほぼ完売してしまった。

IMG_3206

やっぱり、消費者はアパレルのそこら辺の無能なバイヤーよりも目利きができると感じる。

まあ、そんなわけで9月に買うとするならライトオンの990円Tシャツを2~3枚買って、ユニクロで値下がりしたポケット付きビッグシルエットTシャツを1枚買うくらいだろう。

noteで有料記事を始めてみました~。

鎌倉シャツのビジネスモデルが秀逸なポイントを考えてみた
https://note.mu/minami_mitsuhiro/n/na76c612e6d37

あと、インスタグラムもやってま~す♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/




清水の舞台から飛び降りたつもりで、「ラ・ループ」のグラスホルダーを買った理由

 毎日暑い。
最高気温30度くらいなら我慢もできるが、30度を越えると耐え難い。
叫びだしたくなるほどに耐え難い。

まさに「夏死ね」である。

気温が30度以上あって、大気が熱いこと自体が耐え難いが、夏には耐え難いことが多い。
その一つに、大量に汗をかくことだ。

体は言うに及ばず、頭から汗が大量に流れ落ちる。
うなじ、もみあげ、額から大量に汗が流れ落ちる。

顔を大判のタオルハンカチで拭き続けるのだが、7年位前からちょっと不便なことが発生した。
眼鏡が邪魔なのである。
汗は常に流れ落ちるが、眼鏡が邪魔で拭けない。
うなじはともかくとして顔を流れる汗は眼鏡をはずさなければ拭けない。

常に流れ落ちるからかけたりはずしたりを繰り返さねばならない。
とくに歩いているときなんかは不便だ。
片手にはバッグや荷物を持ったりしていることが多いので、眼鏡をはずして顔を拭こうと思うと、腕が1本足りない。
こういうときには、いつも阿修羅像を思い浮かべる。

腕が6本あれば便利だろうなと。

眼鏡歴の長い人は、こんなことに慣れっこなのだろうが、当方の眼鏡歴は浅い。
外出時に常にかけるようになったのは本当に7年くらい前からである。
近視が進んだからなのだが、それまでは裸眼で生活していた。
正直なところ視力は徐々に悪くなってきており、0・7くらいで推移していたのだが、今はもう少し悪くなっている。それで眼鏡を外では常にかけるようにしているが、いまだに慣れない。

自宅では眼鏡をかけずに過ごしているから、ときどき眼鏡をかけるのを忘れて出かけてしまう。

で、どうにも顔を滑り落ちる大量の汗と眼鏡とのジレンマにイライラはこの夏頂点に達した。

なにか良い手はないものか?

すると、ネックレス型のグラスホルダー(眼鏡をひっかけるタイプ)が存在することを思いだした。
一時期、アクセサリー的に着用している人を多く見かけたが、そういえば最近は見かけない。

その昔、5年くらい前、歩きながら汗を拭くために眼鏡をシャツのポケットに入れていたら、どこかで落として紛失してしまったという苦い経験がある。

また、全然違う状況だが、酔っぱらったまま、帰宅するために歩いていたら、街路樹だか電柱だかに顔面からぶつかって、眼鏡が外れたのも気が付かずに紛失したこともある。もちろん顔面には擦り傷ができた。

酔っぱらっての紛失はともかくとして、シャツポケから紛失した失敗を繰り返さないためには、グラスホルダーが有効ではないかと思い至った。

で、そういえば、昔、取材した人が「外れにくいグラスホルダー」を首から下げていたことを思い出した。

通常、ネットでグラスホルダーを探すと、丸っこい金具に革紐を縛り付けただけの物が多く表示される。
これは最低限の機能はあるものの、関節部分が1つしかないので、眼鏡をかけたまま歩くと外れて落としやすい。価格は安いが機能性は今一つで、ホルダーに眼鏡をかけたまま歩くと、いつの間にか外れてしまう可能性が高い。

そこで、当時の記憶を頼りにググり続けると、発見した。

「La Loop(ラ・ループ)」というブランドだ。
2001年からスタートしたと書いてある。取材したのが2004年だったから、その人は割合に早めに購入していたということになる。

革紐の先にリング状の金具がつけられているのは通常の物と変わらないが、関節部分が二つある。

このため、体の揺れに合わせて、リングも動きやすく、逆にひっかけている眼鏡が外れにくい。
この機能性が評価されたと、たしか2004年に取材で教えてもらった。

さて、お値段は?
ギャーーーーーw(゚o゚)w オオー!である。

デザインが何種類かあるが、だいたい2万円~4万5000円くらいである。

おお、甲斐性なしの貧乏人にはとても払えねえ。

もっと安い品番はないのか?
もっと安く販売されているウェブ通販はないのか?

この2つの要素を何日もかけてググり続けた。

その結果、一番安い商品はだいたい15000円くらいだということがわかった。

そして、その商品の最安値で売られているだろうショップも見つけたが、それでも14040円(税込み)だった。

IMG_3246

岩手県盛岡市の眼鏡店のウェブ通販で、送料は864円くらいかかる。
合計は14904円となる。

http://www.matsumura1914megane.com/

Amazonでも出品を見つけたが、15735円だった。
送料無料としてもこちらの方が安い。

さらに何日間か悩んだ挙句、清水の舞台から飛び降りるつもりでネットの購入ボタンを押した。

スーツを除いて、単品で1万円を越える服飾雑貨品を購入したのは、13年ぶりくらいだろうか。
2004年の秋に、ラベンハムのキルティングジャケットを何を思ったのか29000円(当時価格)で買って以来である。なんでこんな高い物を買ったのだろう?

最近だと単品で5000円を越える商品ですらめったに買わない。

甲斐性なしの貧乏人にとっては、恐ろしく高い買い物をして肝が冷えた。

オーダーからわずか2日で到着した。もちろん「お急ぎ便」なんてものは使っていない。
すごいぞ日本の運送会社。

革紐の長さは63センチくらいで意外に短い。当方の頭がもう少し大きければ、くぐれなかったとことだ。

ただ、長さに関しては、これはわざと短くしてあるのだと思う。
あまりに長すぎると、かけやすいが、歩いたり走ったりすると、プランプランと揺れ幅が大きくなり、そのぶん、ひっかけてある眼鏡が外れやすくなる。

短いと歩いていてもほとんど揺れない。

早速かけてみるとこんな感じだ。

IMG_3251

10月の中頃までは汗が流れる日が続くので、これを首から下げて、眼鏡をいつでもはずせる状態にしようと思う。
思う存分、タオルで顔が拭ける。

それにしても我ながら思い切った買い物をしたと思う。(ノ◇≦。) ビェーン!!

インスタグラムはこちら~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/





ミンティアは100均よりもコンビニの方が安い

 今日は本当にみみっちくてセコい話でも。
元来が甲斐性なしの貧乏人だから実態を晒すだけの話である。

100均(100円ショップ)を頻繁に利用するようになったのは、ここ2年くらいのことだ。
それまではほとんど100均を利用したことがなかった。

理由はさまざまある。
昔は都心に店があまりなかったというのもその1つだ。
わざわざ、たかが10円ほどを節約するためにその辺鄙な場所まで行く方が時間と労力と、場合によっては交通費の無駄である。
だから利用しなかった。

あとは、生活雑貨品、日用品にまったく無頓着なので、そういう物を買うことがなかった。
これは今もあまり変わらないが、たまに掃除用品を買うようになった。
とくに重曹とクエン酸は通常のスーパーでは見つけにくいので、100均で買うほかない。

あとは飲食物を買うようになった。
昔は、缶コーヒー、缶ジュースを飲むことが多かった。
もちろん、定価品ではなく、100円自販機とか100円以下自販機だが、おととしくらいから「水」を主に飲むようになって、それで都心に店も増えた100均で買うことが増えた。

あとは、もともと、たばこを吸わない代わりに、昔はガムを噛んでいた。
しかし、ガムは味がなくなったら捨てなくてはならないので面倒である。
そこで一昨年くらいから、ミンティアを買うようになった。

理由はフリスクよりも安いからであり、100均で買うことが増えた。

100均を利用するようになってだんだんと特徴が見えてきた。

掃除用品なんかは価格の割にクオリティが高い。
今年の年末もまたダイソーに掃除用品を買い出しに行かなくてはなるまい。

しかし、中には100均の方が高い商品もあることに気が付いた。

割引販売が基本となっている食品スーパーと比べるのはフェアではないので、定価販売が基本となるコンビニと比較すると高い商品が存在する。

気になったのは、飲食物である。

例えば、ペットボトル入りの「水」。
サントリーやらクリスタルゲイザーやらのナショナルブランドの飲料水だが、100均は決して安くない。

コンビニと値段があまり変わらないか、もしくは5円ほど高い場合がある。

「水」でもっともお得なのは、コンビニで売っているサントリーの天然水2リットルである。
コンビニでは、税込み100円で売られている。
食品スーパーですら、税込み100円強は珍しくない。
2リットルを持ち運ぶのはちょっと重いし邪魔だが、まあコスパは抜群だ。

500mlサイズでいうと、コンビニのウィルキンソン炭酸水は税込み100円か100円未満であり、これを買うのがもっともお得ではないかと思う。

100均の場合は、100円以下の商品はない。
500mlの水は税込み108円であり、コンビニより高い場合がある。

もっとも100均にはわけのわからないPBみたいな水もあり、これだと2本で100円とか3本100円で売られているから、低価格が好きな人はこれを買うべきだろう。

駄菓子類はあまり買わないのでわからないが、ミンティアは100均の方がコンビニよりも高い。

IMG_3243

100均は100円以下の商品はないから、ミンティアは税込み108円である。

一方、コンビニは税込みで108円よりも安い。
税抜き価格として90円台で表示されている。

ミンティアに関していえば、100均で買うよりもコンビニで買う方がお得である。

こんな風に見てみると、「圧倒的に安い」と思われている100均でもコンビニよりも高い商品もあるということに気が付く。

低価格店だからといって、すべてを「最低価格」にする必要もない。
数円のことだろうが、500mlのナショナルブランドの水やミンティアは、100均は利益を多めにとっているといえる。

こうした100均の価格設定は本当に巧妙で上手いと感じる。

翻って衣料品業界はどうか?
ほんの数年前まで安値を競っていた。
今でも競っているといえるが、数年前までは各社が「業界最安値」を目指していた。

それこそ、ジーユーが飛躍するきっかけとなった990円ジーンズを発表したとたん、量販店各社は980円、850円、790円と下のくぐり合いをした。
しかし、そういう1000円未満ジーンズが消費者から支持されたかというと、ジーユーを除くと総合スーパー各社の商品は支持されなかった。

今、1000円未満ジーンズは決して主力商品ではない。
ほとんど忘れ去られている商品といえる。

実際のところ、1000円未満ジーンズなら990円で十分で、850円で下をくぐったところで、わずか140円を浮かせたい消費者なんてほとんどいない。

140円とか200円程度の値下げなんて衣料品に関していえば、ほとんど効力がないといえる。

「激安」というイメージを強く訴求しながら、定価販売のコンビニよりも高い商品を混ぜて販売する100均に比べて、衣料品業界の考え方は稚拙だ。

こういう部分も衣料品業界が苦戦する一つの要因ではないかと、ミンティアを見ながら思った。

インスタグラムはこちら~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/





夏服をかっこよく着こなすには体型を整えるほかない

 当方は夏が嫌いである。
まず高気温が嫌いだし、高湿度も嫌いだ。
汗をかきやすいので、汗が大量に出るのも嫌だ。

個人的な理想の夏は、25度に温度設定した冷房のきいた部屋から外に出ずに一日中過ごすことである。

ちなみに35度を越える高気温、70%以上の高湿度の環境でありながら、冷房温度28度設定なんていう取り組みをやっているのは日本くらいで、アメリカは華氏70度(摂氏21~22度)くらいの温度設定が標準的だといわれており、ヨーロッパでもだいたい24度くらいだといわれている。

日本よりも高温高湿度な東アジア・東南アジアではもちろん欧米並みに冷房温度設定は低い。

着る物についても夏は嫌いで、メンズのカジュアルだとTシャツ、ポロシャツ、半袖シャツくらいしかない。春秋冬だと、重ね着でいろいろと楽しめるし、体型なども誤魔化せるが、夏服は誤魔化しが効かない。
それでも誤魔化す方法はあるが、春秋冬の重ね着に比べると、誤魔化し効果は些少であり、せいぜい3%~5%上乗せできれば良いところだろう。

そんなわけで、今夏はバーゲンでもほとんど服を買っていない。
靴とか時計とかバッグとか肌着とかそういう物の方に目が行く。

先日、今夏初めてアウター用のTシャツをバーゲンで買った。

無印良品で、太番手ボーダー柄のTシャツを買った。
定価で1990円だったのが、先週、やっと30%オフの1393円に値下がりした。

IMG_3206

無印良品は変な部分があり、店舗によって商品の値段が異なることがある。
ネットの書き込みではさらに10%オフで買った人もいるらしい。

細いボーダー柄もあったが、個人的には細いボーダー柄はあまり似合わないので、太いボーダー柄を選んだ。
黒×白と、薄グレー×白があったが、汗をかくとグレー部分が濡れて色が濃くなるので、汗かきとしてはグレー系のTシャツは夏は敬遠する必要がある。そのため、黒×白を選んだ。

2005年ごろからハリウッドセレブブームだか何だかしらないが、細番手(細い綿糸)で編んだ薄手生地Tシャツが主流となったが、汗かきのオッサンにとって、真夏の着用は適さない。
なるべく厚手生地の商品を選んで買うようにしているが、商品自体があまり存在しなくなってきた。

単に綿花の使用量をケチっているだけではないかと邪推すらしたくなるほどである。

一般に広く流通している薄手生地Tシャツはだいたい4オンスか5オンスくらいが多い。
触感だけだと最近の薄手Tシャツは4オンスくらいではないかと感じる。

汗かきのオッサンに好ましいのは、6オンス以上の商品でこれがなかなかない。
2005年以前だとけっこう厚手のTシャツは流通していたのだが、いつの間にやら消え去ってしまった。

話は逸れるが、ある生産業者によると、2005年以降、衣料品に使われている素材は随分と劣化しているそうだ。
原因はさまざまある。

1、製造の低コスト化が求められるようになったこと(業界の都合)
2、すべての原料が高値になった

が個人的には最大の要因ではないかと見ている。

1は低価格対応、もしくは価格は据え置きで利益確保のための製造コストの削減が多く求められるようになり、使用素材ももちろん低価格化しているということである。

これは洋服の販売が不振になったことから、それに対応するための業界の都合であることは言うまでもない。

2は中国、東南アジア、インド、中東などの経済成長によって、衣料品需要が拡大していることが原因である。
アパレルの世界市場規模は300兆円にまで拡大したという報道があるが、その多くは中国、東南アジア、インドなどの市場が拡大したためで、需要の増加に対して供給量が追いつかなければ価格は上がる。衣料品の原料が高騰したのも同じ理由である。

綿花や麻の栽培量は需要に比例するほど増えていないし、羊毛はさらに増やしにくい。
動物の方が植物よりも増やすことが難しいからだ。

必然的に原料価格は上がらざるを得ない。

そんな状況から2005年以降、衣料品に使われている素材のクオリティは劣化が著しいのだが、たしかにその指摘にはそう思う。

同じ価格帯で2005年までに買った衣料品と、2005年以降買った衣料品を比べてみると、明らかに生地のクオリティが違う。
2005年以降の方が合繊の配合率が高まっていたり、低密度だったり、安物くさい表面感だったりする。

だから、その業者に言わせると、2005年以降の商品しか知らない若い世代は良い素材に触れる機会が減って気の毒だという。

閑話休題。

今回の太番手ボーダー柄は太い糸が使われているため、がっしりした触感がある。
生地は期待したよりも薄い感じがするが、定価1990円という低価格を考えると仕方がない。

それにしても夏服を着ている人を見ていると、自分も含めて体型の誤魔化しようがないと感じる。

春秋冬は重ね着で体型は随分と3割増しくらいで誤魔化せるが、夏服はモロに体型が出る。

「夏服をかっこよく着こなすコツ」なんていう特集がファッションメディアに掲載されるが、実際のところ夏服をかっこよく着こなすコツは、体型を整える以外にない。

肥満や極端なガリはどうにも誤魔化しは効かない。ボディビルダーのようなゴリマッチョが良いかどうかは別として、ある程度の筋肉は必要である。
さらにいうなら顔面も整っていなくてはならない。

結局、男女ともに夏服は、顔立ちが良くて体型の整っている奴がもっともかっこよく見える。

だから、夏服は嫌いなのである。

インスタグラムはこちら~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/




ジーユーで590円に値下がりしたベルトを2本買ってきた

 昨年夏にジーユーデビューを果たしてからちょくちょくと利用するようになった。

6月に入ってから、ベルトをジーユーで買った。
理由は値下げされていたからである。

ベージュのメッシュベルトが定価990円から790円に、レザー(本革)の細いベルトが定価1490円が790円に値下げされていた。
それがどちらもさらに200円値下げされて、590円になっていたから迷わずに買った。

IMG_3023

(590円で買ったメッシュベルトと本革の細ベルト)

昨年夏から今までジーユーで使った合計金額はざっと8000円程度である。
オッサンの目から見て、ジーユーのメンズはまだまだ「ツライ」と感じる商品が多く、頻繁には買わない。

が、中には良い物もチラホラと出てくるようになり、とくにベルト類は値段と品質、デザインをトータルで考慮すると、まずまずではないかと思う。

もちろん、髙いベルトはそれなりに高くなる要素はあるのだろうが、逆にベルトなんてよほどかっこ悪いデザインの商品を着用しない限りはさほど目立たたないから、安い物で十分だという考え方もありではないかと思う。
とくにカジュアルだと、タックイン(ズボンの中にシャツの裾を入れること)して着ることがほとんどないから、ベルトはあまり見えない。
見えないんだったら、ジーユーの590円ベルトでも良いのではないかと思う。

昔の量販店平場商品みたいにデザインがダサいなら、それを避けて高額なブランド品を買う必要性があったが、デザイン的にほとんどブランド物と差がなくなれば、低価格で十分という考え方の人が増えても当然だろう。

ジーユーのベルトのデザインは平均的で、決してダサくはない。
あえて言わなければジーユーの商品とはわからないだろう。

メッシュベルトはこのベージュだけが値下げされていた。
よほど売れ残っているのだろう。
ベージュのズボンに合わせるにはちょっと難しいが、黒や紺のズボンに合わせるならこの色でも使える。

個人的にはベージュのズボンを穿くことがほとんどないから、このベルトは使いまわせるだろう。

ベルト、とくに本革ベルトは今までは意外に値崩れしない商品で、知っている範囲でいうと1900円くらいが底値でたまに、投げ売られて990円になる程度だった。
ジーンズカジュアルショップや量販店の平場で並んでいるレザーベルトの底値は1900円くらいというのが個人的な認識である。

それが990円よりさらに安い790円、590円に値下がりしているのだから、すさまじい。
590円の本革ベルトなんてバッタ屋よりも安い。

昨年末の12月30日にオッサン3人で忘年会を開催した。
オッサンのオッサンによるオッサンのための忘年会である。

で、1次会はお開きになって1人が帰宅したので、もう1人と一緒にその人の知り合いが経営している洋風居酒屋?に行った。

その店を経営している人は近鉄百貨店の元部長だという。
脱サラをされて店を始めたとのことだ。

50代後半くらいの方で、まあ、その年代のサラリーマンと比べると前職の影響からオシャレな感じがそれなりに漂っていた。

黒いズボンに黒いタートルセーター、黒いジャケットという黒づくめだが、シルエットは今風のそこそこの細目だった。

で、何かの拍子に洋服の話になって、「今日着ている服は全部ユニクロとジーユーなんです」とのことだった。
たしかによく見ると、ジーユーの服は素材が微妙に安物臭い。
しかし、作業着も兼ねて店で着用するならそれで十分だろうし、黙って着ていたらまったくどこのブランドかわからない。

「最近、ジーユーにもちょくちょく良いデザインが増えてきたから、ユニクロとジーユーで十分です」なんていう感想を述べられた気持ちもよく分かる。

先日も790円のトレーニング用のTシャツと短パンを買ったが、「なんちゃってランナー」の自分としてはこれで十分だし、週に2~3日に1時間ずつしか着ない運動着に高いカネは払いたくない。

ユニクロはもとより言うまでもないが、ジーユーでもこれほどの低価格でデザイン性を両立させられてしまえば、既存の中途半端なブランドはますます苦しくなる。

そことの差別化を図るために製造手法だとか日本製だとかを打ち出してきたが、ニッセンやベルーナまでが低価格で日本製製品を打ち出すようになれば、それとても通用しなくなる。

業界には相も変わらずユニクロとジーユーへの反発、怨嗟の声が溢れているが、そんなものは消費者へは届かないし何の影響も及ぼさない。ビジネス面、デザイン面の両面でブランドの在り方がますます問われることになるだろう。

インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/




低価格「日本製衣料」が市場に溢れている現実

 販売において「モノ」より「コト」が重要といわれ始めてけっこうな年月が経過しつつある。
また「スペック」の高さのみを誇る売り方も否定されて数年が経過している。

にもかかわらず、そうした売り方から脱却できないでもがいているのが、衣料品の製造・販売である。
何も「嘘で塗り固めた偽善臭いフィクション」の物語を作れとはいわないが、「モノ」「スペック」のみの売り方から脱却できずに不振に陥っている。

そういえば、「日本製」という売り文句も最近では効力がなくなってきつつあると感じる。
価格競争から抜け出すために「日本製」を振りかざすブランドが増えた。
今ではかなりの安物にまで「日本製」のタグが付けられており、「日本製」ということのみではブランドステイタスの確立に何のプラスにもならなくなってきていると感じる。

例えば、バッタ屋の聖地である天神橋筋商店街を歩けば、日本製のタグが付けられた衣料品が1000円未満で売られている。
日本製靴下(たぶん奈良か加古川製)は100円、泉州タオルも100円である。
今治タオルもときどき見かけるし、大阪の愛媛県事務所の前に行けば200円で販売されている。

日本製衣料品といっても、受注分だけをきっかりとオーダーのように作られているわけではなく、ある程度量産されているものだから、どうしても売れ残り在庫が発生する。
もしかしたらブランド側からの不法返品や不法未引き取りもあるかもしれない。

だから、その在庫をバッタ屋に販売するというのは当然である。
廃棄すれば廃棄料がかかるがバッタ屋に売れば少額とはいえ、現金収入になる。

まあ、天神橋筋商店街のバッタ屋はウェブで情報発信はしていないから、全国へ情報が拡散する可能性は低い。
しかし、それ以外でも大手企業が意外な安値で「日本製」衣料品を販売しており、こちらはウェブで全国へ拡散する。
こうした状況では、最早「日本製」という「スペック」だけでは売り文句にはならず、今度は「日本製」の価格競争が行われているといえる。

そして、大手カタログ通販各社も盛んに「日本製」を打ち出しており、こちらの価格競争は激化するばかりである。

例えば、ベルーナのこの「日本製」。

キャプチャ

3990円~である。この値段ならユニクロの商品とそんなに変わらない。

例えば、セシールのこの「日本製」のページ。

キャプチャ2

実に113ページもある。これほど大量の「日本製」が売られている。

同じ状況はベルメゾンだ。

キャプチャ3

20393件の日本製が売られている。

ニッセンだって日本製パーカを売っている。

キャプチャ1

4990円だから無印良品と同じくらいの値段である。

これほど大量のしかも低価格の日本製がウェブの中にはあるということで、今回はこの通販大手4社を紹介したのみなので、探せばもっと数多くのブランドが低価格の日本製衣料を販売していると考えられる。

この状況で果たして「日本製」という文言に効力はあるのだろうか。
最早、日本製を消耗しつくしつつあるのではないかとも思う。

人件費がアジア地区よりも高いであろう、日本で作られている衣料品がユニクロや無印良品と同等の価格で売られていたら、なんとなく「買ってみようか」と思う人も多いだろう。筆者もその一人である。
また「買ってみよう」とは思わなくても何らかの注意を引くことはできるだろう。

その効果はまだ「日本製」に残っているとは感じるが、それだけではないか。

「日本製」だから高くても買ってもらえるなんてことはもうありえないだろうし、「日本製」だから希少価値があるとも言えない。
セシールには113ページ分の、ベルメゾンには20393件もの日本製製品がある。

ウェブ全体で探せばそれこそ無限に近い数の「日本製」があるだろう。

こうなると、「日本製」という「スペック」のみで商品は買ってもらえなくなる。
そこには何かしらの「コト」「ストーリー」作りが必要になるが、国内のアパレル企業も製造加工業者もそのあたりをデッチ上げるのは下手くそで、外資系アパレルはそのあたりのデッチ上げが上手いと感じる。
外資系アパレルやラグジュアリーブランドはそのあたりのデッチ上げ方が実に狡猾である。

日本製商品を作り続けて売り続けたいのなら、外資系アパレルくらいに狡猾になる必要があるのではないかと思う。

インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/





1 / 8ページ

©Style Picks Co., Ltd.