さて、今日はお気楽に。
今年のゴールデンウィーク前後は、ブルジョワ気分でユニクロでたくさんの商品を買ってしまった。
一人ユニクロ祭りである。
総額はおそらく7000円くらい。買った点数は7点である。
1点あたりの平均価格は1000円ということになる。

改めていうことでもないが、買ってみた感想は、やはりユニクロは低価格ブランドの中では品質が2歩くらい抜きんでていると感じる。

まず、自分のお誕生日(4月23日)が過ぎた4月末に自分へのプレゼントとして5点で5000円分の商品を買ってみた。

これが5点の集合写真である。

IMG_2787





まず、ストレッチワークジャケット(定価3990円が1990円へ値下げ)
昨年夏の売れ残り在庫のタック入りドライパンツ(定価2990円が990円へ値下げ)
これも昨秋か今春の売れ残り在庫で、コットンカシミヤ混ケーブル編みセーター(定価2990円が990円へ値下げ)
今春のユニクロUのキャンバススリッポン黒(定価2990円が990円へ値下げ)

そして値段合わせのためのブルーの靴下(190円へ値下げ)

の5点である。

本来は靴下を除く4点を買おうと思った。
そしてその時、スマホのユニクロアプリには「5000円以上で500円値引きクーポン」があった。
有効期限は自分の誕生日月である4月末日までであるから、4点だと5000円弱(4960円)になってしまうため、使うことができない。

そこで値段合わせのために190円に下がっている靴下を店頭で探して加えた。

これで5150円となり、500円引きクーポンが使える。
ここから500円を引いて4650円(税抜き)となった。
税込みで5022円である。

4点の商品はいずれも素材の品質は価格の割に高い。
デザイン性も好き嫌いは別として悪くない。
だまって着ていたらユニクロの商品だとはわからないだろう。ただ、ユニクロの商品は大量販売されているからユニ被りしてしまうため、ユニクロ商品とバレる可能性は極めて高い。

このクオリティでこのデザインの商品を990円にまで値下げされては、並のアパレルブランドでは到底太刀打ちできないというのが、個人的な意見だ。

とくにユニクロUのキャンバススリッポンの990円はかなりの破格値である。

昨年春にユニクロ×ルメールのキャンバススリッポンを1990円に値下がりしたときに買った。
あれと比べると、フォルムはすこし丸みを帯びている。
このため、昨年のスリッポンよりも評価は低いようだが、実際に履いてみると、クッション性は今春のスリッポンの方が上だ。

昨年のスリッポンのクッション性が悪いわけではないが、長時間・長距離の着用はやっぱり足の裏が痛くなる。それに比べると今年のスリッポンはクッション性が高められており、足への負担は軽減されている。

またフォルムは写真で見るとなんだか丸っこいと感じるが実際に履いてみると、いわゆるトラッドなストレートチップの革靴っぽい形をしており、なかなかスマートに見える。
昨年よりも少し丸っこいので幅広い足の人はこちらの方が着用していて快適なはずだ。

黒の具合が良かったから、白も買おうと思って期間限定値下げ990円の最終日の5月8日に滑り込んで買った。

IMG_2867





そしてふと思い立って5月の連休中に買ったのが、ユニクロのミリタリーシャツだ。
定価2990円が期間限定で990円に値下がりしていた。

IMG_2795





正直なところ、これを2990円で買おうとはまったく思わなかった。
個人的な相場は1990円だ。
しかし、ケチだから1990円への値下げでもたぶん買わなかっただろう。
いきなり990円に値下がりしたので買ってみたというのが実態である。

買ってみると、割合に重宝する。

3月の平均気温は12月と同じなので、生地が意外に薄いこのミリタリーシャツは着用すると寒い。
かといって上にセーターを合わせられるようなデザインでもない。

急激に気温が上昇する5月ならTシャツやカットソーの上から羽織るとちょうど良い感じだ。

990円に値下がりしたなら買っておいて損はない。

ワンタックドライイージーパンツは昨年夏に違う柄を2本買って試している。
まあ、安定的に使いやすい。
これもぶっちゃけ2990円のままならまず買わない。
1990円ならよっぽど好きな色柄なら買う。

990円なら買って損はない。
もちろん昨年夏も2本とも990円で買った。

コットンカシミヤ混ケーブル編みセーターはもうロングセラーなので解説や評論は必要ないだろう。
定価2990円でも買うに値する品質だが、990円に下がっていてサイズと好きな色があるなら買っておくべきである。ただ、買ったは良いが暑くて半年先まで着用は難しいのだが。

手持ちの洋服のユニクロ比率が上がるが、最先端のデザインや細部のディテールにこだわらない人なら、ユニクロの商品で十分といえるものが多い。

ユニクロさえあれば大丈夫とはまったく思わないが、ユニクロ商品だけでそれなりに見えるようにコーディネイトすることは可能だと思う。

逆に着慣れない人が変に凝ったデザインの商品を着る方がおかしく見えてしまうだろう。

国内市場は、もうユニクロ抜きでは語れない状態にある。
いくら自称ファッショニスタや自称クリエイターwがユニクロを全否定してもそれはまったく何の意味もない。

ユニクロは基本的にあるものとして、それを踏まえた上で自社のブランドはどう動くのかを考えるべきだろう。



インスタグラム始めました~♪
https://www.instagram.com/minamimitsuhiro/