南充浩の繊維産業ブログ

ファッションブログ・・・・と言いたいところだけれどもそこまでファッションに特化していないし、能力的にもできない。そこで繊維製造業、産地、アパレルメーカー、小売店など幅広く繊維産業全般についてぼちぼちと書きます。たまにマスコミ、経済問題についても書く予定。よろしくお付き合いください。 お仕事の依頼は minami_mitsuhiro@yahoo.co.jp まで。

繊維業界新聞の記者としてジーンズ業界を、紡績、産地、アパレルメーカー、小売店と川上から川下まで担当。 同時にレディースアパレル、子供服、生地商も兼務した。退職後、量販店アパレル広報、雑誌編集を経験し、雑貨総合展示会の運営に携わる。その後、ファッション専門学校広報を経て独立。 現在、記者・ライターのほか、広報代行業、広報アドバイザーを請け負う。

売り場探訪

ニッチ向けの商品を企画製造しながら売り上げ規模の拡大を望むのはナンセンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ニッチ向けの商品を企画製造しながら売り上げ規模の拡大を望むのはナンセンス
 世の中にはありとあらゆるテイストと価格帯の商品が溢れている。
その中にはどんなにがんばったって多くの人には受け入れられにくいテイストやら価格帯の商品がある。

そういう場合は、事業規模の拡大には限界があり、事業規模の拡大を容易にしたいならテイストや価格帯をマスに向けた設定にすべきであることは言うまでもない。

とくに洋服はそれを身に付けて歩き回るわけだから、奇抜なデザインではマスには売れにくい。
もちろん、何万円もするようなバカ高い洋服も売れにくい。

事業規模を拡大することを目指すなら、買いやすい価格帯で、ある程度万人受けするデザインにすべきである。

しかし、このバランスを理解せずに、「こんなに独創的な服が売れないのはおかしい」などと寝言にも等しいことを平然と主張するクリエイター気取りのブランドもあり、それは衣料品業界のレベルの低さを象徴しているといえる。

ウェブメディアのインディペンドに1日3組の接客販売(例外はもちろんある)しかしない「ガレージエデン」を寄稿した。

一日3組の予約制のショップ。渋谷区恵比寿の「ガレージエデン」
https://independ.tokyo/?p=3154



IMG_2430




個人的にこのショップを運営する浦野貴弘さんに好感を持つのは、端から事業規模を拡大しようと考えていないところである。
自らの好みと商品がマイナーであることを理解して、それに徹している。

この売り方に対して「一見さんお断わりみたいなのはいかがなものか」という意見もあり、それはその通りだと思うが、反対にそういう店があっても良いのではないかとも思う。

どこぞの大手みたいな「すべてはお客様のために」なんてキャッチフレーズばかりの店では気色悪くて仕方がない。

商品は、とにかく「細さ」を追求している。
パンツの形はブーツカットが基本で、トレンドは関係ない。

浦野さんは高校時代までリーバイスのXLサイズでもパツパツになってしまうほどの巨漢だったそうで、だからこそ今は細身であり続けることに強いこだわりを持つ。

自分もさすがにそこまで巨漢ではないが、もともとガッシリした体型なので、その憧れは理解できる。

デザイン自体はベーシックだが、とにかく細さへのこだわりは強いから、到底マス層には売れない。
もちろん値段もバカ高くはないが、そこそこに高い。

ここで浦野さんが「ぼくはマス層に売りたいんですよ」なんてことを言ったら、「寝言は寝て言いましょう」と返すところだが、そうではないからその商品構成には共感できる。

日本に限らず、欧米を見ても、売り上げ規模の大きいブランドの多くは、価格がそこそこ買いやすくて商品デザインが奇抜すぎない。別に日本人だけが特殊な考え方をしているわけではない。

自由経済だから、どんな商品を作ってどんな価格設定にしても構わない。
ポッピーピポパポの衣装みたいなデザインにして10万円の価格設定にしても構わない。

ただし、それが売れないのもまた自由経済である。

クリエイター気取りのブランドは何故、それが理解できないのか。
ビジネス的に成功しているデザイナーズブランドにしても実際に売れているのは奇抜過ぎないデザインの商品がほとんどである。

売れたければ売れやすいデザインや価格設定にすべきだし、自己の主観丸出しの「作品」を作りたければ売れないことを覚悟する必要がある。

主観丸出しで奇抜なデザインをするけれども、売れたいという美味しいところ取りは不可能である。

自分が「ガレージエデン」を支持する理由は、売り上げ規模が拡大できなくても良い、売り上げ規模は拡大できない、と覚悟しているからだ。


インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/










バッタ屋について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - バッタ屋について
 各社の不良在庫を格安で引き取ってきて、安く売る店を俗に「バッタ屋」と呼ぶ。
丁寧にいえば在庫処分屋といえるが、業界ではバッタ屋と呼ばれる。

子供のころから周りでは、ブランドのコピー商品などを「バッタもん(物)」と呼んでいたが、バッタ屋と語源は同じあろうと考えられる。

ところでここでいうバッタとはなんだろう?
昆虫だろうか?

バッタ屋の語源についてググってみると、日本俗語辞書には

バッタ屋とは古道具商の間で「投げ売り」を意味する隠語『ばった』をする店、つまり商品を格安で販売する店のことを意味する。後にバッタ屋は倒産寸前の店舗から商品を買い叩き、安値で販売するなど、正規ルート以外で商品を仕入れ、安売りする店のことを指しても使われるようになる。

http://zokugo-dict.com/26ha/battaya.htm

とある。

このほかにもいくつかの語源が考えられており、昆虫のバッタのようにあちこち移動するからではないかとも考えられているようだが、古道具商の隠語の方が適切なのではないかと個人的には思う。

最近、小島健輔さんがブログで何度かバッタ屋を採り上げておられ、洋服不振で在庫が増えているであろうアパレル各社やSPA各社はバッタ屋を活用してはどうかという提言されている。

面白い構想だし、バッタ屋をいくつか組織化できれば大いにチャンスもあると思うし、廃棄量も減らせるだろう。

しかし、難点が多々あって、実現するには相当に苦労することになる。

まず、バッタ屋を運営する社長やオーナーの多くはアパレル業界出身者ではなく、店作りからファッション感度から何から何までアパレル業界関係者とは見方や考え方が異なる。
正規のアパレル業界関係者の発想とは相いれない部分が多い。

また、ウェブに対する取り組みがほとんど皆無で、ウェブによる恩恵や効力をまるっきり信じていない。
ウェブに対して積極的にシステマティックに取り組んでいるのは、年商10億円を越えた大阪のショーイチくらいだろう。
バッタ屋のほとんどは公式ウェブサイトすら持っておらず、連絡手段は電話かファックスかEメール(携帯電話の)くらいしかない。

正規のアパレル業界も大概がアナログだが、バッタ屋はそれを何倍にも強めたアナログ感である。

あと、全国にどれくらいのバッタ屋が存在するのかもわからない。
正規のアパレル業界のように組合や業界団体はない。
まったくのゲリラで、ふと思いついたド素人が明日から開業することも珍しくない。(成功するかどうかは別)

このような状況なので、正規のアパレル業界関係者やIT業界関係者が彼らをまとめ上げて組織化するのは難度が高く、よほどの手腕と僥倖がなければ成功は難しいと考えられる。

大阪でいうと、バッタ屋が集積しているのは、天神橋筋商店街だろう。
また、本町と心斎橋の間の地域にもバッタ屋は多く集積している。

千林商店街にも多くあると聞く。

じゃあ、実際のバッタ屋というのはどんな感じなのかというと、こんな感じだ。


洒落たPOPなんて存在せず、すべての店が手書きPOPで対応している。
いわゆる、「オシャレな手書きPOP」ではなく、原始的な手書きPOPである。

IMG_2717


IMG_2734



商品に関していえば、激安品が多いことは言うまでもないが、先日、自分市場最安値の商品を発見した。
59円で販売されているスカートである。

IMG_2750





靴が1000円なんていうのは当たり前で、500円でもそれほどは驚かない。

IMG_2751




取り扱い商品は各店で見ていると様々で、けっこう有名なブランドの不良在庫品もある。
あと最近不振を極める大手通販各社の不良在庫は各店で出回っている。

また、アパレル各社のサンプル品もある。

洋服の価格はだいたい300~1000円くらいで、2000円を越える商品はほとんどなく、あってもそれはスーツやフォーマル、コート、テイラードジャケット類くらいである。

種々雑多に仕入れられているが、(段ボール箱何箱で何万円という仕入れ方だから)よく探せばたまに掘り出し物が見つかるのがバッタ屋の楽しさでもある。

しかし、最近は、正規店の最終処分値もバッタ屋には負けていないことが増えた。

例えばユニクロとジーユーである。
ともに最終値下げ価格が390円~790円になる。

今年の2月にはジーユーで390円に値下がりしたニットキャップを買ったし、昨年夏は790円に値下がりしたスリッポンを買った。

ユニクロでも今年の2月に790円まで値下がりしたスタンドカラー無地ネルシャツを買ったし、今日から4月27日まで590円に期間限定値下がりする7分袖Tシャツを買おうかどうしようか迷っているところだ。

また、大手総合スーパー(GMS)でも投げ売り品に出くわす。
個人的に愛用するのは西友だが、昨年、4枚1000円のボクサーブリーフを買ったし、先日、10足1000円の靴下も買った。

IMG_2767




このように正規店でも不良在庫の投げ売りは珍しくなくなっており、わざわざバッタ屋に出向かずとも選び方さえ間違えなければかなりの商品を最安値で買うことが可能である。

とくに凄まじいなと感じるのが、ユニクロUの値下げで、今春に発売されたスーピマコットンクルーネックセーターが990円にまで値下がりしている。
ユニクロ×ルメールの時からそうだが、クリストフ・ルメールという有名デザイナーが手掛けた商品が最終的には790円とか990円にまで値下げされるのだから、「名前だけで売ってる」既存のアパレルブランドはたまったものではないだろうと感じる。(自分は最安値のユニクロUを集中的に買うが)

対して「ユニクロガー」と文句を言っていても何も変わらない。
それとは異なる価値観を確立させ、広く伝えることができなければ既存のアパレルブランドは、ユニクロ、ジーユーはおろか、バッタ屋にさえ客を削り取られることになる。
もしかして、難度の高い「バッタ屋の組織化」にチャレンジして成功する者が今後登場するかもしれない。
後の世代には想像を絶するような異才、天才が出現する可能性がある。

まさに「後生畏るべし」である。






ライザップ流の在庫一掃セール?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ライザップ流の在庫一掃セール?
 ライザップグループが衣料品販売店を相次いで買収しているが、実際のところ、買収された各社はほとんど以前と活動内容や商品構成が変わっていない。

夢展望の社長が交代したくらいだろうか。
馬里邑は先週まで大阪ではOMMビルで展示会を普段通り開催していた。

ジーンズメイトも買収された時点では随分と話題になったが、店頭は買収前と何も変わっていない。
昨年春と比べると、商品量が減ったように感じるが、それは今回の買収とは関係なくもっと前に決まっていたことである。

ここも大きくはあまり変わらないんじゃないかと思っていたら、今月上旬にジーンズメイトから「シークレットセール」のEメールが来た。

業界でいわれる「通常のシークレットセール」の多くは、シークレットでもなんでもなく、店に入るとデカデカと「SALE」と書かれたPOPが飾られているのだが、今回のシークレットセールは本当にシークレットらしく、店頭にはそんなPOPはない。

Eメールを見ずに来たお客はそういうセールが開催されていることさえわからないだろう。
通常の店頭と同じだ。

今回のシークレットセールはなかなか太っ腹だ。
セール値札になっている商品をさらにレジで半額にする。

ライザップ流の在庫処分キタコレ(・∀・)

である。

目ぼしい商品があるかどうか店頭を物色してみた。
セール値札からさらに半額なので何を買っても良いのだが、1990円とか990円に下がっている物を買う必要はない。
さらに半額になればありがたいが、半額にならずとももう十分に安い。

半額で狙うべきはエドウインやリーバイスなどのナショナルブランドジーンズである。
通常価格7000~15000円くらいで販売されているが、その型落ち品番は、だいたい3~5割引きで売られる。
今回はさらにその半額なのでだいたい2000~3000円くらいにまで下がることになる。

ユニクロの2990円パンツよりも安くなる。

そんなわけで物色してみると結構いろいろと良い商品がある。
これ全部が型落ち品番ということは、どれほどの滞留在庫があるのだろうか。ライザップが在庫一掃セールを企画する理由もわかる。

筆者の好みでいうと、ブルージーンズが1位、ブラックジーンズが2位で、どうしてもそのどちらかに目が行くのだが、すでに何本か持っており、新たに買ってみたところで、他人から見ればどれも大して違わないようにしか見えない。

せっかくの機会なので、普段買わないような色や形を買うべきだと考えた。

実はベージュのパンツを穿くのが苦手である。
ベージュを穿くくらいならグレーを穿く。
ベージュという中途半端なボヤけたカラーが苦手で、とくにこれを下半身に持ってきたときに、ひどく膨張したように自分では見える。

筆者と頻繁に会う人なら気付いているかもしれないが(小汚いオッサンのズボンなんて誰も気にしていないかもしれないが)、ベージュのズボンを穿いていることはほとんどないはずである。
なぜなら、年に数度しかベージュのズボンを穿かないからだ。

それほどにベージュのズボンを使ってコーディネイトを作るのが苦手である。

ということで、ベージュのズボンを買おうと決めた。

生地はやっぱりストレッチ混が望ましい。
50歳手前のジジイになると着ていて楽なのが一番良い。
動きにくい服は金を払ってまで着たくない。

そうすると合致するのがエドウインのジャージーズというシリーズだった。
通常のストレッチ生地をはるかに越えたソフト感とストレッチ性がある。

これのベージュを選んだ。
む、2種類ある。どちらにすべきか?

一つは6500円で、腰ひもがなく通常のベルトを通すタイプ
もう一つは8500円で、腰ひもが内蔵されている。

筆者は腰ひものみで穿くズボンが頼りなくて嫌いだし、2000円高いので6500円の商品に決めた。

IMG_2609


IMG_2610



ちなみに6500円の商品は4割引き、8500円の商品は5割引きされている。
ここからさらに半額になる。

6500円の4割引きで3900円
3900円の半額で1950円

1950円に消費税8%が加算されて2106円となる。

2106円で買うことに成功した。

2106円で買ったベージュのズボンならさまざまな実験ができる。
たとえ穿かなくなったとしてもそれほど痛い出費ではない。

このシークレットセールのURLが面白くてライザップオンラインとなっている。
これを見ても今回の在庫処分は明らかにライザップ主導だということがわかるだろう。

https://www.rizap.online/jeansmate/index.html

世間的にはコストを抑えるにはレンタル洋服を活用すべきだといわれているが、実際のところ、こういう破格値商品は店頭に結構ある。

先日、無印良品でストレッチブラックジーンズを買ったが、定価3980円(税込み)でも十分に安いのに、セールで値札から3割引きとなっており、さらにレジで3割引きされていた。

3980円×0・7=2786円
2786円×0・7=1950円

となり、1950円だったのだが、貯まっていた無印良品ポイント200を使って、さらに200円引きされて1750円(税込み)で買うことができた。

IMG_2611


こういう破格値商品を集めると、1万円あれば5枚~7枚くらい買うことができる。

ブログ読者に「毎月、洋服をよく買ってますね」といわれるが毎月の洋服代はだいたい3~7枚で数千円~1万円くらいである。

一般的な洋服レンタルサービスを利用するよりも支出は少ないだろう。

まあ、そんなわけでジーンズメイトに関しては今後もある程度のライザップ流の仕掛けが出てくるのではないかと思う。今回の在庫処分シークレットセールはその第1弾ではないだろうか。








続、2点抱き合わせると1点で買うより安くなったぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 続、2点抱き合わせると1点で買うより安くなったぞ!
 今日は考えもそんなにまとまらないので、お気楽に。

1月いっぱいはまだしも、2月に入るとセールも中だるみする。
店頭に残っているのはかなりの不人気商品が多いし、春物もまだ本格的には動かない。

そんな状況だが、上手く探すとときどき破格値の掘り出し物がある。

以前、2点買った方が1点買うよりも安く買えたことを書いたが、先日も同じことがあった。

無印良品でのことだ。

無印良品は2点買うと20%オフセールを開催していた。
各店舗で開催していたが、品ぞろえは店ごとに異なる。

無印良品の難波店で、ウィングチップの合皮スニーカーが値下げして売られていた。
これは今秋冬物ではなく、記憶では2015年秋冬商品であり、その在庫を格安値引きして販売しているのだろう。
定価は6980円で、3000円に値下がりしているから半額以下である。

IMG_2470




まあ、これで買っても良いのだけど、ちょっと考えて店員さんに尋ねてみると、そのスニーカーも2点割引対象だという。同じ物なら安く買うに越したことはない。

例によって、最安値に近い物を探してみた。

ところで、年を取ってから革靴を履くのがつらくなってきた。
クッション性が高くて歩きやすいスニーカー類に慣れてしまうと、足が疲れる。
年を取っているのでそんなに回復も早くない。
そして腰や背中に痛みが出てしまう。

だからなるべく革靴は履きたくない。
冠婚葬祭は別として、それ以外は何とか革靴を履かずに済ませたい。

昔あったエアクッション入りのコールハーンだとかそういう革靴を買えばよいのかもしれないが、そこまで革靴に対しての情熱もない。

ぶっちゃけていえば、革靴っぽく見えるスニーカーがあれば個人的にはありがたい。

このスニーカーは理想形に割合に近しい。

だから2016年の年始に値下がりしたときに買おうかどうしようか迷っていたので、それが在庫処分とはいえ、さらに値下げされているのだから買いたくなったわけである。

で、探すと273円に値下がりした靴下を発見した。
3足よりどりマークがついているので1足は定価で330円とか400円とかするのだろう。

IMG_2469



靴下は消耗品なので何足ストックがあっても良い。
とはいえ、靴下のストックもかなり自宅にたまっているのだが。

3000円と273円を合わせると3273円。
3273円の2割引きで、3273×0・8=2618円である。
税込み2618円でウィングチップスニーカーと靴下が買えてしまった。

厳密にいえばMD的には失敗なのだろうが、2015年秋冬物であることを考えると、こういう売り方で処分するのもありなのではないかと思う。

そんなわけで在庫処分品と筆者のニーズが一致してしまったということだと思う。

1月の成人の日の3連休を過ぎると、めぼしいセール商品がなくなってしまうというのが、定説だがあながちそうでもない場合も多い。

たしかに「あの〇〇のグレーのMサイズ」みたいなピンポイントの商品は1月の3連休を過ぎるとほぼなくなってしまうが、もう少し漠然とした感じで探してみると意外な掘り出し物がある。

そのためには、自分の手持ちにどんな服があるのかを把握して記憶しておく必要があるが、これができる人とできない人がいるらしい。
筆者は幸いにして8割がたの手持ちの服を記憶できているので、こういう買い方をするが、元嫁はその記憶ができなかったので、ピンポイントの買い方が中心になっていた。

そのあたりは記憶できる・できないという個体差もあるようだ。

だから、筆者は意外に2月に破格値で投げ売り品を買うことが多い。
買ってから後悔する可能性がゼロとは言わないが、あまりない。

逆に年末や年始に買った商品のほうが後悔することが多い。
「ああ、雰囲気に流されて買ってしまった割にはあまり着用しなかったなあ」とそういう後悔である。

そのあたりの心理というのは我ながらなんとも面白いものだと感じる。









2枚抱き合わせると1枚で買うよりも安くなったぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 2枚抱き合わせると1枚で買うよりも安くなったぞ!
 今日はお気楽に。

例えば、「1枚〇〇円・2枚合わせるとさらに×割引」という場合、みなさんならどうされるだろうか?

筆者の場合は、欲しい物があれば2枚買ってさらに割り引いてもらう。
どうしても欲しい物がもう1枚見つからなければ、1枚だけ買うという人が多いだろう。

しかし、筆者は、抱き合わせて割り引いてもらってそちらの方が安くなるなら、不要な商品でももう1枚選ぶ。
抱き合わせる商品はもちろん最安値の商品に限るが。

なぜこんなことを書いているかというと、つい先日、阿倍野キューズモールに併設されているイトーヨーカドーで、グンゼのトゥシェオムのレギンスパンツが1250円(税抜き)に値下げされて売られているのを発見したからだ。

IMG_2316



この商品の定価は2500円、税込みで2700円。
1250円なら半額で、税込み1350円になる。

もちろんこのまま買うという選択肢もありだ。

しかし、「2組でさらに3割引き」というシールが付いた商品を組み合わせると合計金額から3割引きされる。

このレギンスパンツもその「2組」商品の一つである。
最初、じゃあ、もう一枚レギンスパンツを買おうかと思った。
2700円の3割引きで1890円になる。

もちろんお買い得だが、支出金額自体は当初予定よりも540円も増えてしまう。
540円あれば、1回分の昼飯が食えるし、週刊少年マガジンが2冊買える。

それにこのレギンスパンツは黒のMサイズを買おうと思っていたが、ほかの色は欲しくない。
欲しくない商品を買ってタンス在庫を増やすのもアホらしい。

そんなわけでどうしようかと悩んで売り場を見ると、ほかにも選択肢がある。

このレギンスパンツは量販店では「カジュアル売り場」の管轄ではなく、「肌着・靴下・パジャマ売り場」の管轄になるのである。
だから対象商品にはパジャマ、肌着、靴下などがあった。

だから、「100円とか200円に値下げされた肌着か靴下を抱き合わせにすれば良いのではないか」と天才的考えが閃いた。
まさに「飛天御剣流奥義 天翔龍閃」である。

探してみると、肌着はサイズが合うものが残っていない。
いくら値引きのためとはいえ、サイズの合わない肌着をわざわざ買ってタンス在庫を増やす必要もない。

と、さらに目を凝らして商品を探してみると、5本指靴下でサイズが合うものが奇跡的に2~3枚残っていた。
価格は値引きされて300円(税抜き)

IMG_2317




レギンスパンツと5本指靴下をレジで計算してもらうと、

1350円+324円=1674円

となった。
そこから3割引きされて、

1674円×0・7=約1172円

となり、結果として2点で1172円で購入することができた。

レギンスパンツの1350円よりも、5本指靴下がセットされて、なおかつ180円近く安く買うことができた。

筆者の完全な作戦勝ちである。
180円あれば、銘柄にもよるが、スーパー万代で350ミリの発泡酒ではないビールが1本買える。

そんなわけで気分良く家路についた。

ところで、筆者は黒を選んだが、なぜほかの色を選ばなかったかというと、売り場に残っていたのは紺とベージュだった。
Amazonで確認するともっとほかの色もあるが、それでも黒しか選ばないだろう。

山田耕史さんがこの商品を強力プッシュしておられるのだが、

http://t-f-n.blogspot.jp/2016/10/gunze.html

興味があったら読んでみてもらいたい。

このレギパンの素材組成は、レーヨン70%・ナイロン25%・ポリウレタン5%で、かなりキックバック性が高い。
しかし、ナイロン素材によって生地に鈍い光沢が発生している。
光沢のある生地を使ったズボンで見た目に違和感がないのは黒だけだろう。

他の色は光沢感があって変な見た目になる。
紺もやっぱり少しおかしい。

これが筆者が黒だけを選んだ理由だ。

グンゼがもし、改良点を探しているなら、素材組成を変えて光沢感をなくすことをお薦めする。
あと、カジュアルパンツとして見た場合、形も少しおかしくてお尻回りと太ももにゆとりがありすぎる。

キックバック性の高い生地をわざわざ使っているのだから、もう少し細身に作った方が良かった。

一見、細すぎると感じても、伸縮性が高い素材なら細くても窮屈ではない。
それならもっと細身にしたほうが見た目が良い。

Amazonのレビューを読むと、素材組成の影響で真夏はすごく暑いという声もある。

たしかにレーヨンも暑いし、ナイロンは暑い。ポリウレタンも暑い素材であるから、「暑い三連星」である。
その割にはこの素材組成は冬は寒いのである。

そういう観点からも今後は素材組成を変えた方が良いのではないか。
しかも売り場は、実用性が重視される量販店の肌着・靴下・パジャマ売り場である。

今後のグンゼの動きに期待したい。

とはいえ、1172円で5本指靴下とセットで買えるなら十分なクオリティである。

それにしてもつくづくと日本の衣料品の安さを改めて噛みしめてしまった。









PR
PR






記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード